鑑定士付きおすすめスニーカーネット通販ショップ3選!実際に買ってニセモノの心配なし!

こんにちは、スニーカー買い漁り男ことパパ中西です。

「買いたいスニーカーが全然買えない!」こんな悩みを抱えているスニーカーヘッズって多いですよね。

SNSをみればGOT’EMではなくNOT’EM報告で溢れかえっています…

そんな時、ふと頭をよぎるのが「プレ値」での確保。

でも、メルカリやヤフオクだと、せっかく高いお金を出しているのに精密なニセモノをつかまされる可能性もあって、ほしいけど買えない状態になっている方も多いと思います。

実際、販売実績の多い人から購入したけど、フェイクだったというインスタの投稿を目にすることもありますし。。

やはり購入するならきちんと鑑定をしてくれている、スニーカーショップが安心できますよね!

そこで、このページでは、実際にパパ中西も愛用している偽物鑑定をきちんとしているスニーカーのネット通販ショップを3つご紹介します!

StockX(ストックエックス)

スニーカープレ値 ストックエックス

まずは、王道中の王道、スニーカー転売プラットフォームのストックエックスです。

2016年にアメリカでリリースされたサービスで、株価のようにスニーカーの価格がリアルタイムで表示され、欲しい金額を入札すると購入できます。

サイトも、2020年6月に日本版がリリースされ、非常に使いやすくなっていますよ!

ちなみに、最近ではこちらのスニーカーをSTOCK Xで購入しました。

偽物チェック、在庫量、価格と3つの観点でサイトの特徴をご紹介します。

ストックXはプロの鑑定士が事前にチェックしてくれる!

ストックXは、メルカリのようにユーザー同士のやりとりではなく、ストックXを介して売り手と買い手がつながります。

購入が決定すると、商品を受け渡す前にストックXのプロ鑑定士が、本物かどうかフェイクチェックをしてくれるので、偽物の心配がありません!

購入後は、ストックX鑑定済みの証明でもある緑のタグもつけてくれ、利用者側にとっては安心感がぐっと増します。

他サイトと比較しても在庫量が多い!

マーケットの対象が全世界なので、商品点数は非常に多く他のサービスよりも安く落札できる特徴があります。

直近で販売されているスニーカーはほぼもれなく販売されているほど、他のスニーカーショップと比較しても、商品点数は圧倒的に多いです。

送料と関税の分若干割高になることも

商品在庫量も多いので落札価格は他のサイトと比較しても安くなりがちですが、落札した価格とは別に、「関税+送料」で3,000円近く追加でかかります。

自分が購入した商品は、Nike SB × Wacko Maria Zoom Blazerは定価12,100円でしたが、落札価格は11,413円で、関税+送料が追加されて最終的には¥14,413で購入できました。

まあこれくらいであれば、許容範囲内かと思いますけどね!

ちなみに、手元に届くまでがチェックなども含めて2週間ほどかかるのも、デメリットになりますかね。

スニーカーダンク

スニーカープレ値 スニーカーダンク

2017年1月リリースされた、スニーカーフリマアプリの「スニダン」こと、スニーカーダンク。

最近ではTVCMも目にするようになりましたね!

こちらの黒のモアテンはスニダンで購入しました!

購入から1週間ほどで商品が到着しました。

スニダンも、偽物チェック、在庫量、価格と3つの観点でサイトの特徴をご紹介します。

スニダンはフェイクバスターズとスニダン運営のW本物鑑定

基本的にはStockXと同じ仕組みで、売り手が販売価格を買い手が購入希望価格を提示し、希望額がマッチすれば購入できます。

購入が決定すると、商品受け渡しの前にブランド商品のフェイク鑑定を専門で行うフェイクバスターズと、スニダンの運営でダブル本物鑑定を行ってから、商品を発送してくれます。

さらに、それでもニセモノだった場合については、全額補償までしてくれます!

さらに、ニセモノを出品した輩には、商品金額(出品金額)の50%に相当する違反金を請求するなどの取り組みもしており、偽造品撲滅への取り組みも徹底しています。

フェイクへの対応については、現在スニーカーを販売しているショップの中では、No,1といえます!

最新商品の取り扱いは多いがサイズが欠けていることが多い

最新モデルの在庫数は多いですね。

SNKRSや他ブランドで抽選に外れた日にスニダンをみれば、大概購入することが可能です。

ただし、サイズが欠けていることは多々あります。

その場合は、StockXで調べ直してみてもいいかもしれません。

プレ値がついてかなり割高になっている商品も多い

スニダンは国内出品者がメインなので、Stoxk Xと比較すると在庫数は少ないです。

在庫の数が少ないので、サイズ欠けも発生しますし、割高になっているケースも多いです。

実際、StockXではNike SB × Wacko Maria Zoom Blazerを¥14,413で購入できましたが、スニダンでは21,000円と表示されていましたし。

ちなみに、どうしても欲しかったNike Air More Uptempo Black Reflectiveは、定価は22,000円だったと思いますが、スニダンで33,000円で購入しました。

後悔はしていませんよ!

あと、スニダンは購入するだけでなく、スニーカー情報アプリとしても非常に優秀です!

NIKEやadidas、coversやニューバランスなど各ブランドごとに、新商品のリリース情報をアプリ内で確認できます。

「プレ値での購入はなー…」という方にも、リリース情報が流れてくるので、情報をチェックするためだけでも、ダウンロードする価値はありますね!

FARFETCH(ファーフェッチ)

スニーカープレ値 ファーテッチ

ラグジュアリーブランドのみを扱う、イギリスの通販サイトFARFETCHです。

FARFETCHを知っている人からすると、「そこでスニーカーを買うの?」と思うかもしれませんが、レアスニーカーがゴロゴロ売っている(笑)

スニーカー プレ値

レアスニーカーの宝庫で、Dior JordanやOff-whiteのコラボモデルも販売されています。

超レアスニーカーだけでなく、1-2万円代のスニーカーも充実のラインナップで、私はこちらをFARFETCHで購入しました。

購入から5日ほどで商品が到着しました。

スニダンも、偽物チェック、在庫量、価格と3つの観点でサイトの特徴をご紹介します。

FARFETCHは老舗リセールストアがフェイク鑑定

FARFETCHは2018年にスニーカーのリセールストアであるSTADIUM GOODSを買収したため、このようなレアスニーカーが販売されています。

販売元はそもそも大手ラグジュアリー通販サイトのFARFETCHですし、鑑定も世界的に有名なプロの鑑定士が在籍しているSTADIUM GOODSが行っているので、こちらも安心して購入することができます。

超レアスニーカーは置いているが種類は少ない。。

Dior JordanやOff-whiteのコラボモデルなどもう手に入らないと言われているスニーカーも、FARFETCHであれば購入することができます。

ただし、上記2サイトと比較すると種類は少ないですかね。。

ただ、意外に販売価格が安いこともあるので、こちらからチェックしてみてもいいのではと思います!

価格は意外に割安で購入できることも!

超レアスニーカーをみると、「ショップ経由だし高いんでしょ?」と思うかもしれません。

しかし、物によっては意外に安いものもあります!

私が購入した、New Balance ニューバランス M1500 CZK m1500czkは定価30,800円ですが、FARFETCHでは16,800円で購入できました!

なんとなんと半額ですよ!

こういった定価より安い価格で購入できる可能性もあるので、まずはFARFETCHをチェックしてみるといいと思います。

まとめ

以上3つは、パパ中西も非常にお世話になっている通販スニーカーショップです。

プレ値で馬鹿高いスニーカーを買うのもいいですが、1-2万円のスニーカーでも「単純に売り切れて欲しかったのが買えない」って方も多いと思います。

物にもよりますが、これらのサイトを使うと、そういったスニーカーを手に入れることができる場合あるので、欲しいスニーカーが買えなかった時はあきらめずにトライしてみてください!

リラゾの最新情報はTwitterでお届けしています!ぜひフォローしてみてください!