リルハイブリッドの害はどれくらいある?ニコチン、タールのことや、アイコスとも比較してみた

リルハイブリッド 害

こんにちは、自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです!

「リルハイブリッド」は韓国のKT&G社が製造し、日本ではIQOSを販売するフィリップモリスが、代理販売している加熱式たばこです。

コンビニでポップがでていたこともあり、興味を持っている方も多いと思います。

リルハイブリッド コンビニ

タバコスティックと液体リキッドを使うハイブリッド型の加熱式たばこで、構造的にはJTのプルームテックとよく似ているのですが、普通の紙巻きタバコやアイコスよりも害が少ないような印象もありますね。

ただ、リルハイブリッド対応のスティックの箱をみると、一般的な警告が書かれており、無害でないことは容易に判断できます。。。

リルハイブリッド 害

では、実際問題どれくらい害があるんだろう?そこで、

  • リルハイブリッド公式カスタマー
  • 本体に同梱されている説明書の情報
  • WHOの加熱式たばこの害についてまとめたレポート
  • リルハイブリッド本社KT&G社のリリース

などを確認し、リルハイブリッドの害について素人が調べられる限り確認してみました。

前提として、リルハイブリッド自体がどれくらい害があるのか明確に数値で記している内容は見つけられませんでした…。

そこで、加熱式たばこ全体として害がどれくらいあるのかを紹介すると共に、同じ加熱式たばこのIQOSと比べてリルの害が少ないと想定できる内容についてもまとめて御紹介します。

リルハイブリッドはどれくらい害があるのか気になっている方は是非参考にしてみてください。

リルハイブリッドの吸いごたえについては、全5種類のスティックを吸ってみたので合わせてご覧ください。

関連記事

こんにちは、自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです。フィリップモリスから発売されているハイブリット加熱式タバコのリルハイブリッド。専用スティックブランドの「MIIX(ミックス)」は、6月22日に新フレーバーの「アイスプラ[…]

リルハイブリッド 種類

まずは、リルも含めた加熱式たばこ自体にどれくらい害があるのかについてWHO(世界保健機関)がたばこの被害についてまとめているレポートがあったのでご紹介します。

リルハイブリッドを含めた加熱式たばこはWHOの調査で紙巻きたばこより害は少ないが無害ではないと報告されている

リルハイブリットを含めた加熱式たばこは紙巻きタバコより有害成分は少ないが、80の有害物質が確認できたことから無害ではないとまとめられています。

WHOがまとめた「 study group on tobacco product regulation」という報告書で、加熱式タバコの害について調査されており、リルハイブリッドのスティックも調査対象となっていました。

画像の一番左にリルハイブリッドのスティックも含まれています。

リルハイブリッド 害

内容をみると、スティック内のタバコ葉を確認して有害物質量を確認したようです。

調査結果はこのようにまとめられていました。

A toxicological review by the FDA found lower levels of some harmful and potentially harmful constituents in IQOS aerosol than in smoke from 3R4F standard reference research cigarettes and commercially available conventional tobacco cigarettes; however, the FDA also found that 80 chemicals in HeatStick

WHO study group on tobacco product regulation

英語が苦手なのでGoogle翻訳してみたところ、リルハイブリッド個別の有害物質量は公開されていませんでしたが、紙巻きタバコよりは有害成分は少ないが、80の有害物質が確認できたことから無害ではないと結論付けていました。

リルハイブリッドを含めた加熱式たばこの有害物資は紙巻きと比べて10分の1以上低い量が発生する

紙巻きたばこと比較すると、リルハイブリッドを含めた加熱式たばこはベンゾピレンやベンゼンなどの発がん性物質の配合量は10分の1以上低いと調査レポートでまとめられていました。

こちらは、先ほど紹介したWHOのレポートに対して、フィリップモリスがまとめた資料でこのように鍾会されていました。

In their discussion, KFDA mentions that HNB products also contain carcinogens, like benzopyrene and benzene. What they fail to mention is that the levels measured are more than 10 times lower compared to the levels present in cigarette smoke.

紙巻きタバコよりも発生量は少ないけれども、やはり加熱式たばこにも微量ながら有害物質は検出されており、やはり無害とはいかないようですね。

次に使用者側として気になるのがニコチンの量です。

いろいろ調べてみたのですが 日本で発売されているリルハイブリッドのニコチン量は公開されていませんでした。

リルハイブリッドにニコチンはどれくらい入っているか判断できない

リルハイブリッドにはニコチンが配合されていますが、配合量は判断できませんが、ニコチン自体は配合されていることが、同梱されている説明書にも記載されています。

リルハイブリッド 害

「ニコチンを含有しており、中毒性があります」と書かれていますが、含有量については記載されていません。

一応、リルハイブリッドを製造する韓国のKT&G社のサイトをみると、類似商品のニコチン量は韓国では公開されています。

韓国で販売されている高温デバイスのlil Plus+(リルプラス)で使えるスティック「fiit」のニコチン量を、韓国の食品医薬品安全処(MFDS)が調べたところ約0.3mg、タール量は約9.1mgと分析結果を発表していました。

ただ、日本では購入できないし、「使用するデバイスが違う」「調査したスティックブランドが異なる」ことから、日本で販売されているリルハイブリッドのニコチン量とは異なるので参考にはできませんね。

次に、ニコチンと合わせて二大害成分と認知されているタールについても確認してみました。

リルハイブリッドにヤニ(タール)は発生するが加熱温度が低く、量は少ない

リルハイブリッドで喫煙すると、少量のタールも発生します。

一般的にタールはタバコ葉を500度に加熱することで発生するとされています。

加熱式タバコを使ってタールが発生するのかについては、専門家の中でもさまざまな論文が発表されていて素人では判断できませんが、加熱温度が高いほど発生する量は多いとされています。

リルハイブリッドの加熱温度は160℃であり、IQOSやプルームXの300℃超えのデバイスと比較すると、タール 発生量は少ないと考えられますね。

ただし、発生量は少ないものの、タール自体は微量でも発生するので、こちらも害はあると判断ができます。

このように加熱式たばこスティックのタバコ葉には、ニコチンやタール、その他有害物質が少ないとはいえ蒸気中に含まれており、リルも少なからず害があることが判断できます。

ただ、他の加熱式タバコよりはマシかなという点は加熱温度が低い点以外もありました。

これはリルハイブリッドのカスタマーに教えてもらいましたが、一般的に加熱式タバコのタバコ葉を直接加熱すると健康を害する成分が発生するため、加熱式たばこデバイスの中にタバコ葉(燃えカス)が残っている状態は好ましくないようです。

ですが、リルハイブリッドは本体に汚れが残らない構造のため、他の加熱式たばこよりも害が発生しにくい仕組みになっているようです!

リルハイブリッドはスティックの工夫で汚れが出にくい

『MIIX(ミックス™)』たばこスティックは底がY字型中空アセテートチューブと呼ばれる形状で作られており、加熱式たばこ内にカスなどが残らない構造になっています。

リルハイブリッド 害

例えば、グローはタバコ葉が剥き出しになっており、吸った後にカスが残ることが多いですが、リルハイブリッドは先端に蓋がされているので、中にあるタバコ葉が落ちないようになっています。

加熱すると害を発生するタバコ葉が加熱式タバコの中に落ちないことから、他加熱式たばこより害を発生させにくいと判断できるんですね。

ちなみに、同じ構造のスティックとして、最新のアイコスイルマスティック「テリア 」の先端もこのようになっており、今後はこのような工夫をされたスティックが増えるかもしれませんね。

では、実際に吸った後になにかわかりやすい害が発生するのか、こちらも調べてみました。

リルハイブリッドを吸うと皮膚炎などの症状が発生する可能性がある

リルハイブリッドは商品に同梱されている説明書で、皮膚炎の症状が発生する可能性がある旨が記載されています。

リルハイブリッド 害

具体的には、

  • 顔、唇、舌、歯茎、喉または体の腫れや呼吸困難、喘息なその症状

これらが発生する可能性があるため、その場合は速やかに医師の診察を受ける必要があります。

この症状についてどれくらいの頻度で発生するのか確認するために、リルハイブリッドのカスタマーセンターに電話してみました。

電話で「リルハイブリッドを吸うと皮膚炎になる可能性がありますか?」と確認すると、

リルハイブリッドカスタマー
副作用になる確率についてはご報告できませんが、「唇が晴れる」「身体の一部が熱くなるような」症状をご報告いただくことがあります

と回答頂きました。

リルハイブリッド公式に確認済!鼻詰まりのような症状は報告されていなかった

リルハイブリッドを吸っていると、鼻詰まり症状に悩まされたという口コミ目にしたので、こちらも確認してみると

リルハイブリッドカスタマー
全てのカスタマーに確認してみないと判断が難しいですが、現段階でリルハイブリッドを喫煙して鼻詰まりしたというご報告を受けたことはございません

とのことでした。

まとめると、リルハイブリッドを吸ってみて皮膚炎になる可能性はありますが、鼻詰まりなどは心配しなくていいようでした。

害や副作用症状について情報をまとめてきましたが、使用を控えた方がいい人はいるのかについてもまとめてみました。

妊婦/授乳中の方のリルハイブリッドの使用を控える

リルハイブリッドはニコチンとタールが配合されており、妊婦や授乳中の方の使用を控えるよう記載されています。

購入時の説明書にもこのように記載されています。

リルハイブリッド 害

また、それ以外にも、

  • 心臓に問題がある方
  • 糖尿病の方
  • その他重篤な持病のある方

を対象にした商品ではないと記載されています。

ニコチンやタールなど有害物質が配合されているからこそ、このような方への使用は控えた方がいいですね。

では、最後に人気な加熱式たばこであるアイコスイルマとリルハイブリッドではどちらが、害が少ないのか比較してみました。

リルハイブリッドとアイコスはどちらが害があるのか?

リルハイブリッドとアイコスではどちらが害があるのかわかっている情報だけを比較すると、加熱温度が低い分リルハイブリッドの方がまだ害が少ないのではないかと判断できました。

 

リルハイブリッドアイコスイルマ
ニコチン
タール
加熱温度:160度
×
加熱温度:350度
他有害物質の発生
※スティック先端が工夫されており汚れが出にくい

※スティック先端が工夫されており汚れが出にくい

 

ニコチンについては、リルハイブリッドもアイコスもどちらも配合されていますが、配合量が公表されていない為、判断ができません。

タールについては、加熱温度が高いほど発生しますが、アイコスの方が加熱温度が倍ほど高いため、タール発生のリスクが高いといえますね。

他有害物質発生については、リルハイブリッドもアイコスイルマも先端からタバコ葉が落ちないようにスティックが工夫されているので、こちらも同列と判断できます。

結果として、加熱温度が低い分リルの方が少しだけマシなのかなと感じました!

まとめ

リルハイブリッドの害について調べてみました。

リキッドとのハイブリッドタイプとはいえ、アイコスやグローなどの加熱式たばこと同様の害はあると感じました。

ただ、加熱温度が低い分だけ、相対的にタール の発生量が少なく、少しだけまだマシなのかなという印象ですね。

加熱温度が低くても蒸気量が多めで、吸いごたえはしっかりと感じられるリルハイブリッド。

実際に吸ってみた時に感じているいいところと悪いところも忖度なくまとめているので、よければこちらもご覧ください!

関連記事

こんにちは、新商品に目が無い自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです。2021年2月15日に全国コンビニで販売開始されたIQOS系列の新デバイス「リルハイブリッド」 。コンビニに行くのが日課の私は、ある日突然レジ前[…]

リルハイブリッド
リルハイブリッド 害
リラゾの最新情報はTwitterでお届けしています!ぜひフォローしてみてください!
  • follow