【ploomS】キャメル・レギュラーを吸ってみた!純粋なレギュラーではないけど味の深さは高め!

吸いごたえ(キック感) 2.5
味わい 3
コスパ 3
総合 2.8

こんにちは、子どもにチャンネル権を完全に奪われた自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです。

今日はploomS用のレギュラースティックのひとつ、「キャメル・レギュラー・プルームS用」を吸った感想について書いてみたいと思います。

7種類あるキャメルシリーズの中でも唯一のレギュラーたばこスティック。

メンソール特化型といわれるプルームSですが、レギュラーでも存在感を示せる味わいなのか?

じっくり吸ってみてどんなテイストか確かめてみましたので興味のある方はぜひご覧ください!

キャメル・レギュラー・プルームエス用のスペック・価格

なめらかな吸い心地の、軽快かつ深みのある味わい

プルームS専用のスティックは現在11種類(2020年11月現在)発売されていますが、レギュラータイプはこれと、キャメル・レギュラー・プルームエス用の2種類だけ…。

価格だけでいうと、キャメルシリーズのほうがメビウスシリーズよりも40円安く購入できます。

積み重ねで吸っていくと40円の差はかなり大きい!ビバワンコインタバコ!

コスパ面だけいえばキャメルシリーズが1歩リードですが、あとは実際の吸いごたえがどれくらいあるのか気になるところです。

価格:500円(税込)/20本入
全国のコンビニ、一部タバコ店
club JTオンラインショップ(1個から購入OK)

ploomS専用(1.0、2.0)のスティックとなり、プルームテックプラスなどでは使用はできませんのでご注意を。

パッケージ・スティック

鮮やかな白ベースの背景にブルーのロゴがよく目立ちます。

個人的にはキャメル=イエロー系のカラーと思ってしまうので若干違和感はありますが、ブランド独特の強い存在感が感じられますね。

フタを開けてみると、CLUB JTのポイントプログラム用のQRコードがあるので入会している方は忘れずにスキャンしましょう!

スティックには、ラクダさんのロゴがブルーでプリントされていてこれまたキュート♪

吸う前に、においを嗅いでみると、どことなくもっさりとした濃く、甘い香りが漂ってきます。

今回はploomS2.0で吸った感想をご紹介します。

テイストアクセルで吸った感想

まずはplooms2.0自慢のテイストアクセルモードで加熱開始。

30秒ほどでブルッと鳴ったらまずは一吸いめ。

こちらもメビウスレギュラーと同様にメンソールの爽快感を感じます。

ひとつ違うのがメビウスは比較的スースー感が早く消えるのに対して、このキャメルは最後までメンソール感が残るということです。

もちろんメインの味わいではなく、なんとなくスーッとするな…という感じですが、純粋なレギュラーというわけではないようですね。

加熱が浸透してきた3パフ目くらいからキック感が増強され、吸いごたえが湧いてきます。

メビウスで感じたバタークッキーのような甘い香りも同時に発生してきますが、どちらかといえば控えめでややビター感もある味わいです。

そのまま吸い続けていると、先程のわずかなメンソール感とのハーモニーからか、蒸気としては吸っている感がある奥深さがあると思います。

甘さが目立つメビウスよりもこちらの方がよりたばこらしい深さがあるのではと思いました。

通常モードで吸った感想

今度は、ボタンを青にして通常モードで吸ってみます。

基本的にほとんど変わりませんが、ビター感が少なくなってやや平たい印象に。

キック感もやや少なめに感じたのでテイストアクセルのほうがより強めな吸いごたえになると思います。

後味や周りへのニオイは?

わずかにイガイガ感だけ残りますが、基本的には後味スッキリ。

あと残りのニオイやタバコっぽい臭さは少なく、すぐに消えていくので周りにも気になるレベルではないでしょう。

まとめ

キック感などの基本的な吸いごたえはメビウスレギュラーと大差はありません。

ただ、タバコとしての味わいは独特の甘みが目立つメビウスよりもこのキャメルのほうがよりクセが少なく、味の深みもあるので万人受けしやすいと思いました。

メンソール感はあるものの、本当にわずかな味付け程度なので、よほどでない限り気にならないと思います。

メビウスより40円も安いのもコスパ的には魅力的!(笑)

ploomSではじめてレギュラーを試してみるならまずはキャメルから始めて見ることをおすすめします。

キャメルレギュラー
リラゾの最新情報はTwitterでお届けしています!ぜひフォローしてみてください!