プルームテックプラスウィズを使ってみた感想。スティック全種類吸ってわかった特徴と実際の吸い心地は?

こんにちは、年々物欲が高まる自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです。

2021年2月にプルームの新デバイスのPloom TECH+ with(プルームテックプラスウィズ)が販売開始されました!

長いスティック型のプルームテックプラスが、リニューアルしたデバイスですね!

どのコンビニに行ってもレジ横にカラフルでドデカいPOPが並んでいて、期間限定キャンペーンも展開されていました。

関連記事

こんにちは、自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです!プルームエス、プルームテックに続く新機種として、2020年11月2日に誕生したプルームテックプラスウィズ。2021年2月から全国のコンビニでも販売が開始されまし[…]

プルームテックプラスウィズ コンビニ 在庫

毎日コンビニに行く自分は、どんどん脳内に刷り込まれて行き、もう買わずにはいられないように(笑)

ただ、「買おう!」と決めた日には時すでに遅し。

公式サイトでもコンビニに行っても全部売り切れの日々。。

プルームテックプラスウィズ コンビニ 在庫

コンビニなんて7件回ってどこも完売でしたよ。。

無いと言われると欲しくなる(笑)

結局、1ヶ月間毎日コンビニを回って在庫状況を確認し、ついにミニストップでゲットしました!

プルームテックプラスウィズ コンビニ

購入してからさっそく吸い倒しているので、さっそく感想を書いてみます!

プルームテックプラスウィズは40度の低温加熱デバイス

丸みを帯びたフォルムから「プルームエス2.0と似た商品?」と思う方もいるかもしれません。

が、そもそもプルームには、プルームテックと、プルームテックプラス、そしてプルームエスの3種類があり、それぞれ使えるスティックも違えば、本体の特徴も全く違います。

この「ウィズ」はプルームテックプラスと同じタバコカプセルが共用できるデバイスです。

プルームテックプラスウィズの特徴を

  1. 加熱温度
  2. スティック
  3. 掃除

の観点でまとめてみました。

プルームテックプラスウィズの加熱温度は40度

プルームテックプラスウィズ
公式サイトより

プルームテックプラス時代から加熱温度は変わらず40度です。

かなり低温ですね!

同じプルームシリーズと比較してみると

  • プルームエス(ploomS):200度
  • プルームテックプラスウィズ:40度
  • プルームテック:30度

と、違いは明らかです。

プルームエスはまだ高温で蒸して蒸気を発生している感じですが、プルームテックまでくると、もはや温める程度の加熱です(笑)

ただし、低温だからといって吸いごたえが全然ダメなわけではありません。

使用するのは一般的なスティック上のものではなく、液体が入ったリキッドと、タバコ葉が入ったカプセルを組み合わせてでてきた蒸気を吸い込む方式になっています。

プルームテックプラスウィズはスティックではなくリキッドを加熱する

プルーテックプラスウィズの加熱の仕組みはこんな感じ。

プルームテックプラスウィズ
公式サイトより

アイコスやグロー、プルームS2.0は、紙巻きたばこと同じ形のスティックを直接加熱して出てくる蒸気(ペイパー)を吸って楽しみます。

一方、プルームテックプラスウィズは、

  1. まず液体リキッドを低温加熱して蒸気を発生
  2. 蒸気がタバコの葉が詰まったカプセルを通る
  3. その蒸気を吸う

と、タバコ葉は間接的に蒸気に蒸されて吸えるようになっています。

元が液体であるため、低温であっても蒸気はしっかりと出てくるわけですね。

汚れは付着しにくく掃除は簡単!

そもそも強い加熱をしない仕組みですし、元が液体なので、ヤニ成分などはほとんど付着せず、ベタついた頑固な汚れを掃除する手間はほとんどありません!

グローやアイコスは、燃やしてはいないものの250℃以上の熱で加熱するため、使い続けていると本体にかなりのヤニ成分が付着します。

専用のスティックでこまめにヤニ汚れを落とさないと、中折れや詰まりが起こったりして、最悪交換に至ったこともありました。。

この掃除って結構面倒なんですよね。。(まぁ吸うんですけど)

その点、低温加熱のプルームテックプラスウィズの掃除は超簡単。

この部分を抜いて、

プルームテックプラスウィズ 洗い方

この青色の部分を水洗いして、乾いた布で拭き取る。

プルームテックプラスウィズ 掃除

これでOKって超簡単!

もともと汚れがつきにくいし掃除はしやすし、そういう面でも使いやすいデバイスだと思います!

ディスプレイ搭載で格好いい!小さくて持ちやすいけど充電も長持ち

プルームテックプラスウィズは「おもちゃ!?」と感じるくらい小さく、掌にすっぽりとおさまる大きさです。

しかも持った感じもとても軽く、ズボンのポケットなどに入れてもかさばらないですね!

「小さくなってスペックダウン?」と思いきや、全然そんなことありませんでした!

1回60分の充電でタバコ一箱分の喫煙可能

1回60分の充電で、250パフ分喫煙可能です。

ちょうどたばこ1箱分に相当するので、1回の充電でかなりたっぷり吸うことができます。

0秒起動なのでマジですぐに吸える

他の加熱式タバコデバイスであれば、電源を押して加熱が終わるまでに待機時間があります。

平均してだいたい30秒~40秒くらいなので、使い慣れたらそうでもないですが、できれば紙巻きのようにすぐに吸いたい。

プルームテックプラスウィズは、アクションボタンを連続で3回押すと、すぐに「ブッ」と振動。これだけでもう吸えます!

他のデバイスのように、温める温度が低いですし、また蒸気を貯めることなく吸う力で蒸気を吸い出しているような感じなので、すぐに吸ってもけっこうな蒸気が出てきますね!

サイトでも0秒起動とかかれていますが、その通り。

空き時間に素早く服しやすいですね!

加熱式タバコでは初めての残量ディスプレイは意外に便利

はじめて搭載されたというディスプレイは実際使ってみると近未来的で格好いいしなにより便利!

  • 電池の残量
  • たばこスティックの残量
  • ロック状況

が判断できます。

タバコカプセルを差し込んで吸っていると、ディスプレイに電池とタバコスティックの残量が表示されます。

上に載せるタバコカプセルは、1カプセルで50パフ吸うことができます。

25回ほど吸うと確かに、半分くらいまで残量がきちんと減ります。

他の加熱式たばこは吸いながらなんとなく頭の中で「あと3回くらいか〜」なんて考えますが、それが可視化できるので、よりボーッと吸うことができるようになりました(笑)

ただ、この残量表示は正確にカプセルの残り残量や吸った回数を計測しているわけではありません。

まだ使えるのに途中でカプセルを変えてしまった場合などもリセット動作をしなければ前のカプセルの残量をそのまま引き継いでしまって早く交換アラートが出ることもあるので注意しましょう。

プルームテックプラスウィズはのりかえ応援割引キャンペーンを実施中

プルームテックプラスウィズの定価は2,980円です。

2月28日までは公式サイトやコンビニで1,000円引きで購入できましたが、現在はそのキャンペーンは終了。

セブンイレブンでは3月19日までLINEポイントをもらえるキャンペーン中ですが、こちらのキャンペーンは2月28日までにセブンイレブンで購入したレシートが必要です。

どうしても安く買いたい!という人はこちらのキャンペーンで安く購入可能です。

プルームテックプラスウィズ キャンペーン
公式サイトより

全国のプルームショップ(JTが運営するプルーム公式ショップ)や、プルームステーション(プルームエスやプルームテックを扱うタバコ屋)では、加熱式タバコを持ち込むと、機種と交換でプルームテックプラスウィズを1,000円引きで購入できます。

このキャンペーンの利用方法はこちらで紹介しているので、よろしければご覧ください!

関連記事

こんにちは、自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです!プルームエス、プルームテックに続く新機種として、2020年11月2日に誕生したプルームテックプラスウィズ。2021年2月から全国のコンビニでも販売が開始されまし[…]

プルームテックプラスウィズ コンビニ 在庫

では、ここからプルームテックプラスウィズの使い方についてご紹介していきます!

プルームテックプラスウィズの内容物

購入時には、デバイス本体と充電するためのアイテムがセットされています。

プルームエスと同じく、付属のUSBケーブルを本体の裏側に接続し、ACアダプターをくっつけてAC電源から充電します。

PCなどのUSB端子に接続しても充電できますよ!(電圧によって充電時間が長く場合があります)

USB Type Cは、プルームテックプラスの端子だったマイクロUSBに比べ、スマホ採用も多いので共用もしやすいですね!

プルームテックプラスウィズの使い方

プルームテックプラスウィズは、他のデバイスのように、スティックを毎回差し込むわけではありません。

スティックを購入すると、リキッドカートリッジ、たばこカプセルの2つに部品が別れています。

1箱にはたばこカプセル5個とリキッドカートリッジ一個が入っています。

一番下のリキッドカートリッジは、一本でたばこカプセル5個分の容量があるので、カプセルがある間は基本取り替える必要はありません。

しかし、最初に使うときや、下のリキッドの交換時には若干の組立作業が必要です。

組み立て方は、

プルームテックプラスウィズ 使い方

と3工程に分かれています。

1.金属部分を下にして、 リキッドカートリッジを差し込む

2.本体付属のカプセルホルダーを回しながら装着する

3.上にタバコカプセルを差し込む

これでOK!

最初はとりまわしに少し苦戦しましたが、2回目からはもう簡単でしたよ!

組み立てたあとは、とても簡単です。

  1. バッテリーを充電する
  2. 本体上部のボタンを2秒以内に3クリック(ブブっと振動)
  3. 待ち時間なくそのままタバコカプセルを吸ってOK

です。

ちなみに、ディスプレイを確認するときは、ボタン1回タップで液晶が光って現在の電池やカプセルの残量を確認することができますよ!

プルームテックプラスウィズのたばこカプセルレビュー~実際の吸い心地を比較!

現在プルームテックプラス用のたばこカプセルは「メビウス」ブランドで合計15種類のスティックが発売されています。

その内訳は次のとおり。

  • レギュラー…4種類
  • メンソール…11種類

有名ブランド「メビウス」の名前を使っているのですごくなじみやすいですが、気になるのが、これらのスティックの吸い心地。

なにごとも全部極めてみたいワタシ(笑)はプルームテックプラスウィズ対応のスティック全種類を試してみたので、実際どんな吸い心地だったのか、簡単にご紹介します!

プルームテックプラスウィズの吸い心地~レギュラー編

の4種類が発売されています。

名前だけ見てもどんな味かさっぱりわかりませんが、とりあえず、数日をかけて全種類を吸ってみることに。

まず、共通して言えるのが、いわゆるタバコを燃やした焦げたようなニオイやテイストはまったくありません。

本物のタバコをイメージしてしまうと、絶対に拍子抜けしてしまいます(笑

そのかわり、食品系の香料がふんだんに使われてかなりの味付けがされています。

ローストと名付けているものは、カラメルなどの香料を使って焦げた感を出したようになっていますし、逆にマイルドはアップルのような果実系の味わいがあり、全体的にフルーティーな味わいになっています。

ただし、吸った時のノドにくるいわゆる「キック感」はそれなりにガツンと感じることができるので広い意味でのタバコ感はあると思います。

ワタシは普段グローをメインに、アイコスやプルームSを使いまわしていますが、純粋なタバコと比較すると、やはり液体リキッドを使う分、VAPE寄りな味わいです。

根本的に低温加熱なので、タバコと同じ味を求めるのは難しいと思っていますが、その分、タバコ特有の臭さはなく、蒸気はかなりクリア。

思ったよりキック感もあって、香料のおかげで味わいは全体的に豊か。

メインになれなくても、ニオイが気になる場所で使ったり、タバコ臭くなりたくないときにワンポイントで使うのはありかなと思いました。

プルームテックプラスウィズの吸い心地~メンソール編

ミント系
メビウス・コールド・ミント
メビウス・クリア・ミント
メビウス・ゴールド・クリア・ミント
ベリー系
メビウス・パープル・ミント
メンソール
マスカット系
メビウス・ゴールド・マスカットグリーン
柑橘・レモン系
メビウス・ゴールド・イエロー・ミント
メビウス・ゴールド・オレンジ・ミント
りんご系
メビウス・レッド・ミント

メビウス・ゴールド・レッド・ミント
エナジードリンク系
メビウス・エナジー・スパーク・ミント
メビウス・エナジー・ショット・ミント

メンソール系のスティックは全11種類。

定番のミント系の種類が一番多く、ベリー系、柑橘系など多種多彩なフレーバーメンソールがラインアップされています。

また最近では変わり種としてエナジードリンク系のカプセルが2種類発売されているなど、他のデバイスにはない味も楽しむことができますね。

実際にいろいろ吸ってみましたが、共通するのはメンソールの強さは総じて控えめだということ。

最も強いとされている「メビウス・コールド・ミント」でもノドにガツンとくるような強さは少なく、口がじわっとひんやりする程度です。

これまで強いメンソールを吸っていた方にはやや物足りない印象があるのではないでしょうか?

反対に味わいの面では、レギュラーと同様、どのスティックを使ってもしっかりとそのフレーバーの味を感じることができます。

特に「マスカット・グリーン」や「ゴールド・レッド・ミント」はまるでガムのようにマスカットやりんごの濃厚な味が楽しめますし、しかもタバコ臭くないのでちょっとしたデザート感覚の甘さを楽しむことができますね。

メンソールの強さはほどほどでいいけど、味をしっかり楽しみたい方にはオススメです!

プルームテックプラスウィズの最終評価


全15種類のスティックを全て吸ってみて思いましたが、これはタバコと言い切るよりも限りなくVAPEに近い味わいです。

少しニコチン感がたしなめる程度で本当にタバコから本格的に乗り換えようとするのは少しムリがあるかもしれません。

しかし、今までのタバコの不満点である、タバコくささはほぼ皆無。

それでいて、フレーバーの味は他に比べて生生しく豊かですし、キック感もそれなりに高いので好きな人にはマスト、ワタシのような他の加熱式デバイスを使っている方にもTPOに合わせた使い分けができると思います。

また、従来機の「プルームテックプラス」に比べて本体が恐ろしく軽くコンパクトになったので、気軽に使えるというのも良いメリットですね。

ディスプレイ搭載で残量が目安程度でもわかりやすくなりましたし、使い勝手は明らかに向上しています。

ワタシもセカンド機として愛用していくつもりです!

リラゾの最新情報はTwitterでお届けしています!ぜひフォローしてみてください!