【ploomX/S】キャメル・スムース・プルームエックス・プルームエス用を吸ってみた!口当たり良い蒸気だけど吸いごたえは…

キャメルスムース
吸いごたえ(キック感) 3
味わい 3.5
コスパ 3
総合3.3

こんにちは、杏仁豆腐は硬めが大好きなパパ中西@加熱式タバコにハマり中です。

今日はploomS/ploomX用レギュラースティックのひとつ、「キャメル・スムース・プルームエックス・プルームエス用を吸った感想について書いてみたいと思います。

実際にじっくり吸ってどんなテイストか確かめてみましたので興味のある方はぜひご覧ください!

キャメル・スムース・プルームエックス・プルームエス用のスペック・価格

キャメルスムースの箱裏面

口あたりの良い、なめらかな味わい

プルームS専用のスティックとして発売されていた全11種類のスティックは、後継の上位互換機「プルームX」の発売予定に伴い、新たに9種類に再編された上、6/16に先行発売されました。

「キャメル・レギュラー」は、「キャメル・スムース」と名前が変更されましたが、レギュラースティックであることに変わりはありません。

「メビウス・スムース」は、タバコ葉に香り高い部分「ラミナ」を使用するなどバージョンアップが図られていますが、こちらはというと、特に目立つ変更は書かれておらず、価格もそのままワンコイン500円。

どのように変わったのか気になるところです。

価格:500円(税込)/20本入
製造国:日本
全国のコンビニ、一部タバコ店
club JTオンラインショップ(1個から購入OK)

ploomS(1.0、2.0)、今後発売予定のploomX専用のスティックとなり、プルームテックプラス、プルームテックプラスウィズなどでは使用はできませんのでご注意を。

パッケージ・スティック

キャメルスムースのスティック

以前は白地にブルーのCAMELロゴが目立つデザインでしたが、キーカラーメインのパッケージにリニューアルされてします。

ただ、色系統がメビウス・スムースと同じような青系統で、コンビニで仲良く並んでいるとちょっと見分けがつきにくいかもしれませんね。

反面スティックには、フィルター部分にグレーの網目がプリントされ、青いラクダサインも以前より一回り大きくなって主張されています、カッコいい。。

スティックのにおいを嗅いでみると、バターがよく効いた甘いクッキーの香りがプンプン。

メビウスでも同じようなニオイがしましたが、コチラのほうが一段強い感じがしますね。

ploomS2.0で吸った感想

キャメルスムース喫煙

まずはテイストアクセルモードで1パフ目。

加熱中からなんだかクリーミーな香りがしてきます。

立ち上がりの蒸気には勢いはありませんが、甘みをもったクッキー臭を強めに感じますね。

加熱がすすんで、何回か吸っているとキック感が増してきて、吸いごたえはそこそこありますが、香りは弱くなっていってやがて無機質な蒸気に変わっていきます。

口で蒸気を転がしてもこれといった味を感じず、よくいえばクリーンな蒸気、悪く言えばタバコ感をあまり感じない。

通常モードで切り替えて吸っても吸い心地などはテイストアクセルとほとんど変わらず、ややクッキー臭が強めに出るような感じがします。

全体の味わいはいささか地味な印象しか出てこないですね。

タバコっぽさでいうとメビウス・スムースの方がまだましといったところでしょう、

反面、蒸気自体に強い圧がなく、不思議とノドざわりがふわっとしたなめらかさを感じるんですよね、、なぜだ??

キャッチコピー通り口当たりの良い蒸気なのに、残念なのは吸っている途中からノドへのイガイガ感を強めに感じてしまうところでしょうか..?

ploomXで吸った感想

キャメルスムースとプルームX

新デバイスのプルームXで吸ってみると若干喫味が変化します。

最初の勢いがあまり強くないのは同じですが、2パフ目、3パフ目と重ねることにキック感が高まり、結果的にそこそこの強さを持った吸いごたえがありますね。

プルームSで感じたクッキー臭も基本同じですが、香料の甘みがやや収まり、若干のロースト感が増えたように感じます。

とはいえ「メビウス・リッチ」や「キャメル・リッチ」の濃厚さと比べると、ライトな味わいにまとまっています。

味わいが回数を増すごとにどんどん薄くなっていくのはプルームSで吸ったときと同じ。

ただ、キック感だけはなぜか強めに残るので、蒸気が無味でも長めには吸えると思います。

ニオイの測定結果と後味

CIAQ(ニオイレベル)最大値プルームX:53/200
プルームS:39/200
10分後のCIAQ値9(非喫煙時)→10(10分後)

※当サイトでのニオイ計測の基準についてはコチラ

数値的にはメビウス・スムースよりもさらに低い数値を記録。

体感的にもわずかに甘いニオイがすること以外、タバコっぽいニオイを感じることはなく、プルームSでニオイの少ないレギュラースティックならキャメル・スムースになりますね。

プルームXになると蒸気量と濃厚度のせいでニオイレベルはアップしますが、他のスティックと比べると低いほうです。

後味もほとんどなにもないんですが、やっぱりノドのイガイガが残りやすいのが気になりますね。

まとめ

キャメルスムースとプルームS

前モデル「キャメル・レギュラー」ではそこそこのタバコ感もあり、メビウスよりうまい!と思っていたんですが、モデルチェンジでなめらかさが重視されたからか、味わいが変わったように思います。

よりタバコっぽさを求めるとするとやはり「メビウス・スムース」の方を選んでしまいそうですね…。

ただし、全然味がまずいというわけではなく、軽めの吸い心地を求める方には向いてそうですし、40円安いコスパを考えるならばこのキャメルスムースでも全然使えるスティックだと思います。

プルームXスティックは全12種類あります。全てのスティックを吸って感想をまとめてみたので、合わせてご覧ください。

関連記事

こんにちは、お笑い大好きな自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです。加熱式タバコの新デバイスploomX(プルームエックス)の発売に先行して、共用するPloom S(プルーム・エス)用タバコスティック合計9種類がリニューア[…]

キャメルスムース
リラゾの最新情報はTwitterでお届けしています!ぜひフォローしてみてください!
  • follow