【新型】プルームXアドバンスドを吸い倒してみたレビュー!吸いごたえや味を徹底評価!

こんにちは、自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです!

JTの加熱式たばこ[プルームX(ploomX)」の後継機種となる新型改良モデル「プルームXアドバンスド(ploomX Advanced)」が2023年10月31日からploomX会員限定で先行発売されました!

先代ploomXから愛用しているワタシ、パパ中西はさっそく購入させていただきました!

このページでは、プルームXアドバンスドを実際に使ってわかったレビュー評価や

  • スペックの特徴を実機で確認
  • 吸いごたえや味わい
  • 基本的な使い方
  • 色カラーバリエーション

などについて実機画像を交えながらご紹介します!

プルームXアドバンスドとは?

プルームXアドバンスド本体

ploomXアドバンスドは、まったく新しい加熱式タバコデバイスではありません。

JTから以前から発売されている「ploomX(プルームX)」のアップグレード版となり、いくつかの機能を改良したモデルです。

そのため、外観をみると、先代のプルームXとほぼ変わらないデザインとなっています。

2021年にプルームXが発売されてから、ちょうど2年以上経過してのリニューアルとなり、具体的にどのような改善が行われているのかまとめてみると次のようになります。

プルームXアドバンスドの3つの改良点

プルームXアドバンスドは、従来機「プルームX」に比べて次の3つの改良が行われています。

どれも実用的な改良で、吸いごたえや使い勝手が大幅にアップしそうな内容ばかりです。

加熱温度が320℃になって吸いごたえが大幅アップ!

プルームX最高加熱温度はこれまで約295℃でしたが、新加熱技術“POWER HEATFLOW”によって約320℃に大幅にアップしました。

約320℃というと、アイコスイルマの公称300℃以上に迫る加熱温度で、見た目にも吸いごたえがアップすることがわかりますね!

ボタンを押さず喫煙できる自動加熱機能

これまでプルームXでは、たばこスティックを差し込んだ後にボタンを押して加熱する必要がありました。

しかし、プルームXアドバンスドではスティックを挿し込むだけで、ボタンを押さずとも自動で加熱されます。

ライバル機のアイコスイルマでも、同じ自動加熱機能が搭載されていて実際便利なので、利便性が大幅に向上しそうですね!

充電時間が90分に短縮

プルームXは約110分の充電で約20本分吸えましたが、プルームXアドバンスドでは20分短縮の約90分で約20本分吸うことができます。

充電時間が短縮することで、こちらも使い勝手が良くなりますね!

プルームXアドバンスドの値段~11/21からいきなり1000円割引で発売開始!

プルームXアドバンスド箱と本体

ploomXアドバンスの値段は定価1,980 円(税込)です。

しかも、11/21から2024/1/7まで、なんと1,000円割引の980円で販売されています!

コンビニをはじめとしたプルームXアドバンスドのどこの販売店でも980円で買うことができ、はじめての方でも試しやすい値段になっています!

割引キャンペーンのくわしい内容やコンビニでの在庫状況はこちらをご覧ください。

関連記事

こんにちは、自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです。2023年11月21日、JTの最新型加熱式タバコデバイス「ploomXアドバンスド」がコンビニで発売開始されました!このページでは、プルームXアドバンスド本体の[…]

プルームXコンビニPOP

プルームXアドバンスドのスペック一覧

プルームXアドバンスド主な仕様

実物をご紹介する前にプルームXアドバンスドのスペックの一覧を、以前の機種であるプルームXと比べてみました。

変わったところは、太字にしています。

プルームXアドバンスドプルームX
1本の喫煙時間約5分(無制限)約5分(無制限)
加熱温度約320℃約295℃
加熱時間約25秒約25秒
自動加熱機能ありなし
充電時間約90分(20本)約110分(20本)
サイズ幅約44×高約89×奥約24mm幅43.5×高88.5×奥24mm
重さ約95g約95g
製品保証1.5年間1.5年間
付属品本体
フロントパネル
ACアダプター
USBケーブル(USB-C to USB-C)
本体
フロントパネル
USBケーブル(USB-C to USB-A)

一覧でスペックを見る限り、明らかに変わったところもありますが、同じ数字のところも多くあります。

違いを簡単に見たい方はこちらのページを参考にしてみてください。

関連記事

こんにちは、自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです。JTの加熱式タバコ「プルームX」の改良版新機種プルームXアドバンスド(ploomX Advanced)は、2023年10月31日からploomX会員限定で先行発売されて[…]

プルームXアドバンスドとプルームX背面

ここからは実機をもとにくわしくご紹介していきます。

プルームXアドバンスドの内容物

プルームXアドバンスド内容物

プルームXアドバンスドを買った時に同梱されている内容物はこちらになります。

  • プルームXアドバンスド本体
  • ACアダプター充電器 (USB-C)
  • USBケーブル(USB-C to USB-C)
  • 使い捨て掃除スティック(7本)

プルームXアドバンスドでは、先代ではついていなかった、電源から充電できるACアダプター充電器が付属するようになりました。

ACアダプター充電器の接続端子は、スマホなどでは主流になったUSB-Cタイプになり、出力も5V-3A(15W)と高出力タイプになり、充電時間の短縮に貢献しているようです。

プルームXアドバンスド充電器

本体との接続に使うUSBケーブルも両方がUSB-Cタイプとなり、利便性も高くなりました。

反面、高出力な充電器が必要なことから、これまでのプルームシリーズで使える純正充電器を使うと充電時間が遅くなったり、ノートPCなどの低出力のUSBからは充電できないデメリットはあります。

使い捨て掃除スティックを使った掃除方法については、こちらのページで画像付きで詳しくまとめているので、合わせてご覧ください。

関連記事

こんにちは、自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです。JTの加熱式タバコ「プルームXアドバンスド」は、吸いごたえをキープするために、定期的な掃除をすることをすすめられています。このページでは、プルームXアドバンスド[…]

プルームXアドバンスド 掃除方法

プルームXアドバンスドの大きさや重さを比較

プルームXアドバンスド

プルームXアドバンスドのサイズは、幅約44mm×高さ約89mm×奥行き約24mmと、先代プルームXと比べると高さと幅が0.5mm違いますが、ほぼ誤差といいくらいです。

重さも95gでこちらも全く同じ。

機能面の変更はいくつかあるものの、外観だけを見ればプルームXとほとんど形状は変わりません。

左が先代プルームXのスレートグレイ、右がプルームXアドバンスドのブラックですが、色味の濃さを除いてほぼ同じです。

プルームXアドバンスドとプルームX正面

裏面は比較的判断しやすく、暗いグレーがプルームX、真っ黒がプルームXアドバンスドです。

プルームXアドバンスドとプルームX背面

表面と比べると光沢感が少ないので、暗いところでも比較的見分けがつきやすいと思います。

ただし、形状・素材は全く同じなので、一瞬「こっちはアドバンスドだったっけ?」と困惑する人もいると思います。

見る限り、プルームXアドバンスドは、外観は変わらずとも、機能面が進化したマイナーチェンジモデルということがわかりますね。

ライバルの加熱式たばこの本体デバイスと比較するとこのような違いがあります。

プルームXアドバンスドプルームXアイコスイルマワングローハイパーエア
高さ89mm88.5mm121.6mm97.3mm
44mm43.5mm30.6mm47.1mm
奥行き24mm24mm16.4mm12.5mm
重さ95g95g68.5g75g

競合加熱式たばこのアイコスイルマワンやグローハイパーエアと比べると高さは短いので、持ち運び時にかさばらないのはありがたいです。

ただし、本体の厚みは若干あり、他デバイスに比べ20~30gほど重いので、胸ポケットに入れたりすると、服がよれやすくなるのはデメリットかも。

まあ、実用上使う分には何の問題もなく、カバンに入れて持ち歩く人は全く気にならない大きさと重さですよ!

プルームXアドバンスド本体のデザインや質感

プルームXアドバンスドのデザインや質感はプルームXと変わらずほぼ同じです。

両面で材質が異なっているのが特徴で、ロゴのある面はアルミパネルとなっており、わずかにザラッとしているけれどなめらかな感触です。

プルームXアドバンスド手持ち

LEDランプやボタンエリアがある反対のフロントパネルは、プラスチック仕様で、ややヌメッとしたやわらかさがあり、触り心地がいいのでずっとスリスリしていたい感じです(笑)

フロントパネルは、動作時に棒状のLEDランプが内蔵され、充電量や、加熱時間・喫煙時間などがわかりますよ!

プルームXアドバンスド

上面のスティック差し込み口はスライド式になっていて、片手で開けやすい構造になっています。

本体の底面には、充電に使うUSB端子のみ配置されており、こちらにケーブルを差し込んで充電します。

プルームXアドバンスドUSB端子

プルームXアドバンスドの詳細な使い方については、こちらのページで実機画像を元に説明書より詳しくまとめているので、合わせてご覧ください。

関連記事

こんにちは、自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです。JTの加熱式タバコ「プルームX」の改良版新機種プルームXアドバンスド(ploomX Advanced)は、本体にプルームX専用のたばこ型のスティックを差し込んで喫煙しま[…]

プルームXアドバンスド 使い方

プルームXアドバンスドの1本あたりの喫煙回数(パフ数)

プルームXアドバンスドのたばこ1本あたりの喫煙回数(パフ数)は、加熱完了後、約5分間は回数無制限喫煙することができます。

アイコスイルマの場合は1本あたり、6分間か、最大14回吸煙なので、回数の制限のない無制限仕様はかなり吸った感を感じられます。

ちなみに5分間無制限喫煙ですが、実際のところは1本で15~20回くらいを吸う感じになるのかなと思います。

それ以上吸うと、蒸気がなくなってまずくなってしまうかなとワタシは感じました。

プルームXアドバンスドを吸った評価~高温化で味や吸いごたえ、キック感は変わった?

ひととおりスペックを確認した後、さっそく吸ってみて、吸いごたえや味がどのようになったのか、レギュラー、メンソールそれぞれで確認してみました。

いくつかの銘柄を吸ってみて、プルームXアドバンスドの吸いごたえや味を先代プルームXと比較すると、

  • 加熱の立ち上がりは先代と同じく最初は弱めもとれる
  • のどに当たるキック感は強く感じる
  • メンソールの清涼感も銘柄によってはアップしたようにも思える
  • 全体的にロースト感やコクはアップする
  • フレーバー系の香りや味わいは銘柄によって変わりなかったり、やや控えめになったりする

ことが挙げられます。

メビウス・アロマリッチレギュラー

プルームXアドバンスド喫煙アロマリッチレギュラー

アドバンスド発売時点でレギュラーで最も新しくリリースされたスティックです。

もともと、強いキック感と香りがウリのスティックですが、まず一口吸い込んでみると、、おお、ただでさえ強かったノドあたりがさらに強力になってる…!

普段はどちらかというとスパスパと早めに吸うタイプなんですが、こればかりは次に吸うのがためらわれるほど強い…(笑)。

焦げのようなロースト感もアップしたようで、完全ではないにしろ、紙巻きタバコの吸いごたえを意識したような加熱具合になっています。

メビウス・ディープレギュラー

次はプルームXの中で最も吸いごたえの高いスティックです。

もともとキック感が高いタバコなので、あんまり違いはないのですが、よく吸い比べてみると、わずかにノドあたりが強くなったことを感じます。

それよりも蒸気のコクや厚みがアップしたことは明確に感じられ、さらにプルームXでは少し目立ったカラメルのような香りを控えめに感じ、よりワイルドなタバコ感を感じるようになりましたね。

メビウス・コールドメンソール

プルームXアドバンスド喫煙コールドメンソール

続いては、メンソールでは定番のひとつである、「メビウス・コールドメンソール」です。

加熱温度が上がっただけでは、メンソールの清涼感は変わらないだろ…と思ってましたが、不意をつかれたせいか、思ったより冷たさを強めに感じ、ちょっとむせてしまいました(笑

ミドルメンソールのフレーバーだったはずなのに、強メンソールにアップしたような感じです。

反面、ミント本来の苦味や香りなどはそこまでわかりやすい変化は感じられませんでした。

メビウス・パープル・オプション

フレーバーカプセル搭載のベリー系メンソールであるメビウス・パープル・オプションも吸ってみました。

こちらは打って変わって、蒸気のコクやロースト感は多少アップするものの、メンソールの強さに大きな変化はありません。

また、タバコ感が増えた反面、カプセルを潰した時に広がるベリーのジューシーなフレーバー感が若干抑制されたように思いました。

プルームXアドバンスドの対応フレーバー

プルームXスティックたばこフレーバー全種類正面

プルームXアドバンスドに対応するスティック(たばこ)は現行モデルのプルームXと互換性があり、すでに発売されているメビウス、キャメルのスティックをそのまま吸うことができます。

現時点で20種類以上のスティックが発売されており、バリエーションも豊富なので、いろいろな味をそのまま楽しむことができます。

値段はどちらも一箱500円となっていますが、JT公式サイトでしか買えない定期購入限定のキャメル3銘柄のみ460円となっています。

銘柄値段種類
キャメル(CAMEL)500円/20本入9種類
メビウス(MEVIUS)500円/20本入9種類
定期購入限定460円キャメル460円/20本入3種類

さらにこれらは、「レギュラー系」「メンソール系」「フレーバーメンソール系」の3つのタイプに分けることができます。

  • レギュラー:6種類
  • メンソール:6種類
  • フレーバーメンソール:10種類

現在発売中のプルームX対応スティックはこちらのページでまとめてご紹介しています。

関連記事

こんにちは、自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです。プルームXや、新型のプルームXアドバンスドで吸えるたばこスティック(カートリッジ)は「キャメル」「メビウス」2銘柄からこれまでに合計29種類の銘柄が発売され、現在では2[…]

プルームXスティックたばこフレーバー全種類

プルームXアドバンスドの基本的な使い方

プルームXアドバンスドの基本的な使い方の流れは、

  1. スライドカバーを開けてたばこスティックを挿入
  2. (自動加熱開始)LED全体が点灯しデバイスが短く2回振動すると加熱完了
  3. 喫煙する

では、1工程づつご紹介していきます。

1.スライドカバーを開けて真っ直ぐたばこスティックを差し込む

プルームXアドバンスドスティック挿入

上面のスライドカバーを開けて挿入口にスティックを入れます。

たばこスティックのラインが見えなくなるまで真っ直ぐ差し込みましょう。

スティックがもろいので、途中でねじってしまうと、中折れの原因になってしまうのでご注意ください。

2.(自動加熱開始)LED全体が点灯しデバイスが短く2回振動すると加熱完了

プルームXアドバンスドスティック手持ち

スティックを差し込むと、自動で加熱がスタートしLEDがゆっくり点滅します。

25秒後にブッと振動するので加熱完了となります!

ちなみに、

  • スライドカバーを開けてから、1秒以上10秒以内にスティックを差し込まない
  • 残りのバッテリー残量がかなり少ない

時は自動加熱されないことがあります。

そのような時は、フロントパネルを2秒以上長押しすると手動で加熱をスタートすることができます。

3.喫煙する

ここまでできたら、あとは喫煙あるのみ!

スティックを加えて喫煙しましょう。

プルームXはもともと最初の蒸気がやけに熱いですが、プルームXアドバンスドも同じく、口の中がアチッ!となってしまうかもしれません。

初めて使われる方は、熱に注意してゆっくり吸い込んでみましょう。

また、最初の1吸い目は、まだ加熱が十分に行き渡っておらず、蒸気の出が少ないと感じるかもしれません。

2吸い目から十分な蒸気量が出てくると思いますよ!

プルームXアドバンスドのくわしい使用方法はこちらでより丁寧に解説しています!

関連記事

こんにちは、自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです。JTの加熱式タバコ「プルームX」の改良版新機種プルームXアドバンスド(ploomX Advanced)は、本体にプルームX専用のたばこ型のスティックを差し込んで喫煙しま[…]

プルームXアドバンスド 使い方

プルームXアドバンスドは自動加熱しない場合もある

プルームXアドバンスドスティック上部

プルームXアドバンスドは、スティックを差し込むだけで加熱が勝手にスタートする自動加熱機能が搭載されていますが、なぜか起動しないこともちょいちょいあります。

公式カスタマーに確認したところ、このような原因が考えられるとのことでした。

  1. スライドカバーを開けた後にスティックの挿入が早すぎる
  2. スライドカバーを開けた後にスティックの挿入が遅すぎる
  3. スライドカバーを開けたままで次のスティックを差し込む場合
  4. 電池残量が少ない場合
  5. 使用済みたばこを挿入する場合
  6. デバイスがロックされている場合
  7. 温度異常が発生し安全機能が働いている場合
  8. 使用前にスライドカバーの開け閉めを連続して繰り返している

結構、多いですね、、

こちらのページでは、自動加熱が起動しなかった場合の対策方法についてはこちらでまとめているので、お困りの方は合わせてご覧ください。

関連記事

こんにちは、自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです。JTの加熱式タバコ「プルームX」の改良版新機種プルームXアドバンスド(Ploom X ADVANCED)は、スティックを差し込むとボタンを押さなくても自動で加熱がスター[…]

プルームXアドバンスド 自動加熱しない

また、リセットすると治ることもあります。

リセット方法の方法については、こちらでまとめているので、詳細が気になる方はこちらをご覧ください。

関連記事

こんにちは、自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです。プルームXアドバンスドは、使っていると自動加熱できなくなったり、LEDライトが点滅して使えなくなったりする時があります。そんなときに再起動にあたる「リセット操作[…]

プルームXアドバンスド リセット

Bluetooth連携すると自動加熱のON/OFFができるので、連携方法をこちらでご紹介します!

関連記事

こんにちは、自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです。JTの最新加熱式タバコ「プルームXアドバンスド(Ploom X ADVANCED)」には、Bluetooth連携機能があります。近距離無線通信規格Bluetoo[…]

プルームXアドバンスド Bluetooth 連携

プルームXアドバンスドの充電方法

プルームXアドバンスドは、付属のUSB Type-CケーブルをデバイスとACアダプターに接続して充電します。

プルームXアドバンスド充電

本体底面とACアダプターにそれぞれケーブルを差し込んで、充電を開始します。

純正アダプターを使用していれば90分間でフル充電することができますよ!

ちなみに、先代プルームXの充電器も使用することができますが、出力が低いため、充電時間は110分と長くなります。

充電中は本体真ん中のLEDライトが徐々に伸びていくので、何となく残り充電量を確認することができます。

充電が完了するとLED全体が2回点滅して消灯しますよ!

プルームXアドバンスドのカラーは2色展開。コンビニ発売カラーは?

プルームXアドバンスドカラーバリエーション

プルームxアドバンスドは、ブラックとホワイトの2色展開で販売されます。

  1. ブラック
  2. シルバー

ブラック

プルームxアドバンスド ブラック

先代プルームXでは「スレートグレー」と呼ばれていたブラック色ですが、アドバンストからは漆黒色になりました。

表面のフロントパネル部分は光沢のあるブラックとなっていますが、光沢感があり、どことなくポップな印象もありますね!

一方、裏面のアルミ素材は若干光沢のある黒色です。

グレーではなく、ブラックなので、シックで上品な色味になっています。

表面と裏面で上品さとポップさを併せ持つトーン違いのカラーとなっており、男性人気が非常に高そうです!

シルバー

プルームxアドバンスド ホワイト

表面のフロントパネル部分は光沢のあるシルバーとなっており、覗き込むと反射して顔が映り込むほど光沢感があります。

一方、裏面のアルミ素材は若干だけ光沢のある銀色です。

ちなみに、このシルバーカラーは、プルームXと同じ色味なので、並べてみても見分けが難しいくらいよく似ています。

ブラックと違ってシルバーは爽やかさがあるので、こちらは女性人気が高そうな色味と思います。

プルームXのフロントパネルをそのまま使用可能

フロントパネルは取り外しができ、さらに別売のカバーを購入することで、カラーを変更できるようになっています。

プルームXと大きさが同じなので、プルームXのフロントパネルをアドバンスドに装着することが可能ですよ!

プルームX フロントパネル

まとめ~プルームXアドバンスドの良いところ、悪いところを評価!

プルームXアドバンスドを使ってみた感想についてレビューしてみました。

良いところ、悪いところを簡単にまとめてみました。

良いところ

  • 加熱温度が320℃になって吸いごたえが大幅アップ!
  • ボタンを押さず喫煙できる自動加熱機能
  • 充電時間が90分に短縮

使い勝手は、プルームXと比べて高くなっていますね!

自動加熱機能はなくてもいいですが、あれば便利な機能なので、搭載されたのは嬉しい!

また、吸いごたえは、誰でもわかるようなはっきりとした違いはないものの、コクやロースト感が増したことによって、銘柄によりタバコ感がよりましたようにも感じました。

特にレギュラー銘柄においてはその傾向が高いと思います。

悪いところ

  • 吸いごたえが高すぎる
  • 自動加熱機能がやや不安定
  • 低出力の充電器は使えない可能性

加熱温度が高くなったことで、逆にキツすぎると感じる人もいるかもしれません。

こちらは、高い吸いごたえが好みの人にはいいですが、プルームXでもきついと感じている人には逆に苦になるかもしれません。

また、数日使った限りの感想ですが、自動加熱機能が少し不安定かと思いました。

スライドカバーを開けてから、1~10秒以内にスティックを差し込む必要があり、普通にゆっくり差し込めば問題ないのですが、少しタイミングを早くいれてしまうと自動加熱がスタートしません。

使い慣れてきたら、タイミングもわかってきますが、最初のうちは「あれ、点火しない?」と感じる人もいるかもしれません。

充電時間が短縮されたのは良いことですが、高出力の充電器が必要になったので、ノートPCなどの低出力の機器を使った場合はうまく充電できないかもしれませんね。

いずれにせよ、吸いごたえや機能面では先代プルームXと比べると明らかに良くなっていますし、値段も当面は980円で販売されるので、買ってみても損はないと思います!

プルームXアドバンスドの割引のくわしい内容やコンビニでの在庫状況はこちらをご覧ください。

関連記事

こんにちは、自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです。2023年11月21日、JTの最新型加熱式タバコデバイス「ploomXアドバンスド」がコンビニで発売開始されました!このページでは、プルームXアドバンスド本体の[…]

プルームXコンビニPOP

プルームXアドバンスドとプルームXのくわしい違いを調べてみると合計7つの違いがあったので参考にしてみてください。

関連記事

こんにちは、自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです。JTの加熱式タバコ「プルームX」の改良版新機種プルームXアドバンスド(ploomX Advanced)は、2023年10月31日からploomX会員限定で先行発売されて[…]

プルームXアドバンスドとプルームX背面
リラゾの最新情報はTwitterでお届けしています!ぜひフォローしてみてください!
  • follow