【ploomX/S】メビウス・スムース・プルームエックス・プルームエス用を吸ってみた!前作より味わいはアップしたけれど…

メビウススムース
吸いごたえ(キック感) 3
味わい 3
コスパ 2.5
総合 2.8

こんにちは、パパ中西@加熱式タバコにハマり中です。

今日はploomX/S用レギュラースティックのひとつ、「メビウス・スムース・プルームエックス・プルームエス用」を吸った感想を書いてみたいと思います。

新デバイス「プルームエックス」にも対応するスティックとして従来の「メビウス・レギュラー・プルームS用」がリニューアルされたスティックです。

実際にじっくり吸ってどんなテイストか確かめてみましたので興味のある方はぜひご覧ください!

メビウス・スムース・プルームエックス・プルームエス用のスペック・価格

メビウススムース箱裏

調和の取れた、スムースな味わい

これまでプルームS専用のスティックとして発売されていた全12種類のスティックは、後継デバイス「プルームX」の発売予定に伴い、新たに9種類に再編された上、6/16に先行発売されました。

このメビウスは、レギュラースティックの保守本流として、パッケージ、スティックの中身ともにリニューアル。

新しくたばこ葉の中でも香り高い葉肉部分「ラミナ」をブレンドし、たばこの繊細かつ奥深い味わいを実現しているそうです。

これまでのプルームのレギュラースティックは、いまいち吸いごたえが物足りない面があったので、どれくらい変わったのかが気になるところですね!

まだ新デバイスploomXは発売されていませんが、ますはプルームS2.0を使って試してみます。

価格:570円(税込)/20本入
製造国:日本
全国のコンビニ、一部タバコ店
gloオンラインショップ(カートン買いのみ)

パッケージ・スティック

メビウスといえばブルーカラーが特徴ですが、以前のメビウスと比べ濃度が濃く、かつ光沢も目立つようなパッケージングとなっています。

また、箱の縦の長さも5ミリほど大きくなっており、PloomXのロゴが全面に出ていますね。

メビウススムース箱比較

箱からスティックを取り出してみると、ん、なんかいつもより長いぞ…。

以前のスティックと比べるとこれまた5ミリほど長くなっていました。

ラインの位置は以前のスティックと同じなため、フィルター部分がそのまま長くなっているようで、本体に差し込んでみると少しノッポな感じに見えますね。

スティックのにおいを嗅いでみると、以前とのメビウスと同じ、甘いクッキーのような香りはしますが、控えめなニオイになっていて少し変化を感じますね。

PloomS2.0で吸った感想

1パフ目に感じたのは「お。これはグローのレギュラースティックに近い味わいだな…」と思いました。

わずかにロースト感を持った無機質な蒸気で、以前のメビウスでなぜか感じたメンソールの爽快感は微塵もありません。

初速はそれほどキック感はありませんが、3パフ目くらいからぐいっとアップし、10パフ目くらいまでは同じような強めなキック感が味わえます。

蒸気自体はこれといった味わいはないフラットな蒸気です。

前はステラおばさんのクッキーのようなバタ臭い甘い香りが全面に出ていましたが、今回はやや控えめな調合にブレンドされています。

好き嫌いの分かれそうな甘みはなくなったものの、逆に無個性な蒸気になったので、もう少し焦げた感が増えるとよりタバコ感高い吸いごたえのある蒸気になるかもしれませんね。

12~13パフ目くらいになると蒸気がほぼなくなってくるのは以前と同じ。

デバイス的にはあと数パフ吸えるので持ちも長くなっていたら良かったのに…と思いました。

通常モードで吸ったら、クッキーの甘さが目立つ感じにもなるため、よりタバコっぽい味を求めるならテイストアクセルで吸うのがおすすめです。

PloomXで吸った感想

新デバイス「ploomX」で吸ってみると、キック感が最初からかなり強力になります。

途中少し弱めになるんですが、後半、さらに加熱がすすむため、最後まで比較的持続するのもポイント。

ライトなレギュラーを吸っていた方にとっては「あれ、こんなにノドにガツンときたっけ…」と思うくらいかもしれません。

蒸気にも深めのコクがプラスされ、ploomSで吸ったときよりも吸いごたえを高めに感じます。

なにより、ploomSで目立った甘い香りはすっかりなくなり、ややロースト感が増した濃いめの味わいに。

ライトな喫味が好きだった方には向かないかもしれませんが、よりタバコ感を求める方には進化ポイント

ニオイの測定結果と後味

CIAQ(ニオイレベル)最大値プルームX:61/200
プルームS:40/200
10分後のニオイ値4(非喫煙時)→10(10分後)

※当サイトでのニオイ計測の基準についてはコチラ

プルームSで吸ったときのニオイレベルは加熱式タバコの中でもかなり低めになります。

ただし、プルームXの場合は他の加熱式タバコと同等レベルのニオイ量になり、実際嗅覚で比べても目立つようになりました。

プルームSでは甘ーい香りは少し残る感じ、プルームXだと、少し強めなモアっとしたニオイが数十分残る感じです。

室内にて吸うときは、換気をしっかりしておけばあと残りはどちらも少ないと思います。

吸っている途中から吸ったあとまで喉へのイガイガは以前より感じやすく、ネックと言えばネックですが、口にイヤなにおいは残りにくく、わずかな甘さだけが感じられると思います。

まとめ

以前のスティックと比べ、メンソールとクッキーの甘い香りはやや目立たなくなりましたが、その分より無機質な蒸気になった印象です。

プルームXで吸えば、さらに蒸気の厚みやコクがでて、全体的な吸いごたえは高くなりますが、もう少しタバコっぽい香りが全面にでていればなお良いと思いました。

よりタバコっぽい香りを求めるのであれば「メビウス・リッチ」を吸ってみるのも良いかもしれません。

関連記事

吸いごたえ(キック感)[star-list number=5] 5味わい[star-list number=5] 4.5コスパ[star-list number=3] 2.5総合[…]

メビウスリッチ

プルームXスティックは全12種類あります。全てのスティックを吸って感想をまとめてみたので、合わせてご覧ください。

関連記事

こんにちは、お笑い大好きな自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです。加熱式タバコの新デバイスploomX(プルームエックス)の発売に先行して、共用するPloom S(プルーム・エス)用タバコスティック合計9種類がリニューア[…]

メビウススムース
リラゾの最新情報はTwitterでお届けしています!ぜひフォローしてみてください!
  • follow