アイコスイルマの公式に確認した正しい吸い方とできるだけ長く吸う方法

アイコス長く吸う方法

こんにちは、自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです。

8月18日の先行販売開始日に購入しほぼ毎日アイコスイルマを吸って楽しんでいます!

前機種IQOS3と比べると吸いごたえはキープしながら蒸気がクリアなところが気に入っています。

ただ、ひとつだけ不満なところとすれば、1回の喫煙で14回、もしくは6分間しか喫煙できないところ…。

プルームXグローハイパープラスは時間内であれば何回吸っても途中で切れることはありません(回数多いと吸いごたえがなくなりますが)

ワタシの場合、割と速いペースで吸ってしまうので14回だと、回数的に若干物足りない感じになるんですね。

なんとか長く吸うことができないかなと思いながら、いろいろな吸い方を工夫。

すると、14回以上できる吸い方を発見しましたが、美味しいとはいえず吸いごたえは犠牲になるので個人的にはおすすめではないかな…。

こちらのページで、正しい吸い方とアイコスイルマを長く吸う方法についてまとめているので、少しでも長く吸いたい方は、この方法を試してみてください。

まずは、そもそも正しい吸い方をご紹介します。

アイコスイルマの正しい吸い方

アイコスイルマを購入してから、最初に吸うまでの流れはこのような感じになります。

  1. 充電
  2. ホルダーをチャージャーに格納する
  3. チャージャーの電源を入れる
  4. ホルダーにスティックを差し込み
  5. 加熱完了
  6. スティックを差し込んだ側を咥えて吸う

アイコスイルマはホルダーにスティックを差し込むと、自動で加熱が開始されます。

アイコスイルマ 自動加熱

10秒ほど経つとほんのりたばこの香りが漂い、煙も上がってきます。

加熱完了時間の20秒が経つとバイブで教えてくれますよ!

ちなみに、喫煙する際は、スティックを差し込む側です。

反対側をくわえても喫煙できないのでお気を付けください。

一連の流れについては、実際の画像と合わせてこちらのページで詳しくまとめているので、参考にしてみてください。

関連記事

こんにちは、自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです。アイコス最新モデルでアイコス4的立ち位置の「アイコスイルマ」「アイコスイルマプライム」は今人気の加熱式タバコの本体となっています!アイコスイルマを購入すると、こ[…]

アイコスイルマ

では、次にワタシが試した長く吸う方法をご紹介します!

吸うスパンを短くすると14回以上吸える

アイコスイルマは、ごく一般的に、深めに蒸気を吸い込むことで1カウントされ、14回になると残り時間に関わらず終了します。

残りパフ数が2回になると、ブブッと振動してライトが点滅してくるのが終わりの合図です。

アイコスイルマ 使い方

ではどうやって長く吸うのかといえば、この回数のカウントがされないよう、なるべく浅い吸い方行い、吸い込む時間を極力短くしてスパスパ吸うと、喫煙回数が伸ばすことができます。

これはワタシの予想ですが、浅く吸ったときにはアクセスイルマの喫煙回数を計測するセンサーが反応せずに、回数としてスルーされるのではないかと思います。

この浅い喫煙を続けると、6分間ずっと喫煙することができましたよ!

ただ、この「浅い喫煙」をマスターするまでがちょっと難しい。。

回数をカウントするセンサーはなかなか賢く、ちょっとでも深く吸い込もうものなら、たちまちカウントされてしまいます。

かといって、浅すぎる吸い方だと、そもそもキック感や吸いごたえが感じられないことも多く、ワタシの場合、せいぜいプラス5回が限界でした。。

もちろん、吸い込み方には個人差が相当にあるので、この方法でもうまくいく場合があると思いますが、普段から深く吸い込んでいる方は難しいかもしれません。

ちなみに、普段から短いスパンでスパスパと吸う方は、アイコスイルマのセンサーが反応せずに上限回数に達せず、逆に故障していると勘違いする方もいるようです。

アイコスのカスタマーに連絡をすると、故障と判断されて新品と交換されますが、喫煙方法を変えないとやはり12回でバイブが反応しないのでお気をつけください。

もうひとつ、これは公式的にはまったく推奨されていないですが、同じスティックを2回使うことで結果的に長く吸うことができる方法をご紹介します。

少し浅めに吸えば、二度吸いすることもできなくはない

基本的に、テリアのスティックは二度吸いすることは公式では推奨されていませんし、普通に吸っていたらそもそも2度吸いすることができません。

いつもように吸いこんだテリアスティックを再度、ホルダーに入れて加熱してみましたが、、、

テリア吸い殻吸う

吸ってみても無味無臭な蒸気が出てくるだけで、フィルターを少しいぶしたようなクサイニオイを別に感じます。

このまま6分間加熱を行いましたが、結局同じような状態が続き、終了となりました。

ただ、これはあくまで普通に吸った場合のこと。

ほどほどキック感を感じる程度に浅めに吸ったスティックを加熱終了後、そのままもう一度挿して吸ってみると、蒸気が出てきて、吸いごたえも普通とは言わないものの、それなりに感じることができます。

普通に吸い込まず、吸い込む時間も短めに、ノドに蒸気がほどよく当たる程度でやや浅めに吸い続けることがポイント。

ややローストされたニオイが少し増えましたが、まずいかと言えばそうでもない。

さすがに最後の方は蒸気の出が悪くなりますが、最後の点滅まで吸うことができたので、トータル28回吸えた計算になります。

おそらく、スティックに含まれる成分が浅く吸っているとまだ残存しているからなのかなあと思います。

ちなみにメンソール系のスティックだと普通に吸って二度吸いしても弱めに蒸気は出てくるので、浅く吸えば、さらに残存成分が多いと推測されます。

さらに前提として、、この方法は非推奨の方法となりますし、二度吸いを続けていることで故障の可能性もなくはありませんん。

二度吸いした吸い殻には、なぜかヤニ汚れが普通に比べかなり滲んでいるのでもしかすると本体にもなんらかの悪影響があるのかもしれません。。

テリア二度吸い後の吸い殻

あくまで個人の体験ということで、お試しの際は自己責任にてお願いいたします。

【公式に確認済】0-40度外にアイコスイルマを使用すると長く吸うことができなくなる

アイコスカスタマーに確認したところ、アイコスイルマの推奨使用温度外で使用すると、逆に短くなってしまうことがあるようです。

アイコスイルマ 長く吸う方法

アイコスイルマ 長く吸う方法

例えば、冬の寒い日や夏の暑い日に屋外でアイコスイルマを使用すると、長く吸うことができなくなるだけでなく、カタログスペックより短くしか喫煙できなくなることがあるようです。

少しでも長く吸いたい方は、使用温度も気にしてみるといいですね。

まとめ

アイコスイルマを長く吸う方法をまとめてご紹介しました。

まずは、公式に確認したアイコスイルマの推奨使用環境温度を守ることからはじめましょう。

その上で、ワタシが試してできた方法を試してみると長く吸うことはできます。

ただ、紹介した方法ではどうしてもアイコス本来の吸いごたえがなくなるように感じると感じました。

なので、吸いごたえよりもとにかく1本を長く吸いたい方はぜひやってみてください。

アイコスイルマシリーズで現在発売中のすべての機種のカラーとアクセサリーはこちらでまとめてこちらでご紹介しています!

関連記事

こんにちは、自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです。加熱ブレードがなくなり、使用感が格段に良くなったアイコスの最新型の本体「アイコスイルマ」シリーズは、現在3種類が販売されています。 アイコスイルマプライム[…]

イルマ箱側面
アイコス長く吸う方法
リラゾの最新情報はTwitterでお届けしています!ぜひフォローしてみてください!
  • follow