グロープロスリムをキレイに掃除する方法!刺さりづらかったり臭くなったら掃除のタイミング

グロープロスリム掃除

こんにちは、なるべく掃除はキレイにしておきたい自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです。

グローの中でスリムなスティックを使うグロープロスリムは、軽さと使いやすさが気に入って、今ではもっともヘビーに使っているデバイスです。

しかし、毎日使い続けていくと汚れてきて、臭くなって喫味が悪くなったり、最悪詰まりなどの原因になるかもしれません。

そこでこのページでは、グロープロスリムのクリーニング方法について、実機を使いながらくわしくご紹介します!

公式ですすめられている方法に加え、さらにキレイにできる方法もご紹介するので興味のある方はぜひご覧ください!

グロープロスリムはグロープロより汚れにくいが…

グロープロスリム喫煙

ワタシはこれまで過去4年以上グロープロシリーズを愛用しています。

しかし、グロープロって頻繁に掃除をしていないと、中にヤニ汚れがどんどん溜まって、スティックが差し込みにくくなったり、中折れしやすく買ったり、喫味が臭くなったりすることが頻繁にありました。。

その点、最新機種のグロープロスリムは、スティックの差し込み部分が改良されたようで、特に差込口のところにヤニが溜まりにくくなり、差しこみにくいトラブルは激減したように思います。

古いグローを使っている方は買い替えしても十分メリットは高いと思います。

しかし、基本的な加熱構造は変わっていないため、やはり掃除せずに使い続けていると、奥のほうまで刺さりづらくなったり、加熱ムラのせいか、蒸気の量が減ったり、喫味が変わったように感じたりします。

やはり定期的なクリーニングは欠かせないと思います。

公式でおすすめされているクリーニング方法と用意するもの

  • 専用クリーニングブラシ
  • テイッシュ
  • ウェットティッシュ

グロープロスリムクリーニングブラシ

基本的なクリーニング方法は、今までのグローシリーズと変わらず、付属している専用のクリーニングブラシを使ってクリーニングします。

購入時には本体に1本付属していますが、もし無くしてしまったり、古くなってしまった場合、公式サイトで製品登録をしていれば、無料で1本代替品のブラシを送ってくれるそうです。

くわしくはお客様相談室(0120-010-657)かグロー公式サイトに問い合わせてみてください。

製品登録をしていない場合は次のサイトで購入することができます。(以前は公式サイトでも売っていたのですが、最近はなぜか売っていません、、)

また、最近では100円均一でおなじみのセリアでも非公式品で互換ブラシが販売されています。

セリア100均クリーニングブラシ

公式品に比べ、柄の部分が長く、ブラシがこじんまりしているのですが、使い勝手はあまり変わりなかったです。

セリア100均クリーニングブラシ比較

また、掃除すると汚れが飛び散る場合があるので、始める前にはティッシュなどを敷いて行うことがオススメです。

1.上のカバーと下のフラップを開ける

グロープロスリム裏面

スティックを差し込むところにあるフタ、さらに底面にあるUSBプラグの側にある小さなフタ(フラップ)を指で開けます。

2.上の穴からクリーニングブラシを差し込んでこする

グロープロスリム上からブラシ

上からクリーニングブラシを曲げずに垂直差し込みます。

そのまま、リズミカルに5~10回ほど上下にこすってあげます。

ゆっくりこすってもあまり汚れはとれないので、少し早めにゴシゴシとこすった方が良いと思います。

3.下の穴からクリーニングブラシを差し込んでこする

グロープロスリム下からブラシ

次に下の穴にもクリーニングブラシを差し込んで同じように少し早めにゴシゴシこすります。

ただし、上の穴に比べて、下の穴はとても小さく、ブラシ自体が非常に差し込みにくいです。

無理にいれこもうとしてもブラシが曲がってしまうため、ゆっくり入れるようにしましょう。

グロープロスリムの汚れは上より奥に溜まることが圧倒的多いです。

ここも同じようにリズミカルにゴシゴシすれば、黒い燃えカスが出てきます。

グロープロスリムブラシ後

ワタシもやってみましたが、なかなかの大きさの燃えカスがでてきました。。

4.下のフラップ部分をティッシュで清掃

グロープロスリム底面をウェットティッシュで拭く

最後に下のフラップ部分には水分やヤニ汚れが貯まっているので、ティッシュなどを使って拭き取ります。

特にフラップの裏側は拭き取りにくいですが、かなり汚れがついていることが多いです。

ウェットティッシュなどを使うとさらに汚れが取りやすいです。

さらにキレイに近づけるお掃除方法

クリーニングブラシだけでのお掃除でも、ある程度の汚れやゴミはとれます。

しかし、ブラシでこするだけのため、スティックを入れる筒にへばりついた汚れや細かな燃えカスなどは落とすことができず、喫味もなにか焦げたような香りが残ることがあります。

そんなときはブラシにプラスアルファで、綿棒を用意してクリーニングすると、より細かな汚れを落とすことができます。

この方法は説明書には書いていませんが、グローの公式サポートでも乾いた綿棒を使って掃除する程度はOKと回答頂いています。

用意するのは普通の綿棒ではなく、赤ちゃんが使えるベビーサイズの綿棒が必要です。

普通の綿棒だと大きすぎ、下の穴に綿棒が入れづらいので、極力直径が細い綿棒を選ぶようにしましょう。

こちらもブラシと同じように上からゴシゴシと軽くこすります。

するとこのように綿棒が真っ黒になるので、汚れがつかなくなるまでお掃除します。

ワタシの場合、だいたい2本くらいは使っています。

同じように下の穴に綿棒を突っ込んでゴシゴシすることもできますが、綿棒の大きさによってはうまく刺さらない場合があります。

無理に差し込んでしまうと綿棒が中折れして取り出せないこともあるので、大きさが合わない場合は控えておきましょう。

100均ダイソーのお掃除用綿棒で掃除することも可能

乾いた綿棒でも十分汚れはとれますが、よりこだわるなら、エタノールを含ませた綿棒で掃除することも可能です。

実はグロー公式では、液体を含んだ綿棒で掃除することは、故障の原因になることからすすめられていません。

ただ、ワタシが何回か試した範囲では、特に不具合は起こらなかったので、あくまでも自己責任の範囲でお試しください。

自分で綿棒にエタノールを含ませても良いのですが、より簡単にすませるのであれば、100均ダイソーで販売中のお掃除用綿棒がオススメです。

グロープロスリムとお掃除綿棒

10本入り100円と比較的お買い得で、さらに、上の穴にも下の穴にも突っ込みやすい形状をしています。

セリアにも似たようなお掃除用綿棒が20本入100円で売っているのですが、アイコス用に形状が最適化されているため、特に下の穴がうまく掃除しにくいため、ダイソー製をおすすめします。

先ほどと同じように上の穴や下の穴をゴシゴシして、最後に乾いた綿棒で残った汚れやエタノールを拭き取りましょう。

グロープロスリムとお掃除綿棒掃除後

どれくらいの頻度でお掃除すればいい?

説明書では5回に1回の割合で掃除することが推奨されていますが、正直そんな速いペースで掃除することはかなり面倒くさいです(笑

特にグロープロスリムの汚れはスティック挿入口の奥に溜まりやすいです。

そのため、ワタシの場合掃除するタイミングはスティックの挿入口を覗くことで判断しています。

グロープロスリムきれいな状態

きれいな場合の状態で挿入口を覗くと、外の景色が見えますが、中が汚れているとゴミが詰まっているので、真っ暗になって先が見えません。

また、スティックが奥まで刺さりにくくなったり、挿入口から発せられるニオイが目立つときも掃除のタイミングだと思います。

クリーニングブラシは洗浄が必要、古くなったら別パーツで購入する

掃除したあとのクリーニングブラシには、汚れやニオイなどが移っているためそのまま置いておくととても臭いです。

ブラシは掃除終了後、水洗い、もしくは中性洗剤をつけて洗うことで汚れやニオイを落とすことができます。

ただ、何回も使っていると、毛羽の部分が擦り落ちて固まってしまうので、掃除しにくくなったら交換が必要です。

最初にご紹介した通り、もし無くしてしまったり、古くなってしまった場合、公式サイトで製品登録をしていれば、無料で1本代替品のブラシを送ってくれるそうです。

くわしくはお客様相談室(0120-010-657)かグロー公式サイトに問い合わせてみてください。

クリーニングブラシは、公式サイトでは現在販売されておらず、ネット上で単独パーツとして以下のところで販売されています。

まとめ

グロープロスリムのクリーニング方法についてご紹介しました。

今までの機種に比べて、メンテの手間は軽くなったものの、やはり定期的なお掃除は必要です。

ワタシも実感していますが、クリーニングすると、雑味が少なくなり、吸いごたえが戻ったような感じもするので、これまでおろそかにしていた方もぜひお掃除してみることをオススメします。

関連記事

こんにちは、リラゾの自称・加熱式たばこマイスター、パパ中西です!加熱式たばこ「グロー(glo)」には、太いスティックを使う「グローハイパー」と細いスティックを使う「グロープロ」の2種類があります。このうち、「グロープロ(gl[…]

グロープロ なくなる
グロープロスリム掃除
リラゾの最新情報はTwitterでお届けしています!ぜひフォローしてみてください!
  • follow