アイコスイルマワンの中折れ問題はこれで解決!外出時や最悪に詰まったときまでの対策方法

アイコスイルマワン 中折れ つまようじ

こんにちは、手先が不器用な自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです。

アイコスイルマワンを購入してからご機嫌に使っていますが、便利な半面、スティックの中折れする回数が多くなりました…。

ワタシは購入から2ヶ月ちょいで3回も中折れを経験しました。。

中折れした場合は、ピンセットや毛抜きでつまみ出すのが、ベストな対策方法です。

汚れることなくスムーズに抜き出すことができますが、でもそんなに都合よく持っていないですよね。

そこでこちらのページでは、アイコスイルマワンが、

  1. 外出時に中折れした場合の対策
  2. 最悪の中折れした場合の対策

を順番にご紹介していきます。

アイコスイルマワン 中折れ

こんな感じで、アイコスイルマワンを使っていてどうしようもない最悪の中折れした場合の対策方法もご紹介しているので、お困りの方の参考になれば幸いです。

アイコスイルマワンはスティックが中折れしやすくなっている

上記機種のアイコスイルマやプライムに比べて、アイコスイルマワンは確実に中折れしやすくなっています。

ワタシの場合、机から落としてしまうことがちょいちょいあるのですが、イルマでは折れることは少ないのに、イルマワンではほぼ確実に中折れします(汗

アイコスイルマワン 中折れ

アイコスイルマワンは20回連続で吸えるので便利なのですが、吸い終わった後、吸い殻をそのまま放置してしまいがちです。

吸い殻付きの本体を、机から落としたタイミングでほぼ確実に中折れしてしまうんですね…。(完全に自分が悪い)

イルマ/プライムだと、連続喫煙は2回までなので、マメに吸い殻を捨てていたので起こりにくかったんだと思います。

あとは、イルマのホルダーと比べて、イルマワンの方が本体が重く、圧力がスティックにかかりやすいため、折れやすい一因なのではと思います。

そのため、まずは1本ごとに吸い終わったらすぐに抜き取ることを徹底すると、少しは中折れを予防することができると思います。

ただ、落とす以外にも、スティックを抜き取るときも折れてしまうことがあるので、ここからは中折れしてしまった際の対策のご紹介します。

アイコスイルマワンでスティックが中折れした場合は指でまっすぐ抜き取る

アイコスイルマワン 中折れ

アイコスイルマワンの中折れにも、程度があります。

写真のような、スティックの先端が飛び出した状態で中折れしている場合は、指で丁寧にまっすぐ抜き取りましょう。

焦らず・慎重に・ゆっくりと、まっすぐに抜き取ることが重要ですよ!

次に、もう少し深い中折れになった時の対策方法を、ご紹介していきます。

基本的に、アイコスイルマワンで中折れした場合は「細くて丈夫なもので掻き出す」が基本対策になります。

自分が試したもので手元にありやすいものをご紹介していきます!

アイコスイルマワンで中折れした場合はクリップでかき出す

アイコスイルマワンで中折れした時に、手元にありやすくて、かつ取り出しやすかったのがクリップです。

アイコスイルマワン 中折れ クリップ

中折れした場合は、クリップの端っこを伸ばしてから、ス中折れしたスティックに突っ込んでそのまま取り出します。

アイコスイルマワン 中折れ クリップ

ただし、スティックの内部は精密な機械となっており、尖ったクリップで雑に掻き出すとアイコスイルマワン本体を傷つけてしまう場合があります。

特に、スティック差し込み口の壁面には当てずに慎重に取り出す必要があります。

クリップが手元にない場合は、こちらも試してみてください。

爪楊枝でもかき出すことができる

アイコスイルマワンで中折れした場合は、爪楊枝でも代用可能です。

クリップと同じく掻き出す使い方をしますが、爪楊枝を使う際のポイントがあるのでご紹介します。

アイコスイルマワン 中折れ つまようじ

爪楊枝の先端と持ち手部分は、掻き出す時に折れやすく、うまく取り出せないときがあります。

最初に両端を1cmづつ手で折ってから使うと、途中で折れにくくて掻き出しやすかったですよ!

スティックの真ん中に爪楊枝をつっこんでてこの原理で持ち上げる方法と、クリップのように掻き出す方法どちらかを試してみるのがいいでしょう。

爪楊枝だと、コンビニのお箸にも入っており手に入りやすいので、外出時の中折れにも対応しやすいですね。

ちなみに、ワタシも外出時に中折れしてしまったので、コンビニでおにぎり買ったついでにお箸をもらい、掻き出したことがあります(笑)

外出時にアイコスイルマワンが中折れした場合は細い木の枝でも対応可能

外出時にアイコスイルマワンが中折れし、クリップも爪楊枝も用意できない場合もあると思います。

その場合、その辺に転がっている木の枝でも、中折れしたスティックを除去することができます。

スティックの真ん中部分は穴が空いています。

それと同じ大きさくらいの木の枝を用意して同じように掻き出すことで中折れを解消できました。

アイコスイルマワン 中折れ 木の棒

こんな感じで、真ん中に突き刺し、そーっと引っ張って抜くことができました。

アイコスイルマワン 中折れ 木の棒

ただ、木の枝でも耐久力がなかったり、細すぎる棒を使うと途中で折れてしまうこともあり、ベストな方法ではありません。。

特に木の枝が折れてしまうと、より取り出しにくくなるので、注意も必要ですね。

にっちもさっちもどうしようもない時に、自己責任で試してみてください。

最悪に詰まった場合は細くて硬いもので根気よく掻き出す

先ほどの方法ではとれない、差し込み口の奥深くで、中折れしてしまった場合は、細くて硬い物で掻き出すしかありません。

スティック差し込み口の底に白いスティックが残っていますね…。

アイコスイルマワン 中折れ

もしここまでアイコスイルマワンの奥深くで中折れてしまったら、覚悟を決めましょう。

ペンの先や爪楊枝を駆使して、ほじくりだすしかありません。

ただ、なかなかとれないし、めちゃくちゃ汚れるので、ティッシュは敷いて行いましょう。

あとは、小さい子どもや動物を飼っている方は、たばこ葉がむちゃくちゃに散乱するので、入ってこれない部屋で作業をすることをおすすめします。

こんな感じで掻き出していると、たばこ葉、誘導体の鉄の板、フィルターがでてきて、最後にスティック先端のフタをしている筒状のパーツがでてきます。

これでようやく完了!

アイコスイルマワン 中折れ

中折れしても時間をかけてほじくり出せば、なんとかなりますが、公式に確認したところ注意点もあるようでした。

アイコス公式に確認した爪楊枝でかきだす際の注意点

中折れした際の注意点について公式に確認したところ、爪楊枝でかき出す際の注意点として、アイコスイルマワンのスティック差し込み口の底部には触れないようにとのことでした。

アイコス 掃除不要
ヒーティングチャンバーは、スティック差し込み口のことです。

最悪の中折れをした場合は、どうしても底部分に軽く触れてしまいますが…。

とにかく、底部分に触れないように気をつけて、中折れしたスティックをかき出しましょう。

このような方法で中折れ対策はできますが、「これ簡単でいい!」と思ったのが、リルハイブリッド についているスティックを使用する方法でした。

【要望】アイコスイルマワンが中折れした時リルハイブリッドスティックが一番抜き出しやすかった

これはアイコスに要望なのですが。

アイコスの兄弟ブランド「リルハイブリッド」購入時についてくるお掃除スティックが、中折れ対策には最高でした!

アイコスイルマワン 中折れ リルハイブリッド

こんな感じで先端に”かえし”がついているスティックで、スティック真ん中に突き刺し、そのままひっこぬくとすんなりと抜き出すことができました。

また、それで抜き取れなくても、このかえしの部分を利用して、中折れしたスティックを掻き出しやすかったです。

アイコスの兄弟ブランドだからこそ、中折れしやすいのを見越して、アイコスに同封されていると助かるなと思いました。

みなさんで声を上げて中折れ対策に導入してもらいましょう(笑)

まとめ

アイコスイルマワンが中折れした場合の対策方法と注意点についてご紹介しました。

中折れ対策としては、細くて硬い棒状のもので掻き出すもしくは、ひっぱりだす方法しかありません。

ただし、アイコス公式に確認したところ、ホルダーの底部分に触れないように気をつけましょう。

最悪底部分に触れて故障してしまう可能性もあるので、事前に製品登録をして保証期間を1年間に伸ばしておくことをオススメします。

関連記事

こんにちは、ランニングよりウォーキング派の自称・加熱式タバコマイスターパパ中西です。アイコスをなくす、落とす、さらには水没させる…、こんなことでアイコスを壊してしまうことってあると思います。あの時の絶望感はない…。し[…]

アイコス会員登録

アイコスイルマの中折れした場合の対策方法もこちらでまとめているので、よければチェックしてみてください。

関連記事

こんにちは、文房具屋が好きな自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです。アイコスイルマを吸っているとたまーにこんな感じで、スティックが中折れして詰まってしまうことってありませんか?イルマのスティックを入れると[…]

アイコスイルマ 中折れ
アイコスイルマワン 中折れ つまようじ
リラゾの最新情報はTwitterでお届けしています!ぜひフォローしてみてください!
  • follow