プルームXの使い方総まとめ!LED点滅の意味やブルートゥース連携方法も!

プルームX 使い方

こんにちは。日焼けが苦手な自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです。

JTの加熱式タバコの新デバイス「プルームX」。

加熱方式や加熱温度がアップしたことで、吸いごたえがかなりアップしたと同時に、その使い方も洗練された仕様にまとめられています。

大きなポイントは独立した「ボタン」がなくなり、操作系や表示系はすべてこのフロントパネルを通じて行うこと。

プルームX加熱中
親指を添えている部分がボタンになっています。

基本、フロントパネルの真ん中を指で押すとカチカチと押すことですべての操作を行います。

使い慣れると簡単ですが、わかりやすいボタンや表示がまったくないため、最初の使い方に悩む方もいるかと思います。

そこでこのページでは、

  • プルームXの基本的な使い方
  • プルームXを一番最初に使う際の注意点
  • 充電方法
  • フロントパネルのLEDライトの種類と意味
  • ブルートゥース連携の使い方

をご紹介します。

販売日からプルームXを吸い倒してわかったちょっとした気をつけた方がいいポイントもご紹介するので、これらを意識して使ってみてください!

プルームXの味わいや吸いごたえについてはこちらでまとめています!

関連記事

こんにちは、パパ中西@リラゾです!7月26日にJTから加熱式タバコの新デバイス「プルームX(ploomX)」が公式サイト限定で先行発売されました!新しいものには果敢にチャレンジしたいパパ中西は、発売日に早速購入!対応[…]

プルームX

プルームXを一番最初に使うときはまず充電をする!

プルームXを購入して一番最初に使うとき、まずは充電をする必要があります。

プルームX 使い方

他の加熱式タバコを買うと1本くらいは吸えるもんですが、プルームXは全く電池が空の状態で届けられるのでスティックを指してもうんともすんとも言いません。

プルームX本体とスティクを意気揚々と用意してもすぐに吸えずにガッカリする人もいるでしょう…。

ただ、故障ではないのでご安心を!

とりあえず、1本だけ吸うためには5~10分ほど充電すれば十分喫煙可能ですよ!

プルームXの充電方法。LEDライトで充電状況を判断可能

プルームX購入時に同梱されているUSBケーブルをつないで充電します。

プルームXにUSB電源差し込む

プルームXになりACアダプターは同梱されなくなりましたが、USB対応のACアダプターは対応しています。

私はいつも繋いでいるグローのACアダプターを介して充電してみましたが、問題なく充電できましたよ!

ノートPCのUSBポートに繋いでも充電できましたし、他のUSBケーブルでもtypeCなら使うことができます。

充電中は、LEDがゆっくり点滅します。

プルームX 使い方

充電量に合わせてライトがどんどんと長くなっていくので、残りどれくらい充電するべきかもなんとなくわかりますよ!

プルームXの充電時間は、140分でMAX充電で23本分、約110分の充電で約20本分使用できます。

ちなみに満タンにならなくてももちろん喫煙可能。

ケーブルを繋いで充電しながら吸うことはできませんのでご注意ください。

充電完了後、いよいよ吸うことができるので、基本的な使い方からご紹介していきます!

プルームXの基本的な使い方

プルームXにはボタンがなく、上面をスライドさせてスティックを差し込んで使います。

基本的な使い方の流れを整理すると、

  1. スライドカバーを開けてスティックを差し込む
  2. フロントパネルを長押し
  3. LEDの表示を確認して喫煙

となります。

1:スライドカバーを開けてスティックを入れる

本体上面がスライドカバーになっているので、開けて挿入口にスティックを入れます。

プルームXスライドカバー

スライドパネルを開けると、まずフロントパネルのLEDライトが点灯します。

プルームX充電中

LEDライトの長さでざっくりとした本体のバッテリー残量がわかるようになっています。

「電池残量が少ないと3回点滅」、「1本も吸えないほど電池残量が減っているとチカチカと早くライトが点滅」するので、充電が必要です。

スティックを差し込む際ですが、スティックのラインが隠れない程度に差し込みます。

プルームX 使い方

差し込み過ぎても浅過ぎても吸いごたえが変わるため、このラインを覚えておきましょう。

スティックを差し込んだあとは、フロントパネルのボタンを押して加熱します。

2:フロントパネル長押しで加熱する

本体真ん中(LEDライトの真下)のボタンエリアを1秒以上長押しすると加熱が開始します。

プルームX本体の真ん中を長めに1秒ほど押すとブーっと振動して加熱スタートです。

最初表示されるLEDライトは短いですが、加熱時間と共に伸びていきMAXまで伸びたら(25秒経ったら)加熱完了。

加熱完了と共に「ブッ、ブッ」と強めな振動が起こり、LEDが常時点灯、吸ってOKの合図となります!

ちなみに、加熱中に「やっぱり吸うのやめたい」となった場合は、スティックを引っこ抜いてスライドカバーを閉じれば自動的に電源が切れますよ!

3:LEDを確認しながら喫煙

プルームXは1回の加熱で5分間何パフでも喫煙可能です。

プルームSは1回の加熱で4分30秒間14パフまでだったので、喫煙回数も時間もグレードアップしていますね!

実際に吸ってみての率直な感想は、かなり高い満足感を味わえます!

ワタシは、結構速いペースで吸ってしまうので、14パフだと実際の喫煙時間が2~3分で終わってしまい、短くて物足りない感じなんですよね…。

5分間時間いっぱい吸っていると、他加熱式デバイスの倍近く吸っているような感じになり、充足感が満たされましたね!

5分間の喫煙時間は、フロントパネルのLEDライトで表示されます。

プルームX 使い方

最初はMAXまでLEDライトが光っていますが、吸っていると徐々にこのライトが短くなっていきます。

4分40秒付近になると、「ブーー」と長めに振動、LEDのバーが点滅し、5分きっかりでまた「ブッ」と鳴って喫煙終了です。

このように、わかりやすいボタンはなくとも、実際の操作にはなんの不都合もなく、かなりシンプルな使い方となっていますよ!

次に、プルームXを吸っていて気づいた気を付けるポイントもあるので、そちらもご紹介します。

スティックが浮かないように時々底へ押さえながら吸う

プルームXを吸っていると、時々スティックが唇にくっついて底から浮いてきてしまいます。

プルームXスティック差し込む

スティックと差し込み口に少しだけ遊びがありますし、かつ、アイコスのようにかちっとホールドするわけでないので、吸っている途中に浮いてくるようになります。

これに気づかずスティックが浮き上がった状態で吸っていると、たちまち蒸気量が減って吸いごたえが減ってしまいます。

吸いながらこまめにスティックを押し込むと防ぐことができますよ!

フロントパネルのLEDライトの種類と意味

プルームXのフロントパネルにはLEDライトが搭載されていて、さまざまなアクションに連動して点滅や点灯をします。

プルームXのアクションに合わせてアクションがあるので、ここまで記載した内容も含めて改めてまとめてご紹介します。

スライドカバーを開けた時

バッテリー残量分LEDライトが点滅

  • 電池残量が少ない:3回点滅
  • 1本も吸えない:チカチカと早く点滅

スティック加熱時

フロントパネルを1秒間クリック後、25秒間LEDが点滅

加熱時間と共にLEDライトが伸びていきMAXまで伸びたら(25秒経ったら)加熱完了

喫煙時

喫煙時間の5分間LEDライトが点灯

徐々にライトが短くなっていき残り20秒で本体が「ブーー」っと振動しLEDライトが点滅

5分経つと「ブッブッ」とデバイスが振動してLEDライトが消えて終了

充電中

ライトが点滅

充電量に合わせてライトが長くなっていく

ライトが9回点灯

温度異常に伴うアラート。
温度状態が正常になれば解消されます。

ブルートゥース連携の使い方

プルームXをBluetooth連携すると、できることは3つあります。

  1. 細かい充電量の把握
  2. デバイスロック
  3. デバイスの位置情報確認

実際のBluetooth連携画面はこんな感じで、この3つが携帯で確認できるようになります。

プルームX ブルートゥース

連携方法ですが、プルームXクラブに入会し「デバイス」→「Bluetoothで連携」をタップします。

プルームX本体と携帯電話を近づけてから、プルームX本体の真ん中を3回カチカチカチと押したあと4回目はカチと押しっぱなしにして3秒間キープします。

すると、ペアリングのポップアップが出てきて接続完了です!

プルームX ブルートゥース

こちらのページで画像付きで全工程をご紹介しているので、Bluetooth連携をやってみたい方は参考にご覧ください。

関連記事

こんにちは、新しいモノには目が無い自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです。7月26日に公式サイト限定で先行発売された「プルームX(ploomX)」!早速毎日スパスパと吸い倒していますが、加熱温度も加熱方法も代わり[…]

プルームX ブルートゥース

プルームXのクリーニング方法

加熱式タバコは一般的に、使えば使うほどスティックを加熱する部分が汚れてきます。

IQOSやグローなどの加熱式タバコは、スティックの挿入部分に燃えカスやヤニなどが溜まって汚れ、20本に一回の割合でのお掃除が推奨されているものが多いです。

ただ、プルームXは、頻繁にクリーニングする必要がありません。

実際買ってから既に数箱吸っているのですが、掃除してみても、汚れ自体がついていないことも多いです。

説明書にも書いてありますが、よほどごみや汚れが気になる場合にクリーニングするだけで大丈夫です。

1日1箱吸っていてもおそらく1ヶ月に1度くらいのお掃除で問題ないのではないでしょうか?

クリーニング方法は同梱されている、「クリーニングクロス」と「クリーニングスティック」を使います。

プルームX 使い方

クロスは本体の手垢汚れを落とす用で直接加熱部分を掃除するものではありません、

加熱する部分はクリーニングスティックを使ってお掃除します。

先っぽがアルコールなどで湿っている感はなく、細長い綿棒のような形をしています。

プルームX本体のクリーニング方法

クロスは本体を拭く用の布で、よくあるメガネ拭きと同じ素材です。

プルームXは、フロントパネル側と裏側が全く異なる素材ですが、フロントパネル側は指紋がかなりつきやすいです。

気になったタイミングでこのクロスで拭くとかなり綺麗に指紋がなくなりますよ!

プルームXスティック挿入口のクリーニング方法

プルームXクリーニングスティック

実際、どれくらい汚れるのか、1箱分にあたるスティック20本を吸ったところで付属のクリーニングブラシを使って掃除してみました。

スティックの挿入口にブラシを入れ、底から側面を全体的に丹念にゴシゴシしてみます。

プルームX掃除後

結果といえば、先っぽの方にわずかに汚れがついた以外はほぼなにも汚れがつきません。

他のデバイスなら20本で真っ黒になることはザラなのに…。

とはいえ、100本,200本と吸っていけば汚れもついてくると思うので、気がついたタイミングで耳掃除みたいにこちょこちょやってみるといいですよ!

汚れがつきにくく、メンテナンス性が容易なのは、使い続けていく上で十分なメリットといえますよ!

まとめ

プルームXの使い方についてまとめてみました。

アナログおじさんのパパ中西的には、ボタンの無いおしゃれすぎる本体をみた瞬間「うまく使いこなせるか不安」でした。

ただ、それは最初だけで、説明書をみながら1回だけ使うともう余裕!

充電量や1本の喫煙時間がわかるLEDライトはあると便利だし、こまめにクリーニングしなくていいのもいいですね!

ブルートゥース連動だけはまだうまく使いこなせている気がしないというか、そもそも「これ便利なの?」という感じですが…。

吸いごたえも格段にUPしたプルームXはスティックも進化してどれもかなり美味しくなっていますよ!

全12種類のスティックの吸いごたえもまとめているので、スティック選びの参考にしてみてください!

関連記事

こんにちは、お笑い大好きな自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです。加熱式タバコの新デバイスploomX(プルームエックス)の発売に先行して、共用するPloom S(プルーム・エス)用タバコスティック合計9種類がリニューア[…]

プルームX全種類スティック
関連記事

こんにちは、布団は毎日干したい自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです。加熱式タバコの新デバイスploomX(プルームエックス)の発売に先行して、共用するploom S(プルーム・エス)用タバコスティックが2021年6月1[…]

プルームXメンソールスティック
プルームX 使い方
リラゾの最新情報はTwitterでお届けしています!ぜひフォローしてみてください!
  • follow