【新発売】グローハイパープラスユニークを吸ってみた感想。吸いごたえは変わらないけど、どんな人が買えばオススメ?

こんにちは、寒すぎてベランダでタバコを吸うのがきつくなってきた自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです。

毎年グローは年始早々にビックニュースをぶつけてくることが多いのですが、今年も1/10に新機種「グローハイパープラスユニーク(glo Hyper+ UNIQ)」が突如発売されることがアナウンスされました!

とはいってもまったく新しいスペックではなく、基本は「グローハイパープラス」と同じ、唯一サイドパネルが交換できるのが特徴です。

発売日に早速注文して2日後には到着!

グローハイパープラスユニーク

それから約3日間実際に吸い倒してみた評価や、どんな人が買えばオススメなのかレビューしてみましたので気になる方はご覧ください!

従来機種とグローハイパープラスユニークとの違い

従来機種「グローハイパープラス」との違いはデザイン面です。

今までは、サイドパネルを取り外すことができませんでしたが、このユニークでは手動で取り外して、いつでも取り替えられます!

グローハイパープラスユニーク

購入時に2種類のサイドパネルが付いているので、好きなタイミングで変えることができます。

カラーバリエーションは、

  1. マホガニー・アンド・ブラック・セット(カーボン・ブラック/ファイン・マホガニー)
  2. ブラック・アンド・ブラック・セット(カーボン・ブラック/ブラック・クローム)

の2種類。

数量限定で発売されます。

カーボンブラックは、高級感のある新素材で今までのグローハイパープラスの質感とはまた違った雰囲気を楽しむことができます。

グローハイパープラスユニークのスペックと価格

glo Hyper+ UNIQの基本スペックは従来機種のグローハイパープラスと全く同じです。

グローハイパープラスユニーク
型番G403
使用するスティック太いスティック
加熱温度スタンダード:250℃
ブーストモード:270℃
選べるカラー数2種類
大きさ高さ83mm
横幅46mm
奥行き22mm
重さ約114g

使用するスティック、加熱温度、本体の大きさは全く変わらず、型番さえも従来品と同じです。

重さが3g重くなったのと、サイドパネルを取り外せて交換できることが表面スペック上、唯一の違いです。

ただし、定価は980円。

グローハイパープラスの現在価格は480円+送料なので、それより500円高くなっています。

購入できるところはどこ?

glo Hyper+ UNIQは、数量限定の商品で、販売店は限定されています。

  • 全国のgloストアとgloスポット(一部タバコ店)
  • glo公式オンラインショップ

コンビニでは現在発売予定はありません。

glo公式サイトへ

関連記事

こんにちは、自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです!コンビニでも購入できる加熱式タバコのglo(グロー)はコンビニやキャンペーンによって割安で購入できることがあります。そこでこのページでは、 コンビニで[…]

グロー コンビニ

外箱を開封~本体と内容物は?

ワタシは、赤の発色が良さそうに思えたマホガニー・アンド・ブラック・セットをチョイスしました。

外箱にはこのようにサイドパネルの色が表示されています。

コンパクトな外箱を開けてみると、本体と鮮やかなサイドパネルがお目見え。

本体の下には付属品が入った小箱が収納されており、開けてみるとこのようなものが入っていました。

  • グローハイパープラスユニーク本体
  • サイドパネル
  • USBケーブル(Type C) 50cm
  • クリーニングブラシ
  • 多言語対応の説明書

従来機であるグローハイパープラスと同じ内容物です。

クリーニングブラシが本体カラーに合わせてカーボンブラックになっているなど、色彩の統一が図られています。

本体の手触り感が変わり、滑りにくい素材に。

購入時には「カーボンブラック」のサイドパネルがあらかじめ装着されています。

サイドパネルの交換が大きな違いですが、実物を触ってみると本体の質感も変わっていました。

手持ちの「グローハイパープラス」と比較してみます。

従来機「グローハイパープラス」は本体がサラサラとしたメタル素材に対して、ユニークは少しぬめり感のあるマットな素材。

細いスティックを使う「グロープロ」と似たような手触り感で、手が乾燥していても滑りにくく、手へのフィット感が少し高い特徴があります。

裏面は各種マークのプリントがなくなり、スッキリした印象に。

ブラックカーボンのサイドパネルは、格子状の凸凹が特徴的なデザインでラバー素材を使っているように思いますが、触った感じは本体よりも固く、ザラザラしています。

従来機のメタリックなサイドパネルとは明らかに違う手触りですが、この凸凹がさらにグリップ感の向上に一役買っているように思います。

サイドパネルの交換方法

次に、一番の変更点であるサイドパネルの交換をしてみます!

簡単な図解の説明書が同梱されており、3ステップで交換できます。

1.サイドカバーを上に引き上げる

ここは少しコツがいるかも。

下からグッと引き上げるのですが、思ったより固く、下側から爪を立てて力を入れないとうまく上にスライドできません。

カチッというところまでそのまま上に引き上げます。

2.サイドカバーを取り外す

そのまま手前に引き上げると簡単に外れます。

中には背面で削除されていた各種マークがここにプリントされており、余計なデザインが目立つことがありません。

サイドパネルの裏面は薄いプラスティック素材で、踏みつけるとすぐに割れそうなので気をつけましょう(笑

3.新しいサイドパネルを取り付ける

最後は逆の手順で新しいサイドパネルを上から下にスライドさせると装着完了です。

渋い色合いながらも、グッと上品で華やかな印象になりました。

付属しているサイドパネルはこの2種類ですが、サイドパネル単品では現在発売されていません。

将来的にオプションとしてサイドパネルの種類が増えてくると、交換する楽しみが間違いなく増えますね。

スティックの挿入口の形状も特に変わらず、とりあえず1本吸ってみます。

吸ってみた感想

最近お気に入りの「ラッキーストライク・ダーク」を使って早速吸ってみました。

使用方法も全く同じで、

  1. スティックを挿入する
  2. 真ん中のボタンを3秒長押して点火を始める
  3. 約20秒後にバイブが振動して喫煙開始

となります。

一応従来機と吸い比べてみましたが、当たり前というか、吸いごたえはほとんど変わりません。

ただ、新品で吸うとやはり汚れが付着してないクリーンな状態であるせいか、同じスティックでもどことなく香りや味わいが濃厚でわずかにキック感も高いように思いました。

年月が経つと同じようになってくるかもしれませんが、グローのヤニ汚れはメンテナンスしても完全に取り切ることはできないので、使い込んでいる方は買い替えしても良いかもしれませんね。

グローハイパープラスユニークで使えるスティックは現在22種類。どんなスティックがあるのかはこちらをご覧ください。

関連記事

こんにちは、ビールは1日2杯までと決めている自称・加熱式タバコマイスターのパパ中西@リラゾです。2022年現在販売されているグローハイパー&グローハイパープラス用のスティックは全22種類です。さかのぼること2021年は続々と[…]

グローハイパープラスユニークのデメリット

これは従来機と同じ問題なのですが、やはり充電時間が長い!

満充電まで3.5時間(210分)は加熱式タバコデバイス中最長の長さです。

実はグローハイパープラスの初期ロットは90分だったのが、途中でスペックダウンしてしまった経緯があります。

外出までに充電を忘れた時などはなかなか充電できず困ったことになる場合もあるので、今後の製品改良で短くしてほしいですね。

グローハイパープラスユニークは現在キャンペーン中。スティック無料+プレキャン参加可能

グロー キャンペーン

「グローハイパープラスユニーク」ですが、現在キャンペーンが実施されています!

  • サンプルタバコ1箱プレゼント
  • オリジナルスティッカープレゼント
  • 最大15,000円分のEJOICAセレクトギフトが当たるプレゼント抽選

この3大特典がつくキャンペーンは2/7まで実施されています。

もらえるアイテムはこんな感じ。

グロー キャンペーン

従来機との価格差はスティック分で埋められるので、買うならキャンペーン期間中がオトクですね。

抽選キャンペーンもAmazonギフト券やnanacoなどの商品券に交換する事ができるギフトです。

購入後、別途抽選に応募すると参加できます!

キャンペーンの詳細はこちら

まとめ~グローハイパープラスユニークはどんな人が買えばオススメ?

アイコスでもプルームでもカラーチェンジできるアクセサリーが揃っている中、ようやくグローでも気軽に着せ替えできるデバイスが登場しました。

まだ本体のみ発売のため、今後のサイドパネルのバリエーションの発売に期待ですが、将来的にカラーチェンジを楽しみたい方は買って損はないアイテムです。

細かなところでいえば手が乾燥していて、ツルッと滑って落としやすい方にもオススメできます。

サラサラな質感の従来機に比べてグローハイパープラスユニークはマットな素材を使った表面なので、滑りにくく、手にグリップしやすい質感になっています。

ブラックのサイドパネルなら表面が凸凹しているのでさらにグリップ感が高い!

冬場に手袋とかつけて吸うときにも良いかもしれません。

ただ、もともとグローハイパープラスは、本体注文時に自分の好きなカラーが選べるので、初期設定のカラーでも十分という方にはあまりメリットのない機種です。

スペック的にはほとんど同じなので、カラーにこだわりがないならば、500円安い従来機でも問題はないと思います!

グローハイパープラスユニーク公式サイトへ

関連記事

こんにちは、プレゼントには目が無い自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです!グローは、IQOSやプルームXなどのライバル機と比べると、多くのキャンペーンを展開していて、しかも本体価格が定価で980円と安い![sit[…]

グロー 無料配布 キャンペーン
リラゾの最新情報はTwitterでお届けしています!ぜひフォローしてみてください!
  • follow