グロープロ(glo pro)を2年間吸い倒してわかった評価。本当に”イケてる”加熱式タバコ?

BATの加熱式タバコブランド「グロー」の本体デバイス「グロープロ(glo pro)」が発売されて、1年以上経過しました。

スティックが太くなったグローハイパーのほうが最近は推されていますが、長年の実績がある細いスティックを使うグロープロもまだまだ根強い人気があるモデル。

このワタシパパ中西も発売当初からコンビニで即購入(笑

同じく使ってから2年以上経過しているので、長年の愛用者の立場からどんな加熱式タバコのなのか、いいところも悪いところも含めてご紹介したいと思います!

また、グロープロと同じ細いスティックを使う「グロープロスリム」が2021年9月に発売されました。

使い勝手の面ではこちらもオススメなので、参考にしてみてください!

関連記事

こんにちは、自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです!細いスティックを使うグロープロの新機種「グロープロスリム」は2021年9月16日に発売されました。ワタシは発売告知後早速購入!注文して2日後の18日に到着しまし[…]

グロープロスリム
目次

そもそもグロー(glo)シリーズとは?

グロープロ

グローは、ラッキーストライクやケントなどの紙巻きタバコでおなじみ、アメリカン・ブリティッシュ・タバコ(BAT)の加熱式タバコのブランドです。

タバコスティックを入れた筒全体を加熱して蒸気を発生させる方式で、先行者であるアイコスや、プルーム・テックとは加熱方式が異なります。

また、バッテリーと加熱部分が一体化しており、持ち運びやメンテナンスが容易なことも特徴です。

本体の形はあまり変わっていませんが、中身は何回か変更が行われています。

初号機である”glo”(型番:G001)から4回に渡ってバッテリー容量の増加や加熱温度の変更などスペックアップが図られています。

そして現在発売されているglo pro(型番:G200)には、新機能の追加や使い勝手の向上など、ほぼバージョンアップといってもいい機能変更がされています。

昔からgloを愛用している方にとっても乗り換えは全然アリだと思います!

グロープロとグローハイパーとの違い

グロープロとグローハイパーの大きな違いは、使うスティックの細さと太さです。

グロープロが直径が細い「スリムスティック」を使うのに対して、グローハイパーはタバコ葉が30%増量された「太いスティック」を使用します。

吸いごたえの面ではタバコ葉が多いグローハイパーのほうが高く感じることができ、グロープロはどちらかといえばマイルドな吸いごたえです。

反面、ニオイの面ではグロープロの方が少なく感じることができます。

関連記事

こんにちは、自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです!加熱式タバコの特徴のひとつに、紙巻きタバコに比べて匂いが少なく、周りにも気づかれにくいメリットがあります。そんな加熱式タバコのブランドの一つ「グロー(glo)」[…]

グローにおい

同じブランドながら使うスティックが違うため、グロープロとグローハイパーには互換性はありません。

グローハイパーについてくわしく知りたい方はコチラをご覧ください。

関連記事

こんにちは、除菌と抗菌を徹底する自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです。2020年9月に480円のキャンペーンでグローハイパーを手に入れてから、今も吸い続けています。[caption id="attachment[…]

グローハイパー本体

グロープロ(glo pro)の価格

グロープロ1980円

グロープロは、購入先によって価格が異なります。

  • グロー公式オンラインストアでのオンライン購入…980円(別途送料570円)
  • コンビニエンスストア…1,980円

2021年3月まではどこで買っても定価2,980円だったのですが、4月から突如大幅値下げ!

コンビニで買うと割高に見えるんですが、公式サイトで購入した場合、送料合計で1,550円となるのでそこまで大きな価格差はありません。

すぐに欲しい方はコンビニで購入しても大きな損にはならないと思います。

グロープロは、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートの3大コンビニをはじめ、中小のコンビニでも販売しています。

グロープロ(glo pro)の主な特徴

加熱方式がIHになって加熱時間が短くなった

IH加熱の構造

それまでのモデルと大きく異なるのが、蒸気を発生させるための加熱方式。

それまでのタイプはスティックが入った円形の筒を周りからヒーターで温めていました。

しかし、グロープロは、画像にあるぐるぐる巻かれたコイルに電流を流して金属を自己発熱させるIH方式に。(IHの炊飯器と原理は一緒ですね)

加熱温度はそのままの240℃ですが、今まで30秒かかっていた加熱時間が20秒に大幅短縮。

この10秒の差はとにかく大きい!特に初代モデルなんて40秒かかっていましたから、それからすると約半分で吸えるのは大きなメリット。

さらに喫煙時間も30秒増えて3分40秒になったので吸いごたえの部分でも機能性が大幅にアップしています。

古いgloから乗り換えると吸いごたえが明らかに変わったことが体感できますよ。

ブーストモード搭載で吸いごたえもアップ!

ブーストモード

加熱式タバコは、加熱温度を上げれば上げるほど、より紙巻きタバコに近い吸いごたえになります。

もっと紙巻きのような吸いごたえがほしい…という声に応えるためか、グロープロでは通常の240℃より高い280℃で加熱するブーストモードを搭載。

喫煙時間は3分に短縮されますが、加熱時間も10秒と半分になり、できるだけ早く吸いたいときにも早く吸うことができますね!

わずかにコンパクト&軽量化…でもあなどれない!

グロープロ手持ち

個人的になにげに良ポイントと思ったのが、全体のサイズがコンパクトになったこと。

  • 重量 102g→98g(4g減)
  • サイズ 縦が2mm減

ほとんど誤差…と思うかもしれませんが、実際に使い続けていると、予想以上に軽く感じますし、またズボンのポケットにもはみ出さず入れやすくなったりと、取り回しが明らかに変わりました。

より丸みを帯びたデザインにもなっていてゴツゴツしていないので、使い勝手のデザイン性にもこだわっていると思います。

では、どんなアイテムなのか紹介していきます!

glo proの内容物

  • 本体
  • ACプラグ
  • USBチャージャー(type C)
  • クリーニングブラシ

本体と充電に使うUSBケーブルとACプラグ、毎日のメンテに使うクリーニングブラシがセットされています。

USB端子ははtype Cのプラグなので、昔からのA,Bタイプでは流用できないので注意しましょう。

グロープロの基本的な使い方

使い方は他の加熱式タバコと比べ非常にシンプルです。

1.使用前に充電する

約3時間半(210分)ほどで満充電になります。

発売当初のモデル(型番:G200)は充電時間は90分だったのですが、現在販売しているモデル(型番:G203)は210分となぜか長くなってしまいました。。

ただ、充電途中でも吸うことができますし、とりあえず1本だけ吸いたい場合は5分ほどの充電で吸えるようになります。

充電状況は25%ごとに4段階でランプで表示されます。

2.スティックを入れる

本体上部にある差し込み穴に入れます。底に軽く当たるくらいで良く、強く押し込むと中折れするので気をつけましょう。

3.正面真ん中にあるボタンをモードに合わせて押す

通常モードで吸いたい場合は3秒ほど、ブーストモードは5秒ほど長押し続けるとブルッと震えて加熱がスタートします。

そして通常モードで20秒、ブーストモードは10秒経過するとブルッブルッと2回振動して吸い始めることができます。

グロープロで使えるスティック

グロープロ全種類

グロープロ用のネオスティックは、2021年現在紙巻タバコでもおなじみのブランド「ケント」8種類とグロー専用ブランド「ネオ」3種類の合計11種類が発売されています。

大まかに、「レギュラー系」「メンソール系」「フレーバー系」の3つのタイプに分けることができます。

  • レギュラー:3種類
  • メンソール:4種類
  • フレーバーメンソール:4種類
関連記事

こんにちは、自称加熱式タバコマイスターのパパ中西です。ワタシはグロープロをメイン機に愛用しているのですが、コンビニに行くと、壁一面にずらりとスティックが並んでいますよね。毎回買う前に「今自分が吸っているスティックがベストなの[…]

グロープロ全種類

ここではレギュラー、メンソールの2タイプでそれぞれどのような吸い心地なのか、試してみます。

レギュラースティックの吸いごたえは?

もっともスタンダードなレギュラーで、かつ価格も安い「ケント・ネオスティックリッチ・タバコ・エックス」でさっそくスパスパ。

加熱式の弱点は吸う前に加熱時間が必要なことですが、20秒だと体感的には全然待てる時間。

紙巻きからの以降の人もそこまで苦に思わないのではないでしょうか?

IHで加熱しているせいからか、吸っている間はチリチリとごくわずかな音がほのかに聞こえてきます。

正直加熱温度は以前のモデルと同じなので、吸いごたえはそれほど変わらないです。

しかし、喫煙時間が30秒伸びたのは大きい!

以前だともうちょっと吸いたいのにな…と思ったことが多かったけど、4分程度なら必要にして十分ですね!

現在発売されているレギュラースティックを全部吸ってこちらでレビューしています。

どのスティックを選べばよいか迷っている方はこちらをご覧ください。

あわせて読みたい

こんにちは、チョコレートとコーヒーの組み合わせが大好きなパパ中西です。グロープロ(細いスティック)を吸っている人の中で、「もっと紙巻きタバコっぽいのないかな…」と考えている人もいると思います。紙巻きたばこと比較すると、グロー[…]

レギュラーランキング

ブーストモードで吸ってみると…

最初こそ変わらないんですが、2パフ目、3パフ目と吸っていくごとにタバコ独特のキック感が少し増しているように思います。

香りや蒸気の厚みもアップしていて、全体的に吸いごたえが上がった感じはしますが、劇的な変化までとはいきません。

全体的に加熱温度が上がった分匂いも増えますし、どことなく苦味や雑味も多い感じがするので、いつもブーストで吸うよりかは通常モードと使い分けて吸うほうが楽しめますね。

メンソールやフレーバータイプの吸いごたえは?

すべてのスティックを使って吸ってみましたが、全体的にメンソール感はかなり強いです!

慣れてないと余裕でむせるものもあったり、マイルドと書いてあるのにそこそこ強かったりと、モノによっては覚悟して吸ってみることをおすすめします。

ただ、ブーストモードの場合だと変な雑味が増えたり、味わい自体が変わってしまったりと、スティックの種類によって良し悪しがかなり変わってきますね。

私が個人的に選ぶとするならば、ネオブーストロイヤルはベリーの味がかなり濃厚かつ、メンソールのインパクトもそれなりに強く、総合的な吸いごたえが高いスティックだと思います。

以下のページではメンソールの強さ別にスティックをランキングしています!

どのスティックを選べばよいか迷っている方はこちらをご覧ください。

あわせて読みたい

こんにちは、収集癖がどんどん加速している自称・加熱式タバコマイスターのパパ中西です。細いスティックを使うグロープロでメンソールを愛用中の方&これからメンソールを吸ってみたいと思っている方!コンビニで買おうと思っても、[…]

メンソールランキング

グロープロを2年間使って良かったところを評価

そこそこ吸いごたえがあり、紙巻きから移行がしやすい

やはりタバコで一番に重視したいことといえば、吸いごたえだと思います。

私も以前はメビウススーパーライトを吸っていたので、少なくともキック感などは紙巻きと同じくらいあったらいいなと思っていました。

グロープロは同じとはいえないものの、少しライトになった感じで、キック感などはそこそこ感じることができ、紙巻きからの移行に成功しました。

さすがにアイコスには及ばないですが、プルームテックプラスやプルームSに比べると吸いごたえは段違いだと思います。

ただ、スティックの種類によって吸いごたえには差があり、紙巻きと似たような吸いごたえを求めるならば、「リッチ・タバコ・エックス」かNeoシリーズを選ぶことが必要です。

アイコスやグローハイパーのように強すぎない

ひとことで吸いごたえといっても、その感覚は人それぞれ。

アイコスやグローハイパーはより紙巻きに近づけるがごとく、キック感やタバコ感がより強い味わいにシフトしていますが、ワタシは強ければ強いほど良いとは思いません。

適度なタバコ感は欲しいけれど、吸いごたえはほどほどマイルドで良いと考えているので、他と比べて吸いごたえが弱くても、この味がやめられず、グロープロを一番使ってしまっています(笑

同じように強すぎる加熱式タバコは合わない…と考えている方には一度吸ってみてもらいたいですね。

周りへのニオイやヤニ汚れが目立たない

加熱して蒸気を出す方式だと、燃やした煙を吸っているわけではないのでニオイやヤニ汚れが激減します。

グローの広告では有害物質90%カットと書いてありますが、体感的にも紙巻たばこの弊害は減っている感じがしますね。

特にニオイは吸った後こそ多少あるものの、数分で霧消していくので、私の場合家族からクサイと苦情されることが激減しました(笑

ただ、メンソール系のスティックによっては香料によるニオイは多少残りやすいかなと思います。

同じように歯につきやすかったヤニ汚れも激減。以前はたまにホワイントニング歯磨きとか使っていましたが、最近は目立たなくなりましたね。

関連記事

こんにちは、快適な場所でタバコは吸いたい自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです!スモーカーのみなさまはいつも加熱式タバコをどこで吸っていますか?アイコス、プルームS、グローを使いまわしているあくまでも自称加熱式た[…]

グロープロを使い倒して改善してほしいと思うところ

スティックによって辛みや苦味を感じる場合がある

グローのスティックには燃やさずともタバコの味わいを出すために、さまざまな香料成分が添加されているように思います。

その弊害からか、スティックによっては唐辛子のようなピリピリとした辛みや独特の苦味を感じる場合があります。

吸った後にノドがイガイガしやすくなったり、後味が悪くなったりと人によっては吸い心地が悪いと感じるかもしれません。

できれば自分の口にあったスティック選びにこだわりたいところですね。

使いにくくなったり、故障リスクがある

グローを使い続けていくと、

  • スティックが中折れして吸ったあとに取り出しにくくなる。
  • 汚れが溜まって入れにくくなる

といったトラブルに遭遇することがあります。

そのままにしておくと、味の悪化はもちろん、故障の原因になったりします。

使い続けていくと割と起こりやすいトラブルであるのでここからは、使う前に知っておきたい長持ちさせるポイントをご紹介しますね。

グロープロを長持ちさせるために知っておきたいポイント

ここからは長く使い続けていく上で注意したいポイントがありますので、簡単にご紹介しますね。

クリーニングブラシで一日に一回はブラッシングする

グロープロクリーニング.

スティックを入れる筒は、吸っていくごとに燃えカスやヤニ汚れが蓄積していきます。

そのままほったらかしにしておくと、汚れが乾燥してこびりついてしまい、スティックの出し入れがしにくくなったり、最悪中折れの原因になってしまいます。

できるだけ防ぐために、最低でも1日一回はブラッシングをして汚れを取り除いておきましょう。

さらに詳しいメンテナンス方法はこちらでも解説しています。

関連記事

こんにちは、パパ中西@やっぱりタバコ吸えないと寂しいです。グローを使い続けてはや3年以上となりますが、すでに数回起こっているのがスティックの中折れ問題。。いざ吸おうと思ってスティックをいれてもうまく入らず折れてしまった吸い終[…]

ユーザー登録して保証を延長させる

グロープロ保証

きちんとメンテナンスしていても、グロープロは精密機器なので、

・電源が入らない

・加熱がされない

といったトラブルが起こりがちです。

実際、私も半年くらいで電源が突然入らなくなってしまい、現在3代目のグロープロを使用中です(笑

使った経験上このようなトラブルは割と起こりやすいので、購入後はかならずユーザー登録をして保証期間を12ヶ月に延長してもらいましょう。

公式サイトで購入した場合→そのまま自動登録されます。

コンビニやたばこ店で購入した場合→グロー公式サイトでユーザー登録を行い、製品の裏にあるシリアル番号を登録する

保証期間中に動かなくなったという場合はもちろん、動いていてもスティックが入りにくい、ヤニが漏れ出てきたという場合でも交換してくれる場合があるので、入っておいて損はないと思います!

製品登録には、まずは公式サイトでのメンバー登録が必要なので、くわしい方法はこちらのページを参考にしてみてください!

関連記事

こんにちわ、もらえるものは病気以外は全部もらっておきたい派のパパ中西です。グローをこれから使う方も、愛用している方も、グロー公式サイトの無料メンバー登録はされていますか??グローには、メンバー登録と製品登録の2種類があります[…]

まとめ

グロープロの吸い心地は比較的高いので、今まで紙巻きタバコを愛用していた方にもそれほど違和感なく移行できると思います。

ただ、スティックの味には当たり外れが多いので、ぜひいろいろ吸ってみて自分にあったスティックを選んでほしいですね!

使い勝手も旧型モデルより明らかにアップしているので特に初期型をご使用されている方は乗り換えても損は全然ないかと…。

同じ加熱式タバコのアイコス・プルームテックに比べメンテや取り回しも楽ではあるので加熱式タバコに興味のある方は選んでみてもよいのではないでしょうか?

あとは自分の嗜好にあったスティックが見つかれば万々歳!

どのスティックを選べば迷っている方はこちらの記事もぜひ参考にしてみてください!

関連記事

こんにちは、自称加熱式タバコマイスターのパパ中西です。ワタシはグロープロをメイン機に愛用しているのですが、コンビニに行くと、壁一面にずらりとスティックが並んでいますよね。毎回買う前に「今自分が吸っているスティックがベストなの[…]

グロープロ全種類
リラゾの最新情報はTwitterでお届けしています!ぜひフォローしてみてください!
  • follow