アイコスイルマとアイコス3を両方使い続けてわかった違い。吸いごたえは変わらないが使い勝手に大きな違いが!

こんにちは、音楽はあまり聞かない自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです。

加熱式タバコで一番人気なアイコス。

グローやプルームXなど、他の加熱式たばこは表面から加熱するのに対して、アイコスは、たばこスティックの内側から加熱するので高い吸いごたえが人気です!

最新機種はアイコスイルマですが、旧機種のアイコス3DUOやマルチを吸っている人からすると、どういう違いがあるのか気になるところですよね。

ワタシはアイコス3もイルマも全スティックを購入して吸っていますが、吸いごたえはほぼ同じですが、味わいや使い勝手で違いがあります!

アイコスイルマ 3違い

こちらのページでは、アイコスイルマとアイコス3の違いについて、両方とも使い込んでいるスモーカー目線でまとめてみました。

現在アイコスがオトクに買えるキャンペーン情報はこちらでまとめているので、購入する際は参考にしてみてください!

関連記事

こんにちは、自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです。加熱式タバコのアイコスは、新機種「アイコスイルマ」が登場し、スティックも合わせてコンビニでよく見かけますよね。年末にかけてアイコスの在庫はたくさんありましたが、[…]

アイコス コンビニ

アイコスイルマと3両方のアイコススティック全種類を吸ってみた感想はこちらでまとめているので、スティック選びの参考にしてみてください。

関連記事

こんにちは、持っている加熱式たばこが10個を超えてから数えなくなった自称・加熱式タバコマイスターのパパ中西@リラゾです。アイコスは業界シェア70%以上ともいわれている、日本で一番人気の加熱式たばこです。吸ってみようと考えてい[…]

アイコスイルマとアイコス3DUOのスペック比較

アイコスイルマ 3 違い

まずはアイコスイルマと3の基本スペックを比較してみます。

アイコスイルマアイコス3DUO
価格¥8,980¥6,980
カラーぺブルベージュ
モスグリーン
ぺブルグレー
アズールブルー
サンセットレッド
ベルベッドグレー
ウォームホワイト
ブリリアントゴールド
ステラーブルー
加熱温度300℃越え
詳細は未公開
300℃越え
詳細は未公開
ホルダー収納タイプドアカバードアカバー
本体サイズ(mm)幅47
高121.5
奥23.4
幅46.3
高114.7
奥22.88
ホルダーの重さ(g)116.5108
着用可能アクセサリープレミアリング
ドアカバー
スリープ
キャップ
ドアカバー

まずわかりやすいのが価格が2,000円違いますね。

アイコス3DUOは元々8,980円でしたが、イルマ販売に伴って2,000円割引となりました。

価格だけでみると「アイコス3の方がいいじゃん」となりますが、イルマには2,000円高いだけの使い勝手の良さがあり、総合的な判断をした方がいいかなと個人的にはおもいますね!

本体の大きさはイルマと3DUOでは大きな違いはありませんが、数値だけみると若干イルマが高さがあり微妙に重いですね。

ただ、使っていてイルマは重くて持ち歩きにくいと感じることはないですよ!

アイコスイルマと3DUOで大きく違ったのは加熱方法です。

加熱方法が変わったことにより、吸いごたえも若干異なっているので順番に紹介していきます!

加熱方法の違い。イルマは磁力で、3はブレードで内部から加熱

アイコスはタバコスティックを内側から加熱する独自の方式を採用していますが、アイコスイルマと3DUOでは、そのメカニズムはまったく異なります。

アイコスイルマは磁気の力で加熱

アイコスイルマ 種類
公式サイトより

アイコスイルマは磁気の力で、タバコスティックを加熱しています。

簡単に言えばIHクッキングヒーターと似たような原理なのですが、ホルダーに内蔵されたコイルに磁力を流すと、金属だけが発熱する仕組みを利用します。

発熱させる金属は、本体ではなく、アイコスイルマ専用スティックの中に「誘熱体」と呼ばれる薄い金属板が内蔵されています。

公式サイトより

スティックをホルダーに入れると、自動的に電源が入り、磁気の力で、スティックの中にある金属が約300℃程度で発熱し、周りにあるタバコ葉を加熱しています。

アイコス3DUOはブレードを突き刺して加熱

一方アイコス3デュオ/マルチでは、本体のスティック差し込み部分に突起している「加熱ブレード」が発熱することで、加熱を行っています。

イルマと同じ、内側から加熱することは同じですが、こちらはシンプルに約300℃の熱を与えているだけなので、磁力は関係ありません。

ブレード掃除後
これがアイコス3のブレードです

このブレード方式はアイコスの特許技術であり、他の加熱式たばこでは導入されていません。

そのためライバル機と比較しても、吸いごたえに大きな差があるんですね!

アイコスイルマもアイコス3も、スティックの内側から加熱することは同じなのですが、そのメカニズムは全然違います。

では吸いごたえに違いはあるのか?実際にどちらも吸っている目線で紹介します。

アイコスイルマと3の吸いごたえの違い。イルマの方が立体的な味わい

アイコスイルマと3のスティックを全種類吸ってみて、総合的に吸いごたえの違いを確認してみました。

吸う前のイメージとしては、直接加熱ブレードに差し込んだ方がよく加熱できそうだなと思っていたのですが…。

アイコス 全種類

まず、吸いごたえについては、喉にがつんとくるキック感はどちらも同じ程度の強さがあります!

アイコスイルマは、ブレードがなくなってもアイコスの長所である高い吸いごたえはしっかりとキープできていますね!

蒸気の味わいは、アイコス3はほのかに焦げ臭さのある雑味を感じます。

レギュラー、メンソール問わず、どのスティックにも香りとはまた別の焦げ臭さがある感じ。

しかし、アイコスイルマはこの焦げ臭さがやや少なく、蒸気の純度が高いように思え、それでいて味わいがクリアに感じますね。

蒸気に深みがあり、どこか立体的な吸いごたえがあるように思います。

いわゆる「アイコス臭」と呼ばれるアイコス独特のニオイも、アイコスイルマでは少し軽減されています。

アイコスの全スティックの個別の味や吸いごたえは、こちらでさらに詳しくまとめているのでよければご覧ください!

関連記事

こんにちは、持っている加熱式たばこが10個を超えてから数えなくなった自称・加熱式タバコマイスターのパパ中西@リラゾです。アイコスは業界シェア70%以上ともいわれている、日本で一番人気の加熱式たばこです。吸ってみようと考えてい[…]

次に、使用するそれぞれのスティックの違いについてもご紹介します。

アイコスイルマはテリア、3はマルボロとヒーツ。使用するスティックは違う

先ほどの通り、アイコスイルマとアイコス3では使用できるスティックが異なります。

アイコスイルマ専用スティック「テリア」にはこのように鉄の板が入っています。

アイコスイルマ スティック

アイコス3でテリアを使うと故障の原因になるので、購入の際は注意しましょう。

それぞれの機種で使用できるスティックはこのように異なります。

アイコスイルマはテリアが12種類販売中

アイコス テリアスティック 全種類

アイコスイルマで使用できるスティックは「テリア」で現在全12種類販売されています。

どれも一律580円でmade in ITALYのスティックです。

ネーミングはアイコス3の「マルボロシリーズ」で発売されている名前ばかりなので、慣れ親しんだ方は味がイメージしやすいと思います!

テリアスティクは「レギュラー系」「メンソール系」に分けることができます。

  • レギュラー:4種類
  • メンソール:8種類

アイコスイルマ専用スティックのテリアについては、こちらで全種類まとめているので、スティック選びの参考にしてみてください。

関連記事

こんにちは、長生きしたい自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです!9月2日から全国コンビニでも販売開始された加熱式タバコ「アイコス イルマ」(アイコス4)は専用の「テリア」スティックのみ使用可能で、現時点で合計12種類の銘[…]

アイコス テリアスティック 全種類

アイコス3DUOはマルボロとヒーツで合計22種類販売中

アイコス3種類

アイコス3用スティックは「マールボロ」と「ヒーツ」の2つのブランドで販売されています。

アイコス3用のスティックは、「マールボロ」11種類と「ヒーツ 」11種類とイルマよりも倍近く多い種類が発売されています。

マールボロは580円、ヒーツは530円と、50円の価格差があります。

マールボロは、日本人の嗜好に合わせた地中海産のタバコ葉を使っているのに対して、ヒーツは、世界中の産地から集めたタバコ葉をブレンドしています。

実際吸ってみても、ヒーツは全体的にロースト感が薄くライトな味わいですが、マルボロは濃厚な味わいがするように思います。

「レギュラー系」「メンソール系」に分けるとこのようになります。

  • レギュラー:7種類
    【内訳(マルボロ)3種類/(ヒーツ )4種類】
  • メンソール:15種類
    【内訳(マルボロ)8種類/(ヒーツ )7種類】

アイコス3用のスティックについては、レギュラー用とメンソール用でそれぞれ吸いごたえをまとめてみたので、合わせてご覧ください。

関連記事

こんにちは、自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです!アイコスのレギュラーヒートスティックは2021年現在、「マールボロ」「ヒーツ」の2ブランドから合計9種類発売されています。グローやプルームテックに比べてその種類[…]

アイコスうまいランキング
関連記事

こんにちは、フリスクが友達の自称加熱式タバコマイスターのパパ中西です。アイコス専用ヒートスティックには「マルボロ」と「ヒーツ」の2ブランドがあり、2021年現在発売中のメンソールスティックだけでも15種類あります!期間限定の[…]

では、使い勝手はどちらがいいのか?両方使ってみた目線でご紹介します。

アイコスイルマと3ではどちらが使い勝手がいい?イルマは掃除の必要なし!

使い勝手については、アイコスイルマの方が確実にいいです!

まずアイコス3ですが、ブレードのおかげで高い吸いごたえを実現できている一方、吸う度に内部が汚れて毎回掃除する必要があります。

差し込む時にタバコ葉がアイコス内部に残り、1箱吸うと結構汚れます。

こんなゴミが残りやすいので、一箱目安で掃除の必要があります

専用の綿棒のようなスティックで拭き取ってあらいますが、ブレードが邪魔して掃除しにくいんですよね。。

アイコス3の掃除方法についてはこちらでまとめていますが、都度掃除って結構面倒ですよ…。

関連記事

こんにちは、小銭貯金している自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです。アイコスを吸う時、スティックを何本かに1本はうまく刺さらず、無駄にしてしまうことってありますよね。。フニャッとなるともう吸えないので、捨てるしか[…]

ブレード掃除後

一方アイコスイルマはブレードがなく、テリアスティックの先端には発砲スチロールのようなもので蓋がされているので汚れません。

アイコス4 テリア
左がテリア、右がマルボロ。発砲スチロールのようなもので蓋がされています

公式にも確認しましたが、「掃除は不要」と返答がありましたのでご安心ください。

関連記事

こんにちは、スニーカーアプリでなかなか抽選に当たらない自称・加熱式タバコマイスターのパパ中西@リラゾです。アイコス3までの機種は、吸ったあとにスティックを入れるホルダー部分が汚れてしまうため、美味しく吸うためには1箱目安に掃除が必要[…]

イルマを綿棒でメンテ

また、スマートジェスチャーという新機能がアイコスイルマから搭載されていて、ボタンを押さずにホルダーを傾けるだけで残り喫煙回数などがわかって使っていると結構便利です!

関連記事

こんにちは、自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです。アイコス最新モデルでアイコス4的立ち位置の「IQOS ILUMA(アイコスイルマ)」が2021年8月17日に公式サイトで先行予約販売開始されました!アイコス公式[…]

アイコスイルマ

掃除不要でスマートジャスチャー新搭載という観点から、アイコスイルマの方が使い勝手がいいとワタシは感じています!

アイコスイルマと3の充電時間の違い

次に、毎日使用する上で重要な充電時間について比較してみます。

2つの機種の充電に関する情報をまとめてみるとこういう感じです。

 

IQOS ILUMAIQOS 3 DUO
充電サイクル20本ごと20本ごと
チャージャー充電時間135分
(最短1分50秒)
120分
(最短30秒)
ホルダー充電時間1回分の加熱時間:1分50秒
2回分の加熱時間:5分15秒
1回分の加熱時間:1分50秒
2回分の加熱時間:5分15秒
USBTypeCTypeC

 

充電を満タンにするまでの時間については、アイコス3の方が15分も短いです。

また、充電ゼロからとりあえず1本だけ吸うための充電時間もアイコス3の方が短いですね。

ただ、アイコスはホルダーを充電しながらチャージャーの充電も同時にできるので、使っていて気になる感じではないとワタシは感じました。

充電時間がより短い方がいいと考えている方は、選ぶ際の参考にしてみてください。

関連記事

こんにちは、わからないことはとことん質問する自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです。新しいアイコス「イルマ」を購入している方も徐々に増えてきていると思います。ワタシもかなり吸い倒していますが、使い勝手で一番気にな[…]

アイコスイルマ 充電
関連記事

こんにちは、自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです!今日は、アイコスの充電時間について書いてみたいと思います。外出時にアイコスの充電が切れるのは痛恨の極み。ダイビング中に酸素ボンベが切れるのと同じくらい絶望ですよ[…]

アイコス 充電

まとめ

アイコスイルマとアイコス3の違いについて両方とも使い込んでいるスモーカー目線でまとめてみました。

選ぶ際で重要な吸いごたえについては、大きく変わりませんでした。

加熱方法が大きく異なるので吸う前は「大丈夫かな??」と思っていましたが嬉しくも杞憂に終わりましたね!

使ってみて感じたのは、掃除不要がこれだけ便利なんだと感じたことです(笑

アイコス3は、美味しく吸うためにはかなりの頻度で掃除をしないといけないし、ブレードが邪魔で掃除しにくいです。

正直手間に感じることの方が多いですね…。

アイコスイルマは掃除不要で同程度の吸いごたえを感じられるので、やっぱりおすすめはアイコスイルマですかね!

一方アイコス3DUOはアイコスイルマより2000円安く買いやすいのはポイントです。

選ぶ基準はそれぞれあるかと思いますので、こちらのページをみながら選んでみてはいかがでしょうか?

関連記事

こんにちは、自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです。加熱式タバコのアイコスは、新機種「アイコスイルマ」が登場し、スティックも合わせてコンビニでよく見かけますよね。年末にかけてアイコスの在庫はたくさんありましたが、[…]

アイコス コンビニ
リラゾの最新情報はTwitterでお届けしています!ぜひフォローしてみてください!
  • follow