【glo hyper】ネオ・ブラウン・タバコ・スティックを吸ってみた!通販限定440円レギュラーの実力は?

ネオ・ブラウン・タバコ・スティックキャッチ
吸いごたえ(キック感) 3.5
味わい 2.8
コスパ 5
総合 3.7

こんにちは、残暑に再び夏バテしそうな@自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです!

今日は、10/1に新発売されたグローハイパー用のレギュラースティックのひとつ、「ネオ・ブラウン・タバコ・スティック」を吸った感想を書きたいと思います!

1箱の定価が440円と、加熱式タバコ界の中でも最安値に位置し、タバコ値上げに苦しむスモーカー救済のスティックとして期待されましたが、、、

フタを開けて見れば、店頭では発売されない定期購入専用のスティックに思わず呆然、、。

現状はカートン買いのみのため、購入するのに多少リスクが伴いますが(笑)実際に吸ってみると、これまでのレギュラースティックの味付けとはひと味違う、香りと渋みを効かせた薄い味わいのスティックでした。

1日吸い倒した感想をまとめてみたので、どんなスティックが気になる方はぜひチェックしてみてください。

ネオ・ブラウン・タバコ・スティックのスペック・価格

ネオ・ブラウン・タバコ・スティック裏面

濃厚なたばこのブレンドになめらかでクリーミーな後味。加熱するために作られ、味わうために生み出された。

ネオ・ブラウン・タバコ・スティックは、グローのスティックの中でも最安となる440円で発売されています。

当初は400円の値段で発表されていましたが、10/1の値上げに伴い440円に改定、それでも他のネオスティックよりも100円安い!!

同じ440円のラインでは以下の3つのスティックが同時発売されていますが、いずれもメンソール系で、レギュラーはこの1種類のみとなります。

  • ネオ・グリーン・ミント・スティック
  • ネオ・パープル・ベリー・スティック
  • ネオ・メンソール・フルーツ・ミックス・スティック

ただ、うまい話にはウラがある。。

この440円スティックは、コンビニなどでの店頭販売はなく、グロー公式サイト内で新しくスタートした「定期お届け便」限定のスティックです。

申し込むと毎月1~3カートンが自動的に発送される流行のサブスクリプション型モデルがいよいよタバコにも本格的進出した感があります。

もちろん、発送間隔の延長や、解約などはマイページで可能ですが、1箱単位で買えず、カートン単位。

さらに送料無料ですがシステム利用料として、1契約あたり発送の都度600円がかかるので、購入するには最低でも5,000円が必要になります。

通常スティックとの価格差は1箱あたり40円となり、すごい安いタバコとはいえなくなりますね。。

定期お届け便についてはこちらのページでくわしく解説しています。

関連記事

こんにちは、新発売のスティックラッシュで家がタバコだらけの自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです。7月くらいから出るぞ出るぞとウワサになっていた440円のグローハイパー/プラス専用新スティックが10/1にようやく発売とな[…]

ネオ440円カートン3種

いきなりカートン買いするのは勇気がいりましたが(笑、限定という言葉につられ、ついつい手を出してしまいました。。

価格:440円(税込)/20本入
製造国:大韓民国
販売店:gloオンラインショップ(カートン買いのみ)

グローハイパー、グローハイパープラス専用のスティックです。

初代グローを始め、スリムスティックを使うglo pro,glo nano,glo miniなどとは、スティックの形状が違うため使うことはできませんのでご注意を。

パッケージ・スティック

ネオ・ブラウン・タバコ・スティック

外箱を見た第一印象は、「あれ、ネオ・テラコッタとよく似ている…?」

並べてみると、基本的な色合いの系統がまったく同じです。。

ブラウンとテラコッタ

上には「オンラインショップ限定」とプリントされていますので、しばらくは店頭販売がされないことが推測されます。。

ネオ・ブラウン・タバコ・スティック

スティックの形状やデザインは他のネオシリーズとまったく同じ。

まずはニオイを嗅いでみると、おお、なかなか濃厚かつビターなタバコ葉の香りが強いです。

どこか紙巻きのような力強さも感じつつ、グローハイパープラスで吸ってみます。

通常モードで吸った感想

ネオ・ブラウン・タバコ・スティック喫煙

加熱終了後、唇にフィルターを当ててみると、ほのかな甘みを感じるアクセントがついています。

そのまま蒸気を吸ってみると、立ち上がりはあまり良いとは言い難く、無機質な蒸気でちょっと戸惑いましたね。

2~3回吸っていると、木を燻したような香りが漂ってきてようやく本領発揮。

濃厚な蒸気というより、香ばしさ重視の味わいで、ちょうど「ネオ・オーク」と同じような系統の香りを少しおとなしくしたような渋さを感じます。

ただ、蒸気自体のコクはかなり少なく、キック感は普通だけど、喫味としては非常にあっさりしたクセのない吸いごたえ。

オークはもちろん、「ケント・トゥルーリッチ・タバコ」とかが好みの方にはこの薄口加減は物足りないと感じるかもしれません。

後半になると、キック感も減少してくるので、腰を据えて深く楽しむというよりかは、さくっと軽めに吸いたい方に向いているのかなぁと思いました。

ブーストモードで吸った感想

加熱温度をアップさせたブーストモードで試してみると、香りは1パフ目から少し早めに出るようになります。

さらにロースト感やエグ味も強めに感じますが、元があっさりとしているため、物足りないと思ったらブーストで吸ってもよいかもしれません。

後味やニオイは?

あまり味が舌に残ることなく、ほのかな木の香りだけが鼻に残るスッキリとした後味です。

ただその分、ノドへのイガイガ感が目立ち、吸ったあとは水分が欲しくなります。

周りへのニオイは少しツンとした香木臭が混じったようなニオイが強めにでますが、他のスティックとそれほど変わりないレベルです。

まとめ

ネオ・ブラウン・タバコ・スティック手持ち

香木のような渋めの香りはまったりと感じるけれど、吸いごたえには薄味感が目立ち、他のスティックと吸い比べてみても、やはり蒸気のコクの面で物足りなさをワタシは感じてしまいました。

慣れてくると、この渋さもありかなぁ?と思ったりしましたが、最初の味わいにはやはり戸惑ってしまいましたね。

逆に言えば、あっさりとした喫味が好みの方には新鮮に映るスティックでもあり、吸われる方の好みによって大きく評価が分かれるところではないでしょうか?

ある意味はっきりした味付けなので、ハマれば定期購入しても損はないスティックといえそうですが、ワタシのような物好きはともかく、いきなりカートン買いするのは少し勇気がいりそう。。

せめて事前にサンプルタバコなどで試せたら良いなと思いました。

関連記事

こんにちは、格闘技をみた後は少しだけ気が大きくなってしまう自称・加熱式タバコマイスターのパパ中西@リラゾです。2021年現在、グローハイパーのレギュラースティックは5種類販売されています。レギュラースティックの選び方の一つと[…]

ネオ・ブラウン・タバコ・スティックキャッチ
リラゾの最新情報はTwitterでお届けしています!ぜひフォローしてみてください!
  • follow