グロー(glo)でむせたり咳き込んだりする原因と私がやってみた具体的な対策方法

こんにちは、リラゾの自称・加熱式たばこマイスター、パパ中西です!

加熱式タバコのブランドの一つ「グロー(glo)」を吸っていると、むせたり、喉がイガイガしたり、咳が出ることってありませんか?

実はグローを長年愛用しているワタシでも、もともとノドが弱めのため、たまにむせたり、咳き込んだりする時があります。

そこでこのページではグローでむせる原因や対策方法、さらにはグロー全種類のたばこを吸ってわかったむせにくいスティックを解説してみたいと思います。

グローでむせたり、咳こむ原因は?

グローは加熱式タバコの一種であり、タバコスティックを燃える寸前までの温度(240℃~270℃)で加熱することで発生する蒸気を吸い込みます。

紙巻きタバコは、根本的に燃やすことで煙が発生しますが、グローの場合は出てくるのは煙ではなく水蒸気です。

煙と水蒸気と比べれば水蒸気のほうがノドにやさしい感じがしますが、今まで紙巻たばこを吸っていた方からすると、吸い込んでいたものの性質が異なります、

そのため、ノドが慣れていないため、最初はむせる方が非常に多いです。

味も煙とは異なるため、まずく感じたりもしますが、1箱~数箱吸っているうちに慣れてくることが多いです。

ただ、一部の方には次のような理由で慣れずにむせたりすることがあります。

グローには紙巻きタバコより香料や辛味成分などが多めに添加されている

グローの蒸気にはタバコ葉から発生したニコチンなどの成分が含まれますが、根本的に燃やしていないので、蒸気だけで紙巻きタバコの煙に近い味わいを出すことはできません。

そのため、グローをはじめとする加熱式タバコにはスティックにいろいろな添加物を配合しており、できるだけ紙巻きタバコに近い味を再現しています。

例えば味わいにコクを与える成分や、香りを豊かにする香料類、さらに刺激を与えるカプサイシンなどの辛味成分が多く添加されています。

もちろん、これらの成分はすべて口に入れても問題がない食品添加物が使われていますが、人によってはこれらの成分がノドへの刺激となる原因となってしまいます。

紙巻きタバコに比べてタールや有害性物質は少なくなっているものの、こういった添加物のせいでノドへの刺激になっていることが否定できません。

強い吸いごたえを求めて肺に大量に入れる吸い方になりがち

グローの吸いごたえや味わいは全体的に紙巻きよりマイルドになりがちです。

そのため、実際にグローを吸うときには、紙巻きタバコと同じような味や吸いごたえをもとめるあまり、気づかずとも強めに吸ってしまいがちです。

特に肺の中に直接入れる吸い方の方が、吸引力が上がり、吸いごたえをしっかりと感じることができますが、一気に蒸気が入ってくることにもなるので、喉への負担も強くなります。

ニコチン量に関しては、実は紙巻きタバコとそれほど変わらない量が含まれているのですが、味覚的に物足りないと思う方はついつい強めに吸ってしまうことが多いようです。

グローハイパーの方が蒸気が多く、味も濃厚なのでむせやすい

グローには、

  • 細いスティックを使うグロープロシリーズ
  • 太いスティックを使うグローハイパーシリーズ

の2種類の機種が同時に発売されています。

関連記事

こんにちは、リラゾの自称・加熱式タバコマイスターのパパ中西です。2024年現在、「加熱式タバコ」のグロー(glo)の本体は6種類が発売され、さらにグローに対応するたばこ(スティック)は、全部で23種類のフレーバーが発売されています。[…]

グロー全種類

細いスティックのグロープロは2016年のグロー発売当初からある加熱式タバコで、太いスティックを使うグローハイパーはその2年後に発売されたモデルです。

グローハイパーは、グロープロに比べてタバコ葉が30%増量されている分、スティックが太くなっていて吸いごたえが高い特徴があります。

ただし、吸いごたえが高いということは、それだけ発生する蒸気量も多く、グロープロよりも高い温度で加熱するため、その分、むせやすかったり、咳がでやすい傾向があります。

グローでむせないためにできる対策法は?

では、グローでむせたり、咳き込んだりするようなノドを痛めない対策にはどのような方法があるのか?

ワタシも実践している対策方法をいくつかご紹介します。

1.吸う直前に喉を潤しておくと少しマシになる

乾いたノドに直接グローの蒸気を当てると、粘膜が過敏に反応し、ノドがイガイがし、むせる原因になってしまいます。

できれば吸う前に、水やお茶、コーヒーなどで一口喉を潤してから吸うと、ちょうど水分が膜のような役割になって刺激を和らげることができます。

ワタシもノドが痛い場合はグローを吸いながら水分も同時に補給することでむせにくくなることを実感しています。

タバコと合う飲み物もあるので、こちらの記事を参考に選んでみてください。

関連記事

こんにちは、リラゾの自称・加熱式たばこマイスター、パパ中西です!たばこを吸う時にお供として飲み物をチョイスされる方は多いと思いますが、種類によってはたばこに合う飲み物と合わない飲み物があります。そこでこのページでは、実際にい[…]

タバコにあう飲み物

2.一度蒸気を口に溜めてからゆっくりと吸い込む

吸い込んですぐに肺の中に直接入れる吸い方の方が、吸いごたえをしっかりと感じとれますが、ノドに蒸気がストレートに当たるため、むせる原因にはなります。

そのため、強く吸い込まず一度口にゆっくり蒸気留めるように吸ってから肺に入れる流れで吸ってみると、イガイガも多少ましになります。

ちょうどふかしタバコに近い吸い方です。

特に初めてグローを使われるときや、紙巻きタバコから乗り換えた場合、まだグローの蒸気に慣れていない事が多いです。

何日か吸い続けているとノドに慣れがでてきて直接吸い込んでもむせにくくなることもあります。

3.吸ったあとはうがいをして蒸気が残らないようにする

特にグローを吸い始めて、まだ慣れていない場合、喫煙後に成分がノドに残っていると、刺激がずっと続く原因になってしまいます。

加熱式タバコの場合でも紙巻たばこ同様後味はある程度残ってしまうことから、慣れるまでは喫煙後にうがいをするなどして洗い流し、ノドをキレイにしておくことをおすすめします。

4.通常モードで吸う

どのグローにも、喫煙するときには、通常モードとブーストモードの2つを選ぶことができます。

ブーストモードは通常モードよりも加熱温度を20℃アップさせて、出てくる蒸気量やロースト感を多く感じることができるモードです。

吸いごたえは高いですが、その分発生する蒸気が多くなるため、むせやすい原因となります。

普段ブーストモードを使っている方は、通常モードにして吸ってみるとむせにくくなるかもしれません。

ブーストモードを詳しく解説

こんにちは、自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです。加熱式タバコ「グローハイパー」シリーズには、「スタンダード (通常)モード」と「ブーストモード」の2種類の喫煙モードがあります。こちらのページでは、グローハイパ[…]

グローハイパー ブーストモード違い

5.むせにくいスティック、フレーバーの種類に変えてみる

グローには合計40種類近くの専用スティックが発売されています。

このスティックの種類によってもむせやすい、むせにくいといった傾向があります。

特にグローのメンソールの銘柄は強い清涼感をもたらすことが特徴で、アイコスやプルームXに比べても全体的に強めの清涼感があります。

当然添加物も多く配合されているため、もしむせたり、咳が出ている場合は、よりマイルドなスティックに変えて試すことも一つの対策です。

もちろん、味や吸いごたえが自分にマッチすることも大事ですが…

グローでむせにくいスティックフレーバーはどれ?

ワタシはgloで発売されている全スティックを試してみましたが、40種類近く発売されているフレーバーの中にはイガイガが少なくむせにくいと感じるスティックもあります。

色々スティックを試してみると、ノドにあたるキック感が弱いスティックはむせやすいと感じました。

また、メンソールの銘柄だと、清涼感のマイルドなスティックは比較的むせにくいです。

ここではワタシの主観となってしまいますが、レギュラー、メンソールでむせにくいと感じるスティックをそれぞれご紹介します。

ケント・トゥルー・リッチ・タバコ(グローハイパー対応/レギュラー)

ケント ネオスティック リッチタバコ

500円ワンコインで買えるレギュラーの人気スティックは、クリアーな吸いごたえがあり、喉へのイガイガ感も少なく吸いやすい印象があります。

それでいて、キック感もやや強めでしっかりと感じられます。

余計な香りや味覚が抑えられて入る分、シンプルにタバコとしてもうまいです!

関連記事

こんにちは、”自称”加熱式タバコマイスターのパパ中西です。今日は、2021年3月19日に発売されたグローハイパー用のたばこスティックの新作「ケント トゥルーリッチタバコ・glo hyper用」の味や吸いごたえなどについてレビューした[…]

ケント・トゥルーリッチ・タバコプレミアムブレンド

ケント・トゥルー・リッチ・クリア(グローハイパー対応/レギュラー)

ケント・トゥルー・リッチ・クリア

匂いが少なく感じるコンセプトで開発されたレギュラースティック。

実際吸ってみると、バニラの香りが加熱式タバコ臭を目立たなくしていますが、匂いが消えているわけではありません(笑

ノドにくるキック感が他のレギュラーに比べると3割減くらいで、丸みのあるほどよいノド当たりがあり、イガイガ感も少ないです。

香りの好き嫌いはありますが、ライトな吸いごたえのため、むせる方には吸いやすいかもしれません。

関連記事

吸いごたえ(キック感)[star-list number=3.5] 3.5味わい[star-list number=4] 4コスパ[star-list number=4] 4総合[…]

ケント・トゥルー・リッチ・クリア

ケント・トゥルー・メンソール(グローハイパー対応/メンソール)

グローハイパーのメンソールスティックは、正直どれもメンソール感がかなり強烈なため、実感できない方も多いかもしれませんが…

現在発売中のメンソールを全部吸った上で、このスティックが一番むせにくかったです。

清涼感と合わせてミントの苦味も押し寄せてくるので、口の中がかなり涼しくはなりますね。

ミントだけのシンプルなメンソールなため、香料成分が意外に少ないのかもしれません。

少しでもマシなスティックを探していた方は試しに吸ってみてもいいのではと思います。

関連記事

こんにちは、リラゾの自称・加熱式たばこマイスター、パパ中西です!今日はグローハイパー(glo hyper)のレギュラースティックのひとつ、「ケント・ネオスティック・トゥルー・メンソール」について書いてみたいと思います。グロー[…]

ケント・ネオスティックブライト・タバコ(グロープロ対応/レギュラー)

グロープロのレギュラーの中でも非常にマイルドな吸いごたえでノドへのイガイガ感はかなり抑えられています。

ただ、コーヒーに入れるシロップのような甘みが割と残るので、好き嫌いは分かれるかも。

ややフレーバータイプに近い香り重視の軽いタバコですが、イガイガがどうしても気になる方にはおすすめですね!

関連記事

吸いごたえ(キック感)[star-list number=2] 2味わい[star-list number=2] 2コスパ[star-list number=4] 4総合[st[…]

まとめ

グローを吸ってむせたり、咳き込んでしまう人は、

  1. 吸う前に喉を潤す
  2. 肺に大量に煙を入れて強く吸わない
  3. マイルドなスティックに変える

といった対策が考えられます。気になる方は一度試してみてください。

ただし、喉への痛みや違和感を日常的に感じる方は、無理してグローを使い続けるのはやはりよくありません。

喫煙を控えるか、最寄りのお医者さんで診察を受けることをおすすめします。

アイコスの中折れがカンタンにとれちゃう!
リラゾの最新情報はTwitterでお届けしています!ぜひフォローしてみてください!
  • follow
コピーはできません。