グローハイパープロの下の蓋が壊れた、取れたときの対策法

グローハイパープロ裏蓋

こんにちは、リラゾの自称・加熱式たばこマイスター、パパ中西です!

加熱式タバコ「グローハイパープロ」を使っていると、掃除するタイミングやなにかの拍子に底面にある蓋(キャップ)が外れてしまったり、壊れてしまう場合があります。

この場合、どのように対処したらいいのか、glo公式カスタマーに確認した内容を合わせてご紹介していますので、困っている方はぜひご覧ください。

グローハイパープロの下の蓋は再装着が難しい

グローハイパープロ底面

グローハイパープロの底面にあるクリーニングドアを塞いでいる蓋(キャップ)は、ゴムのようなプラスチックでできており、蓋と一体になっている線を通じて本体にくっついています。

この線は、分解できない本体の中に食い込んで接続されているため、線が切れるなどの理由で一度外れてしまうと、自力での接続が難しい構造になっています。

下の蓋が外れた、壊れた場合は無料保証交換の対象に。

では、グローハイパープロの下の蓋(キャップ)が外れた、壊れた場合、修理したりすることができるのでしょうか?

グロー公式カスタマーに確認したところ、「修理はできないが、保証書にもとづいて製品を無償にて交換する」との回答がありました!

なんたる神対応…!なのですが、条件として、次の2つがあるようです。

1.保証期間内であること

これは当たり前といえばそうですが、保証規定に基づく交換のため、無料交換できるのは保証期間内に限られます。

保証期間はglo公式サイトで製品登録している場合、購入した日から1年以内、製品登録していない場合は6ヶ月以内となります。

glo公式サイト経由で買っていれば自動的に製品登録されていますが、それ以外で買っていた場合は自力で製品登録していないと6ヶ月になるので、まず製品登録しているか確認しましょう。

製品登録していない場合は次のページを参考に事前の製品登録を強くおすすめします。

グローの製品登録方法

こんにちは、リラゾの自称・加熱式たばこマイスター、パパ中西です!加熱式たばこの「グロー(glo)」をこれから使う方も、すでに愛用している方も、グロー公式サイトの無料メンバー登録はされていますか??メンバー登録はもちろん、製品[…]

また、保証に基づいて交換をする場合には、郵送でやりとりすることになるため、本体と同時に保証書、さらに購入日が記載されているレシートや領収書の同梱が必要になる場合があります。

保証書は同梱されているユーザーガイドの中に書いてありますが、特に製品登録していない場合だとほぼ確実にレシートなどが要求されるため、事前に準備しておきましょう。

保証書や領収書をなくしてしまった場合は、別途問い合わせることが必要になります。(参考:公式ページ

2.不具合診断を受ける必要がある

グローでは、不具合品の交換が行われる前に、必ず不具合診断が行われます。(参考:公式ページ

これは問い合わせを行った時に、オンライン(チャット)、または電話などを通じて再度本体の動作確認などをユーザーと一緒に行い、それをクリアした場合のみ、製品の交換の手続きが行われます。

蓋が外れている場合もグロー公式が推奨している使用方法ではないため、診断を受けて交換に至るケースが高いです。

ただし、診断中にそれ以外の推奨していない使い方などをしていたことが発覚した場合、保証の対象外になる場合もあり、100%とは言えない可能性もあるのでご注意ください。

gloカスタマーセンターへの問い合わせ方法

gloカスタマーセンターへの問い合わせ窓口は、フリーダイヤルと、チャット、メールの3つの窓口があります。

フリーダイヤルの場合

一番てっとり早いのが公式カスタマーのフリーダイヤルに電話することです。

故障状況を担当者に説明し、その場で故障や不良品と判断されれば、保証期間中なら無料交換に応じてくれる可能性があります。

その際は、製品診断を同時に行うことがあるので時間には余裕を持って電話しましょう。

また、生年月日や、本体の製品番号を聞かれることがあるので、本体はもちろん、ユーザーガイド、外箱などを手元に用意しておくとスムーズです。

0120-010-657
受付時間:9:00~21:00(年中無休)

チャット・メールの場合

受付時間外の場合は、チャットやメールで質問することもできます。

軽く充電できないことを質問する程度なら、メール、チャットをすることがおすすめです。

このリンクをタップしてください。

表示された画面の一番下にチャット、メールへのリンクがあります。

その後それぞれ指示があるのでそれに従って問い合わせをしてみてください。

下の蓋が外れた、壊れていても使用することはできる

グローハイパープロの下の蓋が外れてクリーニングドアが露出した状態でも、喫煙自体は可能になっているそうです。

そのため、保証期間が切れて無料交換できなくなった時でも、他に異常がなければとりあえず吸うことはできます。

実際に蓋が開いたまま吸ってみましたが、蒸気が漏れ出ているような感じでもなく、吸いごたえが特に変わることもありませんでした。

ただし、加熱によって底の部分がダイレクトに熱くなっているので喫煙が終わってしばらくするまで触ることは控えましょう。

また、クリーニングドアにはヤニ汚れや燃えカスなどがたまってくるため、長く使っているとその汚れが液漏れとして出てくる場合もあるのでこまめな掃除は必要かもしれません。

掃除方法についてはこちらのページをご覧ください。

関連記事

こんにちは、リラゾの自称・加熱式たばこマイスター、パパ中西です!加熱式タバコgloの新機種「グローハイパープロ」は、使い続けていくごとに定期的な掃除が必要です。このページでは、クリーニングドアの開け方から説明書に沿った実際の[…]

グローハイパープロ掃除

また、スティックの先端が密閉された「ネオ(neo)」シリーズのスティックを使ってみると、汚れがでにくくなるので、蓋が取れた時に吸うたばことしてオススメです。

関連記事

こんにちは、リラゾの自称・加熱式たばこマイスター、パパ中西です!加熱式たばこ「グロー」シリーズに対応する「ネオ(neo)」ブランドのスティックは、これまでに全部で23種類が発売されています。このページでは、ネオ全種類それぞれ[…]

グローネオ全種類

なにはともあれ、蓋が外れたら交換対象になるようなので、気づいたら保証期間のうちに早めに交換することがおすすめです。

アイコスの中折れがカンタンにとれちゃう!
グローハイパープロ裏蓋
リラゾの最新情報はTwitterでお届けしています!ぜひフォローしてみてください!
  • follow
コピーはできません。