【glo hyper】ケント・トゥルー・リッチ・メンソールを吸ってみた!舌が無意識に震える冷涼感にノックアウト!

吸いごたえ(キック感) 3.5
味わい 3.5
メンソール感 5
コスパ 4
総合 4

こんにちは、暖かくなるのが待ち遠しい”自称”加熱式タバコマイスターのパパ中西です。

2021年3月19日にグローハイパー用のスティック「ケント・ネオスティック・トゥルー・リッチ・メンソール」が「ケント・ネオスティック・トゥルー・リッチ・タバコ」とともに新発売されました!

2020年6月以来のケントの新作ということもあって、パパ中西は発売日の翌日(19日はコンビニでまだ売ってなかった)にセットで早速購入。

最初に吸ってみると、口が凍えるどころか、舌が無意識にビリビリ震えるほどの強烈すぎる冷涼メンソールに思わず放心状態になってしまいました。。(笑)

とにかく激強いメンソールが欲しい!という方には絶対オススメできるスティックだと思います!

関連記事

吸いごたえ(キック感)[star-list number=5] 4.5味わい[star-list number=4] 4コスパ[star-list number=4.5] 4.5総[…]

ケント・トゥルー・リッチ・タバコ

ケント・ネオスティック・トゥルー・リッチ・メンソールのスペック・価格

2020年6月に発売した、glo hyper専用のKENT neostiks TRUEシリーズからの新製品。紙巻たばこのような深い満足感をお楽しみいただける製品です。メンソール製品の「トゥルー・リッチ・メンソール」は、更に強いメンソール感を堪能いただけます。

グローハイパーのスティックは、メンソール系のラインアップが非常に充実していますが、一般的には「ケント」よりも「ネオ」シリーズの存在感が大きいと思います。

特に最近の「ネオ」は、日本産の香料をふんだんに効かせた「origin’s」シリーズにアップグレードされ、アロマの芳醇な味わいがアップしたとともに、メンソール成分も強化され、今ではどれもかなり強い冷涼感が楽しめるのがポイント。

対する「ケント」には、メンソールの標準モデルとして「トゥルー・メンソール」が用意されていて、こちらも冷涼感はかなり強く、かつビターな味わいなんですが、味わいの派手さが際立つ「ネオ」に比べれば地味な存在であることは否めません。

これがアップグレードされたと推測される「トゥルー・リッチ・メンソール」でどのように味わいが変わったのか気になるところです。

価格:500円(税込)/20本入
製造国:大韓民国
販売店:全国のコンビニ、一部タバコ店
gloオンラインショップ(カートン買いのみ)

スリムスティックを使う初代グローを始め、glo pro,glo nano,glo miniなどとは、スティックの形状が違うため使うことはできませんのでご注意を。

パッケージ・スティック

ブラックを基調に緑の光沢を交えたパッケージはどこぞの「ブラック・メンソール」を彷彿とさせますね(笑

スティックのラインも同じく濃い緑のカラーリングとなっています。

先発である「トゥルー・メンソール」と並べて比較してみましたが、総じて明るい緑から濃い緑に変更されているので、冷涼感や味の深みはさらにアップしていることが想像されます。

中にはおなじみのカードが1枚封入されていて、ポイントキャンペーンの案内と、TRUE TASTEシリーズとはなんぞや?の説明がなされています。

スティックの香りを嗅いでみると、鼻もふわっとスースーするような鮮やかなミントの香り。

箱を開けた時点でも同じ香りを感じたのでメンソールはやはり強めなことが想像できます。

今回は「グローハイパープラス」と「グローハイパー」両モデルを使って味比べもしてみたいと思います。

通常モードで吸った感想

まず1発目の蒸気を口に含んでみると…

「あー冷たい!!」まだ普段の半分も吸いきってないのに舌には苦み、そして強烈な冷気が口の中を包みます。

蒸気を吐いたら吐いたで、喉の奥から強力な冷涼感がせり出してきて、口の中はさながら氷点下状態(大げさ)

と、舌もびっくりしたのかなぜかピリピリ震えだしてきました(笑)

立ち上がりもかなり早く、ズキズキと刺さるようなメンソール感、あと残りもかなりあります。

それでいてミント葉の苦味がかなり強調され、ほのかに香りも際立っていることから、余計に冷たく感じてしまいますね。

まあ、慣れてきたらここまで敏感には感じなくなるとは思うんですが、鼻を抜ける冷気はかなりのものですし、全体を通してとにかくビターなミントの味わいを持ちながら、強力冷感を堪能できると思います。

先発の「トゥルー・メンソール」と比べても、1.2~1.3倍くらいのメンソールと苦みの強さがあると思いますし、蒸気の持続力も向上されている感じ。

14~15パフ目くらいまでは最初とほぼ同じくらいの蒸気の厚みとメンソール感を味わうことができますし、冷却感は16~17パフくらいまで続くと思います。

今回「グローハイパー」と「グローハイパープラス」それぞれ10本ずつ吸って試しましたが、喫味の違いはそこまで感じず、メンソールの勢いはプラスのほうがやや強めに出ているように思いました。

ブーストモードで吸った感想

時間を空けて口の中をフラットにしてから、今度はブーストモードで吸ってみます。

メンソールの強さはそれほど変わりませんが、苦みが突き刺すように強くなった印象です。

ビターな味わいが好きな方にはたまらないと思うんですが、ワタシ的にはちょっと苦手な味わいでした。

後味は?

メンソールの清涼感と苦みが5~10分ほど強めに残るので、しばらく口の中がしばらくひんやり。

周りへのニオイはメンソールは少ないですが、独特のもさっとしたニオイは残りやすいです。

まとめ

先発の「トゥルー・メンソール」の記事でも強烈な爽快感と書いたんですが、このスティックはそれをさらに超えてます(笑)

これ以上強いメンソールはもう出ないだろう…と思っていたけれど、最近の「ネオ」シリーズを含め、グローのメンソールは強烈なメンソールをとにかく意識しているように思います。

タバコ本来の喫味でいうと、タバコ葉の加熱方式で優位になるアイコスの「ブラックメンソール」や「ヒーツ・アイシーブラック」のほうがメンソールの強度と味のバランスがとれているように思います。

しかし、メンソールの冷涼感だけ考えると、この「トゥルー・リッチ・メンソール」がダントツに強く、尖った冷たさを感じてしまいますね。

かなりビターな味付けにも傾斜しているので、好きな人にはたまらない味ですが、甘党の人にはちょっと受け入れられない可能性もありますね。

メンソールに慣れていない人は最初の1パフ目は十分に注意して吸ってみてください(笑

関連記事

吸いごたえ(キック感)[star-list number=5] 4.5味わい[star-list number=4] 4コスパ[star-list number=4.5] 4.5総[…]

ケント・トゥルー・リッチ・タバコ
リラゾの最新情報はTwitterでお届けしています!ぜひフォローしてみてください!
  • follow