グローハイパーを3ヶ月吸い倒してわかった正直な評価。吸いごたえはどこまで満足できる??

こんにちは、自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです。

9月に480円のキャンペーンでグローハイパーを手に入れてからもう3ヶ月経ちました。(時のながれは速い!)

ワタシは初代グローをメインに、アイコス、プルームSといろんなデバイスを入れ替わり立ち代わり吸っている自称・加熱式タバコマイスター(笑)です。

グローハイパーもいまではすっかりワタシのタバコローテーションの一部に組み込まれて、毎日どこかでは欠かせないデバイスの一つです!

最初はおとなしくレギュラー(ケント・トゥルータバコ)を細々と吸っていましたが、グローに比べて圧倒的に強いキック感と吸いごたえにどんどん気持ちが惹かれて気づけば全種類のスティックを買って吸いまくってました(笑

今ではオキニのスティック(3種類くらい)をカートン買いしてたしなんでいます。

他の加熱式タバコと比べても吸い心地は良くできているなぁ…と思っているのですが、とはいえ物足りないところもあるのもまた事実。

これから使う人にもグローハイパーの良いところ、悪いところをもっと知ってもらいたい!

そこで今回は家族持ち加熱式タバコスモーカーのパパ中西が、グローハイパーを3ヶ月吸ってからこそわかる正直な評価をしっかりレビューしたいと思います。

他のデバイスや紙巻きとの比較も交えながらレビューしたいと思いますので購入を考えている人や他からの乗り換えを検討している方はぜひ参考にしてみてください!

関連記事

こんにちは、自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです。先日発表されたグローの新デバイスglo Hyper+(グローハイパープラス)が1/12に公式サイトで販売がスタートしました!運悪く先週グローを落として失くしてし[…]

タバコとしての吸い心地は確実にアップ!しかし…

誰もが1番に気になるのが、そもそものタバコとして吸い心地ですよね。

言葉でもう少し具体的にするとおおむね

  1. キック感
  2. ニコチン感
  3. 香り

の3つに分解されると思いおます。

パパ中西が3ヶ月間吸い倒してわかった結論はこちら!

キック感は旧グローの1.5倍、アイコスにも匹敵!

まずは、吸ったときにノドにガツンとくる「キック感」というやつです。

ワタシもこれが感じられなければタバコじゃない!と思うほど重要なファクター。

で、グローハイパーはどのスティックを吸っても総じて強いです。

初代のグローに比べたらワタシ基準で1.5倍、アイコスと比べても全然遜色ないガツンとした強さが喉にきます!

プルームSと比べるとプロ野球と高校野球のレベルの違いくらい…(略

グローハイパーのスティックの直径は以前に比べて2mmアップしているので、その分、発生する蒸気の量が増えているのは吸っていると本当によくわかりますね。

ただ、太くなった分加熱が浸透するのが遅いのか、どれを吸っても最初の1~2パフ目は蒸気がノドにくることはありません。

ちょっと物足りないかも…一瞬思ってしまいますが、3パフ目くらいからいきなりガツンとくるので、少し加熱時間を待機しながら待ちましょう(笑

なぜかニコチン感はそれほど強く感じられず…

キック感は本当に十分すぎるくらい強いのですが、反対にもうひとつ吸い心地として大事なニコチン感は、同じように強ととはいえません。。。

吸っているときは、強い吸いごたえでそこそこ楽しめるんですが、吸った後はなぜか物足りない気分が残ってしまうんですよね。。

そのせいか、パパ中西はグローハイパーを使ったときは吸う頻度が高まってしまいます(不健康)

紙巻きなら言うに及ばず、アイコスと比べてみても体感的に感じるニコチン吸収量は少ないかなと思います。(プルームSは…(略))

グローハイパーはスティックが太くなったとしても、加熱方式は以前のグローと変わることはありません。

タバコ葉を真ん中からぶっ刺して直接加熱するアイコスに比べて、包み紙の外側から加熱するグローだとどうしても蒸気になるニコチンの量が少ないのだと推測されます。

キック感は強いけど吸収できる量はそれほど強くないはワタシの吸う頻度からみて明らかですね。。

においは全体的に多めだけどギリ許せるレベル。

加熱式タバコって、ニオイが少なくて、他の人にあんまり迷惑かけないのもメリットの一つだと思います。

家族持ちのパパ中西は、特に重要なポイントで、吸いごたえがあるけどニオイが比較的強めなアイコスをメインにしきれない理由の一つです。

イマイチ吸いごたえは足りないけどそこそこ楽しめてニオイが少ないグローがメインになっているのはココの理由が大きいです。

グローハイパーはどうなのかといえば、やはり加熱面積が大きくなったせいか、あと残りするニオイは初代グローに比べて強くなったと思います。

ただ、加熱している温度は以前と変わらないため、紙巻きやアイコスのように焼け焦げた強いタバコ臭までは感じられません。

どちらかといえばスティックに添加されている香料のニオイによってかなり左右されますね!

例えばネット限定の「ネオ・オーク」とかはものすごく木材を焼いたようなニオイが残りやすいですが、「ケント・トゥルータバコ」はグローの時と同じくらい。

フレーバーメンソールタイプも含め、ニオイの強さは本当にまちまちでスティックの選び方次第…といったところです。

過度なニコチン感を期待しなければ吸いごたえの高い加熱式タバコ!

ここまで簡単にまとめると、

  1. キック感はアイコスと同じくらい強い!
  2. 二コチン感は過度な期待をしないほうが良い!
  3. ニオイはやや強めだけどスティックによってかなり差がある

ニコチン感だけ目をつぶれば(そうもいかないですが)吸いごたえは全然高いデバイスだと思います!

味わいについては、レギュラーでもメンソールでも正統派から個性的なスティックまで全10種類あるので選び方次第でニオイとかも抑制できると思います!

こちらのページで全10種類のスティックをくわしくレビューしていますので興味のある方はぜひご覧ください!

関連記事

こんにちは、ビールは1日2杯までと決めている自称・加熱式タバコマイスターのパパ中西@リラゾです。グローハイパーのスティックっていろいろありますよね!コンビニとか行くとレジ裏の壁面にはびっしりと敷き詰められたスティック達が鎮座[…]

glo pro(グロープロ)とglo Hyperだったらどちらを買えばいい?

グローハイパーとプロ

結論、こちらは圧倒的にグローハイパーの方がおすすめですね!

これだけのメリットがあります。

吸いごたえが段違い

先ほども書きましたが、キック感は1.5倍(自分比)、ニコチン感もそこまで高くないとは言え、グロープロよりかはまだ良い方です。

スティックの直径が2mm太くなったことで吸いごたえが全然変わったのは間違いありません。

詰め込めるタバコ葉が30%多くなったそうで、スティックを割って比較してみると見た目にも増えているのがはっきりわかります。

本体デバイスの値段が安い

グローの発売元の「アメリカンタバコ(BAT)」もグローハイパー推しを強力にすすめていて、公式ショップ(グローショップ)に行くと、グローからのハイパーへの乗り換えもすすめられます(笑)

本体デバイスもキャンペーンで安くなっている事が多いのでお金的にもわざわざグロープロを選択する必要はないのかと。。

スティックが太くなったので中折れしにくく、メンテナンスの手間いらず

グロープロを使いつづけていると、次第に加熱部分が汚れてくるため、差し込みにくいトラブルがよく起こっていました。。

最悪、入れるときに中折れしてしまって取り出せなくなるトラブルも過去何度も経験しています(苦笑)

その点グローハイパーは、スティック自体が太くなって、それでいて長さは短くなったので、そもそも中折しにくい設計になっています。

使い続けて中が汚れてきても、中折れなどのトラブルはこれまで一回も発生していないのでメンテナンスの手間も大幅に省けています!

これだけ見てもグローハイパーを選ぶ価値は十分にあるのではないでしょうか?

次にグローハイパーは実際どんなものなのか、使い方も含めご紹介します!

glo Hyperの内容物

購入すると次のようなものがセットになっています。

  • 本体
  • ACアダプター
  • USBチャージャー(type C)
  • クリーニングブラシ

USBチャージャーはtype Cのプラグなので、昔からのA,Bは使えないので注意しましょう。

購入したらすぐにグローの公式サイトで会員登録&製品登録することがオススメ。

保証期間が6ヶ月から12ヶ月に延長されます!

関連記事

こんにちわ、もらえるものは病気以外は全部もらっておきたい派のパパ中西です。グローをこれから使う方も、愛用している方も、グロー公式サイトの無料メンバー登録はされていますか??グローには、メンバー登録と製品登録の2種類があります[…]

glo Hyperの基本的な使い方

使い方は他の加熱式タバコと比べ非常にシンプル!難しい手間はありません!

1.使用前に充電する

使用前に側面のUSB端子と電源をケーブルでつなげ、充電します。

充電状態は真ん中にある円形のLEDで表示され、全部点灯したら満充電です。

90分ほどで完了しますが、途中でやめても使うことができます。

充電が切れた後2~3分充電すると、かろうじて1本吸うことができます。

2.スティックを入れる

本体上部にある差し込み穴に入れます。

3.正面真ん中にあるボタンを押して加熱を始める

通常モードで吸いたい場合は3秒ほど、ブーストモードは5秒ほど長押しすると加熱がスタートします。

通常モードの加熱で20秒、ブーストで15秒経つと、ブルッとバイブして吸い始めることができます。

最初の加熱時間はとても短いですし、連続吸いするときも3分程度待てば再び加熱できるので使い勝手に不便はあまり感じないと思います!

glo Hyperのメンテナンスはすごく楽ちん!

加熱式タバコ全般に起こることですが使い続けていると、スティックをいれる加熱部分がヤニや燃えカスなどで汚れてきます。

アイコスでもプルームSでも一定のメンテナンスが必要です。

グローハイパーの場合のメンテナンス方法はとても簡単。

基本1箱吸ったあとを目安に付属のブラシを上下に入れてゴシゴシするだけ。

細かい燃えカスなどがでてくると思います。

ただ、これだけでは完全に汚れが取り切れないので、ニオイ等が目立つ場合は乾いた綿棒でゴシゴシする程度だったら問題なく汚れが落ちるそうです(グローショップの店員さん談)

注意点として、アイコス用などで売られているアルコールを含んだ綿棒は、水分が中の基盤を破損する可能性があるため使ってはいけないそうです。

glo Hyperのスティックは常時10種類に期間限定フレーバーも

グローハイパーのスティックは、現時点で10種類発売されています。

従来のgloと同じく、KENT,NEOの2ブランドから以下のようなラインアップになっています。

KENT ネオスティック

レギュラー
トゥルー・タバコ
メンソール
トゥルー・メンソール
フレーバーメンソール
トゥルー・ベリー・ブースト

Neo

レギュラー
ネオ・タバコ・オーク・スティック
ネオ・テラコッタ タバコ・スティック
メンソール
ネオ・フレスコ メンソール・スティック
ネオ・フリーズ メンソール・ スティック
フレーバーメンソール
ネオ・フローレセント シトラス・スティック
ネオ・ブリリアント ベリー・スティック
ネオ・トロピカル スワール・スティック

これらに加えて期間限定のフレーバーも発売されている場合もあります。

グローハイパー用の各スティックについて実際に吸ってみての味を評価しているのでこちらも合わせてご覧ください!

関連記事

こんにちは、ビールは1日2杯までと決めている自称・加熱式タバコマイスターのパパ中西@リラゾです。グローハイパーのスティックっていろいろありますよね!コンビニとか行くとレジ裏の壁面にはびっしりと敷き詰められたスティック達が鎮座[…]

glo Hyperの価格には購入経路によってかなり幅がある!

glo Hyperの定価は3,980円(税込)。

従来のスリムスティックであるglo proに比べて1,000円高くなっていますが、購入経路や方法によってかなり値幅があり、これよりも安く購入することができます。

まずは安心のglo公式サイトで購入する場合。(2021年2月現在)

公式サイトで480円

グローハイパー キャンペーン

今のところこれが1番オトク。

送料が別途570円かかって1,050円となりますが、それでも半額以下となり、かなり割引されて購入できます。

カラーはホワイト、オレンジ、ブルーの3色から選べますよ。

関連記事

こんにちは、自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです!コンビニでも購入できる加熱式タバコのglo(グロー)はキャンペーンによってかなり割安で購入できることがあります。そこでこのページでは、 コンビニで展開[…]

グローハイパー キャンペーン

乗り換えキャンペーンで980円。

これまでのgloや、アイコスやプルームテックなどの他の加熱式タバコや電子タバコのデバイスをお持ちであれば980円で手に入れることが可能です。

既に何らかのデバイスをお持ちの場合は最安で購入できるルートではないでしょうか?

オンラインストア、もしくはglo公式のストア、gloスポットで購入可能です。

手続きも非常に簡単で、

オンラインストア…キャンペーン対象商品を購入後、同梱の返送用ハガキでデバイスを送る。(カラーは、ホワイト、ブルー、オレンジから選べます)

glo公式のストア、gloスポット…交換したいデバイスを持って購入する。

これがいいなと思う理由は、加熱式タバコのデバイスって自治体によって処分方法が違うので捨てる時に意外に面倒です。

この方式で購入した場合安全にリサイクルしてくれるので、もう使わないデバイスを持っている方は利用してみるのもありかも!

ECサイトの場合はAmazonが最安

glo Hyperは公式サイトのみならず、ECサイトでも販売されています。

ただ、最安価格を調べてみると、Amazonで3,180円(税込)と、公式サイトでのキャンペーン価格と比べるとどうしても割高な印象です。

現在のところ、安くデバイスを手に入れるのであれば公式サイト一択というところでしょうか?

まとめ

これまでglo proを使っていた私から見ても、glo hyperは明らかに吸いごたえがアップしたモデルになっていることは間違いありません。

もちろん紙巻きと同じクオリティとはまだまだ言い難いです。

しかし、glo hyperはスティック自体を大きくする抜本的な変更で、今までのものからタバコのうま味や香りがより熱くなったと考えます。

いくぶん強めになりましたが、あとに残るニオイや煙害によるデメリットも少ないので、今の周りの環境からいっても目立たたない加熱式タバコに乗り換えるのは全然アリだと思います。

紙巻きからの乗り換えを検討しているけど、アイコスにしようかなぁ~と考えている方も、ニコチン感だけガマンすればglo hyperは同じ土俵で比較検討できるモデルであると思います。

 

グローハイパー本体
リラゾの最新情報はTwitterでお届けしています!ぜひフォローしてみてください!