【7/25発売】グローハイパーX2を使ってみた感想。新商品発表会でわかった吸いごたえやスペックの特徴は?

グローハイパーX2

こんにちは、自称加熱式タバコマイスターのパパ中西です。

7月21日にグローの新機種「glo hyper X2」の新商品発表会があり、参加のお声がけいただいたので行ってきました!

発表後に本体のサンプルを頂きましたので、今回はそれを使って吸いごたえや使い勝手についての感想をまとめてご紹介します!

glo hyper X2は一時販売停止中。再開は10月上旬に。

グローハイパーX2発表会

グローハイパーX2は、7/21に新製品発表会の場で初お披露目され、7/25より公式サイト/gloストアを皮切りに発売がスタートしました。

が、8/9に突如発表があり、現在の販売をすべてストップし、10月上旬に発売が延期されることになりました。。

公式発表リリースはこちら

おそらく、喫煙時にスティックの挿入口が高温になり、連続喫煙ができない問題を改善するためと予測しています。

関連記事

こんにちは、自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです。加熱式タバコgloの最新機種「グローハイパーX2」。吸いごたえに関わる加熱温度について気になっている方も多いと思うので、ご紹介します。また、喫煙後に本体[…]

グローハイパーX2ブーストモード

現在では、公式サイト含め、すべての店舗で購入することはできません。

正式な販売再開日はわかりしだい、お伝えしたいと思います!

glo hyper X2(グロー ハイパー エックスツー)とは?

glo hyper X2(グローハイパーエックスツー)は、グローの太いスティックを使用して使う、グローハイパー系の最新デバイスです。

グローハイパーX2

最新機種と言っても、まったく新しい機種ではなく、携帯性や操作性を向上させたマイナーバージョンアップといった位置づけのモデルです。

グローを販売するBATが独自に取得した喫煙者アンケートでは、ユーザーが小さくて持ち運びやすさを重視しているという結果がでたそうです。。

その結果をもとに「デバイスの軽さ」「手頃さ」と2つの改革をしていることから、X2(エックスツー)と名づけているそうです。

今回は、頂いたサンプル機種「グローハイパーX2ミントブルー」を使いながら、特徴をご紹介します。

特徴1:本体デザインが変わった

従来のグローハイパーと比べ本体のデザインは大きく刷新されました。

マットとメタリックの異なる2つの素材を使ったバイカラーのデザインです。

スティックの差し込み部分が光沢のあるメタリック素材、本体の大部分を占めるボディ部分にマット素材が使用されています。

グローハイパーX2側面

実際に手にとってみると、ほどよいしっとりさがあるため、グリップ力が高く、すべって落としてしまう心配は少ないでしょう。

スティックを差し込む部分は、メタリックな素材が使われており、サラッとしていてこちらも手触りがいいですよ。

さらにスティックの差し込み部分が刷新され、従来のスライドカバーから、カチッと開くシャッタードアになりました。

グローハイパーX2

側面にある突起部分をフックに横にスライドすると、差し込み部分にあるカバーがカチッと開閉し、カッコいい!

以前のグローハイパーではスライドカバーが外れたり、壊れることがありましたが、シャッタードアだとその心配もないですね!

また、差し込み口の横には大きなLEDボタンが配置され、ここの点滅・点灯することで、起動時や充電残量などが判断できるようになっています。

特徴2:小さく、軽くなり、持ちやすくなった

グローハイパーX2とプラス

グローハイパーX2の重量は、従来機種グローハイパープラスの111gから102gとなりました。

わずか9g程度の違いですが、実際に手にとって見ると、ちょっと軽くなっていることが実感できます。

さらに大きさも約13%小型になり、体感上でもコンパクトになっていることを実感できます。

特徴3:ブースト専用ボタンの追加やLED表示がわかりやすく改良

グローハイパーX2ブーストモード

グローハイパーX2は、操作性も改善されました。

大きな変更は、通常の加熱ボタンに加え、より吸いごたえの高いブーストボタンが独立し、それぞれワンプッシュで使い分けれるようになりました。

また、本体真ん中にあったLEDライトは、本体上部に大きめに設置され、すっきりとわかりやすくなりました。

LEDライトの点灯/点滅状況によって、充電状況や加熱状況を判断することができますよ!

従来機種であるグローハイパープラスとの違いは全部で8つあるので、こちらのページでくわしくご紹介しています。

関連記事

こんにちは、自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです。7月25日から、グローハイパーの新機種glo hyper X2が公式サイト/gloストアで発売されました!新作がでると、以前のモデル「グローハイパープラス」と何[…]

グローハイパーX2とグローハイパープラスアイキャッチ

また、使い方についてもLEDライトの点滅やバイブの意味など微妙に異なるので、詳細な使い方が知りたい方はあわせてご覧ください。

関連記事

こんにちは、自称加熱式タバコマイスターのパパ中西です。7月25日に新発売されたgloの新機種「グローハイパーX2」。これからはじめてグローを使う方はもちろん、前機種から乗り換える方もいらっしゃると思います。基本的な操[…]

グローハイパーX2 使い方

glo hyper X2の詳細スペックと価格

グローハイパーX2の基本スペックをまとめるとこのようになります。

グローハイパーエックスツー
型番G500
価格(税込)1,480円+送料570円=2,050円(公式サイト)
1,980円(コンビニ)
使用するスティックグローハイパー用太いスティック 26種類
加熱温度スタンダード:250℃
ブーストモード:270℃
選べるカラー数5色
大きさ高さ 77.5mm
横幅 43.3mm
奥行き 21.4mm
重さ約 102g

この後ご紹介しますが、加熱方式や使用できるスティックは、従来機種グローハイパープラスと全く同じです。

本体価格は、従来のグローハイパープラスと比べると、1,000円値上げした価格となります。

以前が安すぎたとも言えますが…。

スペック上の目立った違いは、やはり大きさと重さですね。

グローハイパープラスは、やや分厚くて重いのがネックだったので、確かにこれは嬉しい進化といえます!

加熱方法に変更はなし

グローハイパーX2

加熱方法については、グローハイパープラスと変わりがありません。

従来の誘導加熱技術(IH)が採用されており、スティックを外側から加熱し、発生した蒸気を喫煙します。

加熱温度と加熱時間はこちらです。

  • 通常モード:250℃ 約20秒
  • ブーストモード:270℃ 約15秒

実際に違いはないのか、さっそく吸いごたえを試してみました!

グローハイパーX2の吸いごたえは?

グローハイパーX2は、これまでに発売されたグローハイパー対応の太いスティックを使用します。

対応スティックは現時点で26種類が発売され、レギュラーからメンソールまで、加熱式タバコでは屈指の豊富なバリエーションが特徴です。

グローハイパーX2に対応するスティックの詳細はこちらをご覧ください。

関連記事

こんにちは、ビールは1日2杯までと決めている自称・加熱式タバコマイスターのパパ中西@リラゾです。2022年現在、グローハイパーX2/プラスで吸えるたばこスティックは、全部で26種類発売され、コンビニでは21種類購入できます。(販売終[…]

グローハイパースティック

今回は人気のスティックをピックアップして、それぞれ吸いごたえを検証してみました。

グローハイパーX2試飲

従来機種グローハイパープラスとも、同じスティック間で吸い比べをしてみましたが、蒸気の量や香り、キック感などは総じて大きな違いは感じませんでした。

レギュラースティックの「ラッキーストライク・ダーク」や「ケント・トゥルーリッチタバコ」では力強いキック感と濃厚な香りが楽しめました。

さらにメンソールの人気スティック「ケント・トゥルーリッチ・メンソール」や、「ネオ・ブリリアントベリー」では、グローハイパーならではの強烈なメンソール感と、ジューシーな味覚と香りもほぼそのままの吸いごたえ。

少なくとも、吸いごたえの面で明らかな違いはなく、従来機種と同じといえそうです。

グローハイパーX2の基本的な使い方

グローハイパーX2の基本的な使い方は次の通り。

  1. スティックを挿入する
  2. 下にあるボタンを約3~4秒長押しする
  3. バイブが振動してLEDライトの周りだけが点灯して喫煙開始

となります。

通常モードで加熱するとこういう感じでLEDライトの周りだけが点灯しますよ!

グローハイパーX2

さらに、グローハイパーX2では、ブーストモード用のボタンが追加。

グローハイパーX2ボタン

上にある小さいボタンがブーストモード、下にあるボタンが通常加熱ボタンになります。

くわしい使用方法はこちらをご覧ください。

関連記事

こんにちは、自称加熱式タバコマイスターのパパ中西です。7月25日に新発売されたgloの新機種「グローハイパーX2」。これからはじめてグローを使う方はもちろん、前機種から乗り換える方もいらっしゃると思います。基本的な操[…]

グローハイパーX2 使い方

ブーストモードボタンの使い勝手は?

グローハイパーX2

グローハイパーには「ブーストモード」が搭載されており、通常加熱よりも素早く高温で加熱することができます。

通常モードとブーストモードの加熱時間と喫煙時間はこのような違いがあります。

  • 通常モード:20秒加熱で4分間喫煙
  • ブーストモード:15秒加熱で3分間喫煙

加熱時間が短く、吸いごたえが高まる分、喫煙時間が1分短くなるのがブーストモードの特徴です。

ブーストモードの操作方法はこちらです。

  1. スティックを挿入する
  2. 上のボタンを約3~4秒を長押しする
  3. バイブが振動してLEDライトの周りと真ん中の点が点灯して喫煙開始

LEDライトの外周と真ん中のLEDが同時に点灯するとブーストモードの合図と判断できます!

グローハイパーX2ブーストモード

連続使用回数

1回の満充電で、20本の連続使用が可能です。

喫煙時間は通常モードだと4分間、ブーストモードだと3分間吸うことができます。

喫煙回数は無制限なので、アイコスのように14吸いと制限がないので、1本あたりの満足度は高いですよ!

グローハイパーX2の内容物は?

グローハイパーX2を購入すると、中にはこれらが入っています。

グローハイパーX2内容物

  • 本体
  • USBケーブル(Type C)
  • クリーニングブラシ
  • 多言語対応の説明書

基本USBが接続できる機器で充電することが前提ですが、電源に接続するACアダプターは入っていないので、ご注意ください。

充電時間と充電方法

グローハイパーX2

グローハイパーx2の充電時間は3時間(180分)です(室温や充電環境により最大3.5時間かかる場合もあり)。

従来のグローハイパープラスは210分だったので、若干ですが短くなりましたね。

5V-1Aのアダプターに、購入時に同梱されているUSBケーブル(Type C)を差し込み、本体側面底の穴に差し込んで充電します。

ACアダプター側と、本体側どちらも奥まで差し込んでいないと充電できないので、気をつけましょう。

ただ、実際に充電してみると、公式発表より充電時間は短かったです。

実際に計測した充電時間や、グロー公式が推奨している充電機器についてこちらでまとめているので、合わせてご覧ください。

関連記事

こんにちは、自称加熱式タバコマイスターのパパ中西です。7月25日から販売開始されたgloの新機種「グローハイパーX2(エックスツー)」。早速使い倒していますが、はじめて使うことにちょっと戸惑ったのが、充電周りのこと。[…]

グローハイパーX2充電

グローハイパーX2の販売店

公式サイトはもちろん、これまでのグローと同じく店舗でも販売されます。

  • 全国のgloストア
  • glo公式オンラインストア
  • 全国コンビニ
  • 一部たばこ店

ただ、販売スケジュールや取り扱いカラーは先ほど紹介の通り異なります。

ミントブルーとメタルブラックの2色のみ、8月15日からコンビニやたばこ店でも販売されます。

その他の3色については、gloストア/グロー公式オンラインストアのみの販売となるのでご注意ください。

まとめ

7月21日に行われたglo hyper X2の新商品発表会にお呼ばれし、新商品の説明を聞いてきた内容をまとめてみました!

吸いごたえは変わらず、デザインが変わり「使い勝手・携帯性」がアップしたグローハイパー系の新機種です。

正直、小さくなっただけと思いましたが、従来のグローハイパープラスと持ち比べてみると、確かに持ちやすい!と思いました(笑)

価格は高くなりましたが、吸いごたえは変わらず持ち運びやすくなったglo hyper X2はおすすめできますね!

関連記事

こんにちは、自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです。7月25日から、グローハイパーの新機種glo hyper X2が公式サイト/gloストアで発売されました!新作がでると、以前のモデル「グローハイパープラス」と何[…]

グローハイパーX2とグローハイパープラスアイキャッチ
グローハイパーX2
リラゾの最新情報はTwitterでお届けしています!ぜひフォローしてみてください!
  • follow