アイコスイルマ(新型IQOS)を吸い倒してみた正直な評価。味わいや吸いごたえ、サイズやスペックは?

こんにちは、新しい物が大好きな自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです。

アイコス3DUOの後継モデルとなる新型「IQOS ILUMA(アイコスイルマ)」が2021年8月17日から発売開始されました。

ワタシ、パパ中西は、IQOS ストア(札幌、仙台、原宿、銀座、名古屋、梅田、心斎橋、広島、福岡)で先行販売されていたので、後輩にお願いしてゲットしてきました!

販売日にゲットして、じっくり吸い倒してみて、細かなスペックや実際に吸い続けてみて味や吸いごたえの感想について調べてみました。

IQOS ILUMAを買うべきかどうか悩んでいる方の参考になれば幸いです。

アイコスイルマを使っている700名に忖度なしのガチアンケートをしてわかった実際の評判はこちらで紹介しています!

関連記事

こんにちは、自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです。加熱式タバコの中でシェアナンバー1のアイコスイルマは、吸っている人が多く、コンビニでも見る機会が多いので、試してみようかと考えている人も多いと思います。そこで![…]

アイコスイルマ 評判

不定期に開催される割引キャンペーン情報についてはこちらで随時まとめているので安く買いたい方はご覧ください。

関連記事

こんにちは、自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです。IQOSの本体や専用タバコは、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンなどの全国のコンビニで発売され、「IQOSイルマ」シリーズの3種類が次の価格で販売されています。[…]

IQOS早春の特割

アイコスイルマとは?

アイコスイルマとは、フィリップモリスが発売している新しい加熱式タバコのブランドです。

現在は次の3つのモデルが発売されています。

IQOS ILUMA(アイコスイルマ)

アイコスイルマ

  • 定価:6,980円
  • カラー:5色(ぺブルベージュ(薄茶系)、ぺブルグレー(灰系)、モスグリーン(緑)、アズールブルー(青)、サンセットレッド(赤))
  • サイズ(チャージャー):幅47mm/高さ121.5mm/奥23.4mm
  • サイズ(ホルダー):幅14.5mm/高さ101mm

前モデル「IQOS3 DUO」と似たようなデザインの最もスタンダートタイプの機種です。

喫煙をおこなうホルダーと、充電を行うチャージャーが分かれたセパレートタイプです。

IQOS ILUMA PRIME(アイコスイルマプライム)

アイコスイルマワンプライム

  • 定価:9,980円
  • カラー:4色(ゴールドカーキ、オブシディアンブラック、ジェイドグリーン、ブロンズトープ)
  • サイズ(チャージャー):幅44.7mm/高さ117.2mm/奥22.2mm
  • サイズ(ホルダー):幅14.5mm/高さ101mm

先ほどのアイコスイルマと同じ、ホルダーと、チャージャーが分かれたセパレートタイプです。

ホルダーは同じながらも、チャージャー部分にメタル金属を使い、さらに新開発のラップカバーを採用した質感が高く見える最上位タイプの機種です。

さらにくわしい違いについては、こちらでまとめています。

関連記事

こんにちは、自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです。IQOSの新機種「アイコスイルマワン(IQOS ILUMA ONE)」は、定価3,980円と、「アイコスイルマ」の中で最も低価格で購入できる本体です。既に発売済[…]

アイコスイルマワンとイルマ/プライムとの違い

IQOS ILUMA ONE(アイコスイルマワン)

  • 定価:3,980円
  • カラー:5色(モスグリーン、アズールブルー、サンセットレッド、ぺブルベージュ、ぺブルグレー)
  • サイズ:幅44.7mm/高さ114.7mm/奥22.88mm

ちょうどIQOS3 MULTIに相当する機種でチャージャーとホルダーの一体型となった携帯性が高いモデルで、価格が大幅に安くなっています。

この機種だけ、形や操作方法が変わるので、こちらのページでじっくりとご紹介しています。

関連記事

こんにちは、自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです。アイコス公式サイトを眺めていると、3月8日突如新機種「IQOS ILUMA ONE(アイコスイルマワン)」が販売されたことを発見しました!突然すぎる新機種の販売[…]

アイコスイルマワン

この3機種の中でどれを買っていいのか、迷っている方は、こちらでスペックを細かく比較しているのでぜひ参考にしてみてください!

関連記事

こんにちは、自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです。加熱式たばこのアイコスシリーズは、2022年現在3種類の本体が販売されており、どの機種を買えばいいのか悩んでいる方も多いと思います。過去販売されたアイコス含め、[…]

iqos 買うならどれ

今までのアイコスと、アイコスイルマの4つの違い

これまでに発売されていたIQOS(3DUO、MULTIなど)と比較すると大きな違いを簡単にまとめると4つあります。

  1. 加熱ブレードを使わない新しい加熱方式
  2. 面倒なお掃除お手入れ不要で耐久性もアップ
  3. スティックを入れるだけでオートスタート。2本連続吸いも可能。
  4. スティックが専用スティック「テリア」「センティア」のみ対応

くわしい違いについては、こちらのページでも詳しくまとめているので良ければこちらもご覧ください。

関連記事

こんにちは、音楽はあまり聞かない自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです。加熱式タバコで一番人気なアイコス。最新機種はアイコスイルマですが、旧機種のアイコス3を吸っている人からすると、どういう違いがあるのか気になる[…]

アイコスイルマは加熱ブレードを使わない新しい加熱方式を採用

IQOSイルマとIQOS3DUOとの最大の違いは、喫煙に使うホルダーと呼ばれるスティックの差込口に加熱ブレードがなくなったことです。

前機種IQOS3 DUOを参考にすると、スティック差込口にこのような加熱式ブレードがありました。

ブレード掃除後

IQOS ILUMAになりスティック挿入口はこのようになりました。

アイコスイルマ 加熱ブレード

確かに、底の真ん中にあったブレードがなくなってる。

ブレードを無くしても高い吸いごたえをキープするために新開発されたのが「スマートコア・インダクション・システム」という加熱システム。

加熱ブレードを無くした代わりに磁気の力(コイルモジュール)でスティックを加熱しています。

アイコス4 加熱方法
公式サイトより

どのようにたばこ葉の内部を加熱するかといえば、逆転の発想というべき、スティック(フレーバー)の中に加熱ブレードの代わりに金属製の誘熱体を内蔵し、ここから高温を発することにより、内側からたばこ葉を加熱しているんですね!

公式サイトより

実際、IQOS ILUMA専用のスティックを分解してみると、真ん中部分にステンレスのカッターの刃みたいな感じの金属片が入っていました!

アイコスイルマ スティック

取り出してみるとこんな感じ。

アイコス4 テリア

これが加熱ブレードの代わりになって内側からタバコ葉を温めてくれるため、高い吸いごたえはキープ!

加熱温度も300℃超えと以前と変わることはありません。

さらに、よりニオイが少ないクリーンな味わいになっているそうです。

アイコスイルマになり面倒なお掃除不要で、耐久性もアップ!

加熱式ブレードがなくなったので、これまでのIQOSのデメリットだった、スティック挿入口のお掃除が不要になりました。

以前のIQOS3 DUOだと一箱吸っただけでこのように汚れがつきまくっていました。。

汚れが目立ってくると、味わいも変わってくるのでクリーニングブラシでのお掃除が必須でしたが、もうこの煩わしさから抜け出せるわけですね!

アイコスイルマ購入時のセットにも掃除用のスティックは同梱されておらず「メンテしなくていいよ!」とIQOSからのメッセージと受け取れますね!

関連記事

こんにちは、自称・加熱式タバコマイスターのパパ中西@リラゾです。アイコス3までの機種は、吸ったあとにホルダー部分が汚れてしまうため、美味しく吸うためには1箱を目安に掃除が必要でした。しかし、アイコスイルマは定期的な掃除が不要[…]

イルマを綿棒でメンテ

ちなみに、もう一ついいことが!

IQOSショップの店員さんから伺ったところでは、IQOS3の故障の原因で多かったのが、お掃除中に加熱ブレードが折れてしまい使えなくなることなのだそうです。

そういった故障もなくなり、耐久性もアップしたんですね!

スティックを入れるだけでオートスタート。2本連続吸いも引き続き可能。

「アイコスイルマ」「アイコスイルマプライム」は、ボタンを押さなくてもスティックを入れるだけで自動的に加熱がスタートします。

ホルダーにスティックを差し込むとライトが点灯して自動的に加熱が始まり、完了時間の20秒が経つとバイブで教えてくれます。

2本連続吸いも可能で、1本吸い終わったらすぐに2本目を吸うことができ、IQOS3Duoとスペックはなんら変わりません。

ホルダーの充電が切れていても、チャージャーに入れれば最短1分50秒で再充電され、喫煙することができます。

ちなみに一体型のアイコスイルマワンは、一回の充電で20本連続吸いが可能です。

アイコスイルマ 自動加熱

1本の喫煙時間や喫煙回数も変わらない、1回の充電でちょうど20本喫煙できる。

喫煙回数は14パフで喫煙時間もアイコス3DUO時代と同じく6分です。

アイコス4 喫煙時間
カスタマーに確認しました

喫煙時間を実際に測ってみると、少しだけ時間は短いです。

吸うたびにムラがあり、5分40秒~50秒くらいで電源がオフになるのでマルッと6分吸えるわけはないようです。

また、アイコスイルマはチャージャー1回の充電で20本分(たばこ1箱分)吸うことができます。

喫煙時間の残り時間と回数は、使用中にホルダーを軽く「トントン」2 回たたくと、振動によって残りの使用時間を教えてくれる「スマートジェスチャー」機能が新しく搭載されています。

アイコスイルマ 使い方

振動回数ごとのめやす残り時間はこちら。

  • バイブレーション4回:残り75~100%
  • バイブレーション3回:残り50~75%
  • バイブレーション2回:残り25~50%
  • バイブレーション1回:残り25%未満

IQOS3 DUOと同じ2本連続吸いも可能で、良いところはそのままイルマにも受け継がれていますね。

アイコスイルマ 2本連続吸い

1回の充電で2回連続吸いができますが、残り回数はボタンの上のライトで教えてくれます。

スティックを入れずにホルダーを手前に傾けるとホルダー正面のライトが点灯し、 残り使用可能回数が表示されます。

使い方や点滅の意味については、それぞれこちらのページでまとめているのでよければご覧ください!

関連記事

こんにちは、自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです。アイコス最新モデルの「アイコスイルマ」。初めてアイコスを使う方は、使い方がわからない方もいると思います!また、アイコス3からの乗り換えの人でも、オート機[…]

アイコスイルマ
関連記事

こんにちは、自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです!アイコスイルマは、LEDライトで充電中や残り使用回数などを点滅して教えてくれます。しかし、時には赤やオレンジの点滅があったり、数回白色が点滅することもあり、「故[…]

アイコスイルマ ライト

専用スティック「テリア」「センティア」はアイコス3と互換性なし。

アイコスイルマで使えるスティックと、これまでのアイコスのスティックは互換性がないので、購入時は注意が必要です。

アイコスイルマでは以前から売っている「マルボロ」「ヒーツ」を吸うことができません。

吸おうとしても蒸気がでないばかりか、故障の原因にもなるので、試すのもおすすめしません。

必ず「テリア(TEREA)」もしくは「センティア(SENTIA)」スティックを購入しましょう。

アイコス4 テリア

「テリア」と「マルボロ」スティックの大きさを比較してみましたが、大きさはほとんど同じです。

写真ではわかりにくいですが、テリアの方が1mmほど長いような気がします。

アイコスイルマ スティック

これまでのスティックと作りも変わっています。

アイコス4 テリア

左が「テリア」右が「マルボロ」ですが、先端はタバコ葉が剥き出しだったのが、テリアはフロントシールと呼ばれる発泡スチロール的な物が詰められています。

これにより、タバコの残り葉が落ちるのを防いでくれる為、クリーニングの手間が省けているようですね!

スティックを分解して並べてみるとこういう感じでした。

アイコス4 テリア

先ほど紹介した通り、左側のテリアのタバコ葉の中には金属シートが含まれています。

タバコ葉の量を比較してみましたが、特に変化はありませんでした。

見た目的な変化はわかりませんでしたが、タバコ葉を包む紙の材質も変わっていて、ニオイを軽減させるひとつになっているかと…。

アイコスイルマだけで使えるスティック「テリア」は現在17種類発売中です。

ラインナップは、レギュラーは7種類、メンソール11種類で、いずれもコンビニなどで全種類購入可能です。

価格は一律580円でイタリア産のスティックです。

  1. テリア・リッチ・レギュラー
  2. テリア・レギュラー
  3. テリア・スムース・レギュラー
  4. テリア・バランスド・レギュラー
  5. テリア・ブラック・メンソール
  6. テリア・メンソール
  7. テリア・ミント
  8. テリア・パープル・メンソール
  9. テリア・イエロー・メンソール
  10. テリア・トロピカル・メンソール
  11. テリア・ブライト・メンソール
  12. テリア・フュージョン・メンソール
  13. テリア・ブラック・パープル・メンソール
  14. テリア・ブラック・イエロー・メンソール
  15. テリア・ルビー・レギュラー
  16. テリア・ウォームレギュラー
  17. テリア・ボールドレギュラー
  18. テリア・オアシスパール

ネーミングは以前のアイコスでの「マルボロシリーズ」で発売されていた名前がほとんどですが、最近ではイルマオリジナルの完全新作も発売されています。

現在発売中のテリア全種類の味や吸いごたえはこちらのページで解説しています。

関連記事

こんにちは、自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです!アイコスイルマで吸えるたばこの「TEREA(テリア)」は、2023年現時点で合計18種類のスティック(フレーバー)が発売され、さらに1種類の発売が予定されています。[…]

アイコス テリアスティック 全種類

また、アイコスイルマユーザー700人の投票によるテリアの人気スティックランキングもあります!スティック選びの参考にしてみてください。

関連記事

こんにちは、とにもかくにも長生きしたい(笑)自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです!加熱式タバコ「アイコス イルマ」シリーズ対応スティック「TEREA(テリア)」は、2023年現時点で合計18種類のスティックが発売されて[…]

テリアランキング

また、旧アイコスの「ヒーツ」にあたる1箱530円の低価格スティック「センティア」シリーズ12種類も発売されています。

センティアコンビニサイネージ

こちらのスティックのくわしい情報や吸ってみた感想はこちらをご覧ください!

関連記事

こんにちは、自称加熱式タバコマイスターのパパ中西です。加熱式たばこ「アイコスイルマ」専用たばことして誕生した「SENTIA(センティア)」。2022年現時点で合計12種類のスティック(フレーバー)が発売され、さらに新作として[…]

センティア全種類

アイコスイルマシリーズで使用できるスティック「テリア」と「センティア」の違いについては、これらのページでまとめています!

関連記事

こんにちは、自称加熱式タバコマイスターのパパ中西です。加熱式たばこ「アイコスイルマ」シリーズに使える専用タバコには、「TEREA(テリア)」と「SENTIA(センティア)」の2つの銘柄があります。ただ、購入する側としては、「[…]

アイコスイルマ 全種類

それでは、IQOS ILUMAの実機を使ってみた感想をまとめてみます。

【実機レビュー】IQOS ILUMA(アイコスイルマ)の使い心地を紹介

先にゲットできたのは、アイコスイルマです。

カラーは、

  1. モスグリーン
  2. ぺブルベージュ
  3. ぺブルグレー
  4. アズールブルー
  5. サンセットレッド

の5色展開ですが、爽やかなアズールブルーをチョイスしました。

アイコスイルマ

うん、爽やかでいい感じです!

ちなみに、IQOSショップで聞いてきたアイコスイルマの人気色ランキングをこちらのページで紹介していますので、購入時の参考にしてみてください。

関連記事

こんにちは、自称・加熱式タバコマイスターのパパ中西@リラゾです。加熱式たばこ「IQOS」の中でベーシックモデル「アイコスイルマ」の本体カラーは全部で5色の定番カラーがあります。さらに限定色として、「アイコスイルマオアシス」「[…]

アイコスイルマ 全色

充電器のカラーは真っ白から、オフホワイトに変わっています。

付属品は今までのアイコスとほぼ同じで、

  • アイコスイルマ本体
  • 充電ケーブル(Type C)
  • ACアダプター
  • 説明書

アイコス3DUOでは、本体購入時にクリーニング用のスティックがついていましたが、お掃除不要になったのでスティックもついていません。

ちなみに、製品保証は公式ショップでの購入なのでその場で登録してもらい、6ヶ月から12ヶ月間に延長されました!

モワッとした触り心地で手にフィットする質感

アイコスイルマ

とりあえず吸ってみようと、手に取ってみましたが触り心地がいい。

表面が毛羽立っているようになっていて、ほわっと手にフィットします(笑)

スティックを差し込むホルダーの方は、チタンっぽい質感で高級感がありますね!

大きさは一回り大きくなり長くなった

アイコスイルマになり、アイコス3DUO時代からと比べると微妙に大きくなりました。

アイコスイルマ

本体の大きさを比べるとこういう感じで、新型は少しだけ大きく、重くなりました。

本体の大きさアイコスイルマプライムアイコスイルマアイコス3DUO
サイズ(mm)幅44.7
高117.2
奥22.2
幅47
高121.5
奥23.4
幅46.3
高114.7
奥22.88
重さ(g)141116.5108

スティックを差し込むホルダーの長さも1cmほど長くなりましたね。

ホルダーの大きさアイコスイルマプライムアイコスイルマアイコス3DUO
サイズ(mm)幅14.5
高101
幅14.5
高101
幅14.42
高92.27
重さ(g)30.530.522

アイコスイルマプライムとの違い

ちなみに、アイコスイルマには、もうひとつ「アイコスイルマプライム」というモデルが存在します。

吸い心地や充電方法などの使い勝手はまったく変わりませんが、

  • 価格が高い(アイコスイルマプライムは3,000円高い9,980円)
  • ホルダーの収納方法に違い
  • 本体の質感や重さの違い

といった、外観の面でいくつか高級感をアップさせたスペックになっています。

くわしい違いやカラバリはこちらのページでくわしく紹介しています。

関連記事

こんにちは、興味のあることは徹底的に調べたい自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです。IQOSの最新加熱式タバコ「アイコスイルマ( IQOS ILUMA)」「アイコスイルマ プライム(IQOS ILUMA PLIME)」。[…]

アイコスイルマ プライム違い
関連記事

こんにちは、自称・加熱式タバコマイスターのパパ中西@リラゾです。加熱式たばこ「IQOSイルマ」のフラッグシップモデル「アイコスイルマプライム」の本体カラーは全部で4色の定番カラーがあります。さらに限定色として、「アイコスイル[…]

アイコスイルマプライム 全色

IQOS ILUMA(アイコスイルマ)の使い方

購入直後から若干充電がされているので、1本分はすぐに喫煙可能です。

ただ、念のためまずは充電から。

アイコスイルマ 充電

喫煙を行うホルダーと、充電するチャージャーの組み合わせは同じですが、充電時間が微妙に長くなりました。

IQOS ILUMAIQOS3
充電サイクル20本ごと20本ごと
充電時間135分
(最短1分50秒)
120分
(最短1分50秒)
USBTypeCTypeC

満充電の時間が15分ほど延びていますが、充電途中でも使うことができるので実用上それほど変化はないのかと。

他の使い勝手でもIQOS3と変わるところはほとんどありませんでした。

それでは、いよいよスティックを指して吸いごたえを確かめてみます!

レギュラー、メンソール、フレーバーメンソールの3種類を吸ってみたので、それぞれの率直な感想をお伝えします!

【実機レビュー】アイコスイルマを吸った味の感想~レギュラー編

まずは、一番フラットなレギュラースティックの「テリア・レギュラー」を試してみました。

スティックは若干差し込み口の中が狭くて入れにくく、少し強めに力を入れてまっすぐ差し込む必要があります。

スティックのラインまで差し込むと加熱が始まりました。

20秒待つとスティックをいぶした香りが漂ってきてスタンバイ完了。運命の1吸い目。(大袈裟)

1パフ目から立ち上がりが早く、蒸気量は多めで吸った感はしっかりと感じられます!

IQOS3スティックの「マールボロ」よりも多く、「ヒーツ」と同じくらいか、それより多めですかね。

ブレードがなくなってもアイコスの長所である高い吸いごたえはしっかりとキープされています!

キック感も感じますが、わずかにおとなしいか、以前のアイコスとほぼ変わらない感じです、

全体の香りや味わいも「マールボロ・レギュラー」と基本あまり変わりません。

しかし、じっくり吸い比べてみると、焦げ臭い雑味(ロースト感)が少なくなって、蒸気の純度がより高まり、香りや味わいがクリアになった感じになったように思います。

反面、「リッチ・レギュラー」は、タバコ葉の持つ香りがよく引き立ち、嗅覚にしっかりと感じるようになりました。

しかし、深みのあるコクはロースト感が少なくなった分、薄くなったような感じに。

味の好みは人それぞれですが、ワタシはアイコス3の「リッチ・レギュラー」の深いコクのある大人しい味わいが良いと思いました。

たばこ特有のロースト感を重視する方には、最初ちょっと物足りないと感じるかもしれませんが、吸い慣れてくれば気にならないレベルでもあるので、特別吸いごたえに大きな違いはないと思います。

関連記事

吸いごたえ(キック感)[star-list number=4.5] 4.5味わい[star-list number=3.5] 3.5コスパ[star-list number=2] 2[…]

テリア・レギュラー

【実機レビュー】アイコスイルマを吸った味の感想~メンソール編

次に試したのは、レギュラーメンソール的立ち位置の「テリア・メンソール」。

レギュラーと同じく1パフ目からの立ち上がりが早く、ヒーツと同じくらい蒸気量は多めです。

ほどよいメンソール感が心地よく、苦味はより強調されて味わい深くなりました!

清涼感の強さ自体は、アイコス3から大きくは変わりませんでした。

レギュラーと同じく、雑味の少なさを大きく感じ、蒸気の純度が増したおかげで、純粋なメンソール感を楽しむことができますね!

最後に試したのは、フレーバーメンソールの「テリア・イエローメンソール」です。

フレーバーメンソールはアイコスイルマになり、一番味の変化を感じました!

これまでのアイコスのフレーバーメンソールは、メンソールをベースにほのかにフレーバーが香る程度でした。

しかし、雑味が少なくなってクリーン度が増したせいか、香りだけでなく、味覚にもジューシーな果実感を感じられるようになりました!

さすがにグローハイパープラスのアロマカプセルほどのジューシー感はありませんが、フルーティーな味と香りはしっかりと分かるようになったと思います。

清涼感の強さレベルは普通、ベースにあった独特の重々しさが少なくなり、軽い味わいを楽しめるようになりましたね!

全メンソールスティックをじっくり吸い比べて清涼感や味わいの良さ別にランキングしてみましたので興味のある方はこちらも参考にしてみてください!

関連記事

こんにちは、自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです!アイコスイルマの専用スティックのテリアのメンソールスティックは2023年現在11種類が販売されています!ワタシは、新作も含めてテリアスティック全種類を購[…]

アイコス4 テリア メンソール

アイコスイルマのニオイレベルはどれくらい?

アイコスイルマの特徴のひとつとしてアピールされているのが、においの少なさです。

もしこれが本当だったら、においを気にしている人には朗報ですし、室内で吸うパパ中西的にもより吸いやすい環境ができるようになります。

ただ、実際に何箱か吸ってみて思うのは、「吸っているときは蒸気がクリーンになったなぁ」と、自分で感じるニオイの少なさは感じます。

しかし、周りに排出されるニオイはほとんど変わらないのでは…と思います。

吸ったあとには、以前と同様、モアっとした加熱式タバコ臭は残り、ややツンとしたニオイになっているのかなと。

紙巻きのようにずっと残るニオイではないので、その点は引き続き安心ですが、周りへのニオイはそこまで違いは感じることは少ないと思います。

実際のニオイはどれくらい変わったのか、全スティック吸ってくわしく検証しているので、ご興味のある方はこちらをご覧ください。

関連記事

こんにちは、自称加熱式タバコマイスターのパパ中西です。加熱式タバコの人気ブランド「アイコスイルマ(IQOS ILUMA)」は、加熱ブレードがない新しい加熱方式を採用しています。これにより、いままでのIQOSよりもIQOSイル[…]

まとめ

アイコスイルマを使ってみた感想についてまとめてみました。

アイコスからブレードがなくなったのを、スティックの中に金属板を入れてカバーしたのには驚きました!

吸いごたえや味わいですが「ブレードがなくなりアイコス特有の吸いごたえはなくなる?」とも思いましたが、大きな変化はありませんでした。

逆に今まで感じていた雑味はなくなったので、全体的に蒸気の量がアップし、重々しい雑味が少なく、よりクリーンな吸いごたえが楽しめるようになりましたね!

特にフレーバーメンソール系は果実感をより感じるようになったので、前モデルと違いを感じるのであれば、まずフレーバーを楽しむのが一番かと。

パパ中西もこれから色々新しいスティックを吸うのが楽しみと感じるほどです(笑。

また、掃除をしなくなったのも個人的には「かなり楽になったなー」と感じました。

ブレードが折れないように気をつけながら掃除するのって忙しい時は手間だったので…。

アイコス4の購入方法やキャンペーン情報についてはこちらでまとめています。

このレビューをみて「買おうかな」と思った方は、是非こちらのページを参考にしてみてください!

関連記事

こんにちは、自称・加熱式たばこマイスターのパパ中西@リラゾです。IQOSの本体や専用タバコは、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンなどの全国のコンビニで発売され、「IQOSイルマ」シリーズの3種類が次の価格で販売されています。[…]

IQOS早春の特割
リラゾの最新情報はTwitterでお届けしています!ぜひフォローしてみてください!
  • follow